サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. コンピュータ・トレーナー実践ガイド わかりやすく効果的なトレーニングのために コンピュータに強い人から教える人へステップアップ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コンピュータ・トレーナー実践ガイド わかりやすく効果的なトレーニングのために コンピュータに強い人から教える人へステップアップ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 海文堂出版
  • サイズ:21cm/166p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-303-73350-4
  • 国内送料無料

紙の本

コンピュータ・トレーナー実践ガイド わかりやすく効果的なトレーニングのために コンピュータに強い人から教える人へステップアップ

著者 イレイン・ワイス (著),関 友作 (訳)

コンピュータを教える立場の人を対象に、ポイントをついた覚えやすい教育の方法を紹介。ビジネス現場をベースにした事例をあげ、そこに示した問題への対応を考えながらトレーニングの...

もっと見る

コンピュータ・トレーナー実践ガイド わかりやすく効果的なトレーニングのために コンピュータに強い人から教える人へステップアップ

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

コンピュータを教える立場の人を対象に、ポイントをついた覚えやすい教育の方法を紹介。ビジネス現場をベースにした事例をあげ、そこに示した問題への対応を考えながらトレーニングの具体的な方法を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

編集者コメント

2004/05/27 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩本登志雄 - この投稿者のレビュー一覧を見る

コンピュータに限らず、何かあることに詳しいからといって、必ずしもその知識を人に上手に教えられるわけではないでしょう。本書は、企業で、学校で、コンピュータを教える立場にある、あるいはなってしまった、すべての人に、わかりやすく効果的なトレーニングを行うための実践的なノウハウ(何を教えるか、どのように教えるか、どのようにして教育の成果を知るか)を、教育工学や認知科学の知見を踏まえて、わかりやすく、具体的に、そして簡潔に解説しています。

【訳者紹介】
関 友作(せき ゆうさく)
1964年生まれ
一橋大学社会学部卒業、企業勤務を経て
東京工業大学大学院 システム科学専攻修了 博士(学術)
執筆時:茨城大学教育学部 知識経営講座 助教授
専門は教育工学・テクニカルコミュニケーション

【目次】
第1部 人とコンピュータを結ぶ
 [1]本書の目的
 [2]コンピュータ・トレーニングの全体図
第2部 何を教えるか
 [3]学習者を知る
 [4]システムの使いやすさを知る
 [5]業務環境を知る
第3部 どのように教えるか
 [6]教育方法を考える
 [7]教材を考える
第4部 どのように評価するか
 [8]教育を評価する
 [9]学習を評価する

【詳細情報】
より詳しい内容・目次については
http://www.kaibundo.jp/syousai/ISBN4-303-73350-4.htm
でご覧いただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

企業におけるIT教育の現場で悪戦苦闘している「コンピュータ・トレーナー」のための実践的な指導書

2000/12/28 12:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大原 里麻子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 企業がIT化を進めるためのユーザー教育の現場では,実にさまざまな問題に直面する。受講者のレベルがばらついており個々の対象者のレベルに合わせるのが難しい,システムそのものがそもそも使いづらくできておりインストラクタでさえ使いこなせない,受講者の中にシステムへの嫌悪感を抱く人もいる——などだ。それでも企業はIT革命に乗り遅れないためにユーザー教育を推進しなければならない。それも,多くの時間と手間ひまをかけずにである。本書はこのようなユーザー教育の現場に立たされ悪戦苦闘している「コンピュータ・トレーナー」のための実践的な指導書である。同時に,企業における教育・研修計画を企画し実施する立場の人々にも必要な知識が濃縮されている。
 何より特徴的なのは事例が豊富なことだ。「ある製薬会社では327人の営業員に,ノートパソコンを携帯させ,どこででも事務処理ができるようにして,事務作業の停滞を解消することを計画し,全営業員にデータベースソフトの使い方について研修することになった。ただし営業員は貴重な業務時間を割くのだから研修は効率的に行わなければならない」,「ある書店では全国への事業展開を進める中で書籍の在庫管理が大きな問題になり,旧式の在庫管理システムを交換しようとしていた。しかし,システムのトレーニング担当者は少なく,教室で教える時間を最小限にしなければならなかった」,「ある会社では5人の役員に電子メールシステムの基本を教え,秘書の手を借りずともメールの送信,受信,印刷ができるようにすることにしたが,彼らは多忙なので使える時間は2時間だけである」——。
 どの企業も多かれ少なかれIT教育を短い時間で,効果的に実施しなければならないという課題に直面している。さまざまな課題をどのようにクリアして,最も効果的な教育研修を実施するのか,本書が示す指針には1つ1つうなずかされる。
 日本全体が世界規模のIT化の潮流に取り残されるのではないかという不安感もあり,IT教育の必要性については声高に叫ばれているが,企業が事業戦略の中でIT教育研修を推し進めている例は非常に少ない。具体的な行動に踏み出すことを躊躇している理由の1つは,どのように教育研修を進めて行くか,研修の効果をどのように評価するかという方法論が見えていないことである。このような暗闇状態から一歩でも踏み出そうとする人たちは本書を読むことによって必ずや勇気づけられることだろう。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コンピュータ・IT・情報科学 ランキング

コンピュータ・IT・情報科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む