サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

奪回者(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/532p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273019-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

奪回者 (講談社文庫)

著者 グレッグ・ルッカ (著),古沢 嘉通 (訳)

奪回者 (講談社文庫)

1,069(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

ボディーガードは楽じゃない

2000/12/09 16:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エンドルフィン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『守護者』でデビューしたプロのボディーガード、アティカス・コディアックが主人公のシリーズ二作目『奪回者』である。デビュー作『守護者』では、過激な妊娠中絶反対派に脅迫されている女性医師をボディーガードするという設定だった。妊娠中絶の可否という社会性が目立つばかりで、肝心のストーリーのほうは少しモタモタした感があった。しかし、今回はそんなことを言ってはいられない、なにしろ相手が相手なのだ。

 コディアックはかつて軍隊時代に警護をしたことのあるワイアット大佐から、一人娘エリカのボディーガードをしてくれと頼まれる。しかし、コディアックとワイアット大佐の一家とは浅からぬ因縁があった。ワイアット大佐の警護中にその妻ダイアナとコディアックは深い関係になり、そのためコディアックは左遷、夫婦は離婚におよんでいる。しかも、エリカの誘拐を狙う相手はあのSAS(英国特殊空挺部隊)、世界最高の戦闘集団だ。前作「守護者」で親友ルービンを失い、その心の傷が癒えないコディアックらボディーガード・チームはSASに対抗するため死力をつくすが、ワイアット大佐の元妻ダイアナの出現によって事件は思わぬ方向へ展開していく。

 やはりこの種の物語では敵役が強敵であればあるほど盛り上がるもので、その点冒険小説でおなじみのSASに勝るものはない。そのあたりのツボもしっかり押さえて、プロのボディーガードを描いたシリーズとして定着しそうな雰囲気を感じさせる。もっともコディアックとチームを組む女性私立探偵ブリジット・ローガンが鼻ピアスをしていたりするのが、現代風と言えばそれまでだが、私には興醒めでここらが難点と言える。いずれにせよ、前作で親友を失ったコディアックにとって、またまた大きな喪失感だけが残るようなしぶい筋書きになっており、次回作でどのような展開になっているか気がかりだ。

なお、海外ミステリに関心のある方は、小生のホームページThe day of wine and mysteryを一度のぞいてみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/24 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/19 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/13 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/29 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/18 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/01 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る