サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. デュアン・サーク 7 氷雪のオパール 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デュアン・サーク 7 氷雪のオパール 上(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/213p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-1684-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

デュアン・サーク 7 氷雪のオパール 上 (電撃文庫)

著者 深沢 美潮 (著)

デュアン・サーク 7 氷雪のオパール 上 (電撃文庫)

551(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

デュアン・サーク(7) 氷雪のオパール<上>

551 (税込)

デュアン・サーク(7) 氷雪のオパール<上>

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2004/12/16 16:12

投稿元:ブクログ

ラノベにいれてしまいました。一応FTだとも思うんだけどさー。
それはともかく、何だかびっくりなのは本の半分ほどで「氷雪のオパール(上) 続く」になってしまったことだね。そっか、この本は別の話と半分半分だったんだね。それと、久しぶりにデュアン・サーク読んだけど、改めて考えるとこのクレイは例の竹アーマークレイの曽祖父だったんだよなーとか、ランドってモデルが某ガンダムWの誰かじゃないかって感じのビジュアルだなーとか、そんなことを考えていたり。
あと気になったのが文章。…何だかすごく急いだ書き方になってるんですが。深沢、そんなに締切きつかったのか…?
[2004/12/13読了]

2011/12/24 19:37

投稿元:ブクログ

魔法戦士になるために、クレイ・ジュダとアニエスと旅立ったデュアン。前回の冒険?で自信をつけていたものの、旅の最中でモンスターに襲われた時も、まったく役に立てないことに落胆する。それでも旅は続き、目的地に到着する。クレイ・ジュダの魔法の師匠、氷雪のオパールは、なんか、もう、凄かった。

一生懸命変わろうとしているアニエスがかわいかった。乱暴な言葉遣いしたり、わざと粗暴な振る舞いをしてみたり。形から入ろうって思ったのかな?かわいーい。酒場で荒くれ者たちと酒盛りとか、アニエスにとっては大冒険だったろうな。その後、アニエスとデュアンとチェックで団子になって寝てたのがほほえましい。

クレイ・ジュダはミステリアスすぎてよくわかんない。

書き下ろし「アサッシン殺し」
こっちはランドと彼の過去がメイン。オルバは、名脇役って感じ。
クレイ・ジュダ達が彼の師匠の元に向かっている頃、ランドはオルバと自堕落な城の生活を楽しんでいた。しかし内心では、彼の逃亡を知ったアサシンギルドが刺客を差し向けてくるのではないかと怯えていた。脳天気に振る舞ってはいても、脳裏をよぎるのはアサシンギルドで過ごした地獄の二年間と、その中でたった一人だけ心を通わせたかつての恋人のことばかり。
しかし元国王のリースベックの後ろ盾もあり、正式にアサシンギルドから抜け出せた。…ように見えたが、アサシンギルドにオモテの世界の権力や約束は関係がない。彼の元恋人、ミスティが刺客として送り込まれてきた。オルバが暗殺を防ぎ、ミスティを捕らえた時、アサシンギルドの使者がやってきて、ランドがギルドを抜けるための条件を伝えた。それは、伝説のアサシン殺し「ブラッディ・ロウ」を殺すことだった。

トラップの先祖はやっぱり派手好み。ズボンも緑色だ。

オルバのメイン回無いかな。すごくかっこいいと思うんだけど。

2012/08/07 03:49

投稿元:ブクログ

本作は二部構成です。
お~深沢先生の作品では新しい。

しかも一本は内容が重め!大人向け!
これは10年前発行されたらしいので、リアタイで読んでたら16歳…まあついてはいけたでしょうけど。小学生の頃の自分だったらちょっと読めなかったかもなあ。

もう一本は、いつものデュアン。
クレイ・ジュダのキャラがやっぱり不思議過ぎる!なかなか深入りさせてもらえない雰囲気と言うのか。本人は凄くあたたかい人、なんでしょうが…近寄りがたい。
飄々としていて、一匹狼な雰囲気。他人に依存しない。それってちょっと周りからすると淋しい。

恋愛チックな要素もチラッとあるんですが、う~む…これは一目惚れだよなあ。あまり一目惚れを信じない人間としては理解し難い(笑)ただの憧れだろうなあ。
一目惚れって要はルックスとか外面見てるだけって気がしちゃう。運命的な何かを感じた、とかあるのかもですけど。

なんて思うのは、私がおばちゃんだからだろうか。

デュアン第一部は次巻で完結。
じゃあまた第二部を予約しますかね。
久々にコクーンワールドも読みたいなあ。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む