サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 新紀元社の通販
  6. ローマ軍 カエサルからトラヤヌスまでの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 新紀元社
  • サイズ:25cm/47p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88317-833-1

紙の本

ローマ軍 カエサルからトラヤヌスまで (オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ)

著者 マイケル・シムキンズ (著),ロナルド・エンブルトン (彩色画),桑原 透 (訳)

カエサル暗殺からローマ最大版図を実現した皇帝トラヤヌスまでの正規軍団・補助軍の編制と装備、とくに装備品を詳細に解説する。豊富な図版と写真を交えて、ローマ軍についての知識を...

もっと見る

ローマ軍 カエサルからトラヤヌスまで (オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ 34巻セット

  • 税込価格:37,400340pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カエサル暗殺からローマ最大版図を実現した皇帝トラヤヌスまでの正規軍団・補助軍の編制と装備、とくに装備品を詳細に解説する。豊富な図版と写真を交えて、ローマ軍についての知識を紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ローマ軍の装備

2024/01/08 14:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DB - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前この「オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ」から『カルタゴ戦争-265BC‐146BCポエニ戦争の軍隊』の本を読みましたが、今度はカエサルからトラヤヌスの時代のローマ軍を見ていきます。
この頃の戦いは内乱か、対外的なものではパルティアか、ブリタニアあたりの反乱制圧くらいなものだろうと思っていました。
年表を追っていくとゲルマニア制圧に長い時間をかけ、ケルト人イケニ族の女王ブーディカの反乱を制圧し、ユダヤ人が蜂起してマサド要塞に立てこもっているのを陥落させてと大きな事件が結構あった。
だがどれも戦略の天才ハンニバルを相手にするような戦いではなかったようで、戦略的な話は出てこなくてもっぱらローマ軍の編成と日ごろの訓練、そして軍装といった話題に終始している。

知らなかったのは革の防具が全く役に立たないということだった。
革はその当時の武器に対抗できるものではなく、もし剣からでも守れるほど厚い革を使ったら身動きが取れなくなるとのことでした。
革はあくまでメールの胴鎧やスケールアーマー、プレートアーマーなどにつけられた革帯としての役割だったそうです。
新兵には必ず習得させるのが短剣の使い方で、敵の顔か腹部、脚を狙って突き刺すのがローマ軍のやり方だ。
また楯の使い方も教えられていて、防御のためだけでなく敵を楯の中央の突起を使って殴り倒したり楯の縁で正面の敵を打ち倒すために利用していた。
剣闘士のようにショーのような戦闘ではなく、あくまで実戦で効率的に使えるのがこういった方法なんだろう。
挿絵を見ていくとその縦長の胴体と頭を覆い隠すほどの大きさの楯と前腕よりちょっと長いくらいの短剣、そして投げ槍がどのようなものだったかがよくわかる。

ハンニバル戦争の頃はローマ兵は装備一式を自前で用意していたが、ガイウス・マリウスの改革で軍備一式を支給するようになったために大量生産されるようになったことやその製造方法に至るまで詳しく書かれていた。
挿絵だけでなく、実際に発掘された当時の武器や兜などをもとに著者が作った復元品の写真ものせられています。
巻末に「これらの復元品についてもっと詳しく知りたい方は以下の住所にて著者に連絡ください」とイングランドの住所がのっていましたが、こういう歴史研究もあるのかと興味深く思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/18 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。