サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

地下鉄のザジ(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.4
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-200136-6
文庫

紙の本

地下鉄のザジ (中公文庫)

著者 レーモン・クノー (著),生田 耕作 (訳)

地下鉄のザジ (中公文庫)

税込 761 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

へんな登場人物がてんこもり

2019/02/08 11:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

パリに出てきたザジはストによって地下鉄が動かないという事実に愕然とします。彼女は地下鉄に乗るためにパリに出てきたというのに。登場人物はかわった人ばかり、まじめに読むのではなくてザジと一緒にパリを楽しんでみてはいかがでしょうか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生意気なガキとへんな叔父さん叔母さんたちをめぐるドタバタ劇

2002/09/25 11:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PX団 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書「地下鉄のザジ」は、ただユーモア小説というだけに見えつつ文学的にも色々意味があるらしい。まず、「不思議の国のアリス」のパロディーだということだ。そう、「地下鉄のザジ」とは地下にもぐれずに、現実世界で悶々とするザジちゃんの物語なのだ。ふたつめは、この小説が、ジャリの「超男性」やイタロ・カルヴィーノ、ミシェル・トゥルニエの数々の作品、コクトーの「大股びらき」の流れを汲んだ「寓話小説」に分類されるということ。単なるバカ小説ではなくきちんと構成された、何度読みかえしても、読者を飽きさせないハイテク小説なのである。もうひとつは、演劇の台本みたいにト書きをあちこちに挿入した実験小説でもあるということだ。
—— そんな(どんな?)クノー先生について。
レーモン・クノーは日本ではあまり知られていないが、フランスのシュルレアリスム史、シャンソン、特に酒場ムーラン・ルージュのことを書いた本にはわんさか出てくる。具体的にはヤスケン先生の「奇人・怪人伝」、カルヴィーノの「なぜ古典を読むのか」、ミシェル・アルノーの「ボリス・ヴィアン伝」など(いっぱいいっぱいでした)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ルイ・マル監督の映画化で有名。作家クノーは、言語遊戯的創作にこだわった文学者集団のリーダー。編集長ヤスケンのお気に入りであるブコウスキーも影響を受けたのでは?洒落たコメディーです。

2001/07/29 21:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本が出たのは1959年。ヨーロッパの人びとは第二次世界大戦の大きな傷跡に苦しみ、生きることの積極的な意味を見つけられず、インテリたちは実存的な憂鬱病に冒されていた。

 裕福な家庭に生まれ制作費に事欠かなかったルイ・マル監督のデビュー作は『死刑台のエレベーター』−−優れたミステリーだけれど、その実存主義的な暗澹たる空気が伝わってくるようだ。
 それから3年後に、彼は出版されてすぐの『地下鉄のザジ』を映画化する。

 淀川長治さんが選ぶ1961年度の日本公開ベスト10で、「素晴らしい風船旅行」「処女の泉」「ウエスト・サイド物語」に次いで、ザジは第4位。チャップリンやマルクス兄弟と同じ、人情と生活に根ざしたドタバタ喜劇への評価は高い。ルイ・マルも、パリを元気に駆け回るザジなら、魅力あふれる映像が撮れると原作を読んで嬉々としたのだろう。
 アンニュイを突き破ってくれるイキのいいスラップスティックを人びとは求めていたのだ。

 母親が情夫とお楽しみのためという勝手な都合で、パリの伯父さんの元に2日間あずけられることになった15歳(たぶん)の田舎の少女ザジ。夢だったパリの地下鉄には、ストのため乗ることができない。
 夜警と称し、実はホモの集まるナイトクラブでダンサーとして働く伯父さん、警官か痴漢かわからないトルースカイヨン、若い男を見ては大騒ぎの色情狂ムアック未亡人など、次々現われる都会に巣食う大人たち。
 自分たちの欲望や都合のままに行動する彼らを相手に、ザジは「ケツ喰らえ!」という言葉を連発しては、パリの夜となく昼となく駆け回る。

 作者のクノーにしろ、戦前はシュールレアリスム運動に参加していたこともあり、それまでの作品はどこか高踏的でとっつきにくいような前衛小説のたぐいだったらしい。
 ジョルジュ・ペレックらと<ウリポ(潜在文学工房)>なる集団を率いて、言語遊戯的創作を試みていた。文壇の片隅に孤高の位置を確保していたという感じのもので、大衆へのアピールはなかった。
 このザジが、フランス小説界の息苦しさをブレイクスルーし、フランス社会の息苦しさをブレイクスルーしたのだ。

 この小説には、量は多くないけれど漫画の挿絵がついている。 吹き出しの中の文字は、話者によって書体が違っているという凝りよう。キャラクターのイメージに合わせてあるのだ、きっと…。
 この絵から、ブコウスキーの小説を思い出した。文芸サイト編集長ヤスケンの紹介で近年ブレイクしたこの作家の翻訳本には、古きアメリカのコミック風のイラストがあしらわれたりして、いかにもな雰囲気である。
 機関銃のような短い言葉の連発、その中身のナンセンスぶり、しかし小気味いいリズムの転がり方は、どこかザジを思わせる。
 小粋なフランスのコメディーは、きっとアウトローのハードボイルドにも少なからず影響を与えたにちがいない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/05 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/24 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/10 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/18 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/11 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/07 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/15 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/07 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/08 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/12 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/08 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/05 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。