サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

幻惑の死と使途(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 288件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/572p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273011-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

幻惑の死と使途 (講談社文庫 S&Mシリーズ)

著者 森 博嗣 (著)

幻惑の死と使途 (講談社文庫 S&Mシリーズ)

税込 990 9pt

幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC

税込 715 6pt

幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.9MB 無制限
Android EPUB 3.9MB 無制限
Win EPUB 3.9MB 無制限
Mac EPUB 3.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー288件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

虎は死して皮をとどめ

2009/01/12 10:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 過去に一世を風靡した奇術師有里匠幻が、大脱出マジックのテレビ収録中に殺害された。ちょっとした縁で収録を見物に来ていた西之園萌絵は、大学院入試の直前にもかかわらず、トリックの解明に夢中になる。一切が謎のまま、有里匠幻の遺体が葬儀の最中に消えるという事件が発生。謎はさらに深まっていく。いったい誰が、何のために奇術師を殺害し、遺体まで隠したのか。

 本作と「夏のレプリカ」は同時期に起こった事件をそれぞれ分離して紹介しており、こちらは主に西之園萌絵が関わった方の事件。前作までの変化・成長を引き継いでおり、本作においてそれはますます助長されています。
 今回は奇術を題材にしていることもあり、トリックを見破られにくくする方法も奇術的。前半に組み込まれた会話の中でありえないと意識から排除させられているようなものが、実はありえたという感じの手法が使われています。ミステリーに詳しい人を対象にしたものかも知れません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

二つの話の片側

2018/11/24 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、奇数章しか存在しない目次に、おおっとなります。同時進行している別の話があり、それの片側という設定です。

なんだか、犀川先生にどんどん人間味が増している気がします。そして、萌絵はどんどん大人になっていきます。
シリーズ折り返し地点も過ぎましたが、これからが楽しみです。(でも、次の巻は「もう片側」ということは、この二人はあまり出番がないのでしょうか?これから読みます!)

ついに、あのお方の名前も重要そうな回想で出てくるようになり、楽しみです。

今回、後書きが引田天功さんだったことに、本気を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ中の佳作

2017/01/25 16:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつて一世を風靡したマジシャンが脱出マジックの最中に殺害され、その葬式の時に今度は死体が消失するというストーリー。ここで使われているトリック(と言うか、本作を成立させている前提)は個人的にはあまり好きではありませんが、それを差し引いても水準以上の面白さ。相変わらずスピーディーな展開で全く飽きさせません。お約束の犀川助教授と西之園嬢との掛け合いも楽しい。S&Mシリーズ中の佳作と言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大好きなシリーズ

2016/06/26 13:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きなシリーズなので一気によんでしまいました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み返してて色褪せないミステリ

2002/01/25 05:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うつほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 親友・杜萌と犀川の代わりに来た浜中と共に萌絵が見たマジックショーは有里ナガル、タケル、ミカルら、有里匠幻の弟子たちのショウだった。萌絵はそこで数日後に行われる匠幻の「ミラクル・エスケープ」世紀の大脱出というイベントのことを知る。早速犀川を誘い見物に行った萌絵だったが、そのイベントショウで匠幻はナイフを刺されて殺されるのだった。
 
 「ものには、すべて名前がある」
 
 ラストシーンまで綺麗に纏められていた森ミステリの傑作。題材的にはずいぶんとオーソドックスなシチュエイションだけれども、犀川助教授の散文的な、非シーケンシャルな行動と言動だけでも1000円は惜しくないのだ。
 そうそう、この本の章は全て奇数章のみで構成されているが、後続の本が偶数章のみになっている。
 
 「年代の差じゃないですか?」
 「君、小さいときに、何か呪文をかけられたんじゃないの?」
               (第7章 奇想の舞台裏)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/09 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/03 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/28 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/12 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/18 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/25 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/11 04:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/25 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/21 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。