サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 知る・学ぶの通販
  5. 西村書店の通販
  6. 天才レオナルド・ダ・ヴィンチと少年ジャコモの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 西村書店
  • サイズ:32cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-89013-880-3
絵本

紙の本

天才レオナルド・ダ・ヴィンチと少年ジャコモ

著者 グイド・ヴィスコンティ (文),ビンバ・ランドマン (絵),せきぐち ともこ (訳),石鍋 真澄 (訳)

「万能の人」レオナルド・ダ・ヴィンチの身のまわりの世話をしていた実在の少年ジャコモ。26年間も暮らしていたレオナルドとジャコモの実際の出来事を、レオナルドの手稿の引用をし...

もっと見る

天才レオナルド・ダ・ヴィンチと少年ジャコモ

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

アートな絵本シリーズ 7巻セット

  • 税込価格:14,520132pt
  • 発送可能日:購入できません

アートな絵本シリーズ 6巻セット

  • 税込価格:12,540114pt
  • 発送可能日:購入できません

アートな絵本シリーズ 6巻セット

  • 税込価格:12,540114pt
  • 発送可能日:購入できません

アートな絵本シリーズ 5巻セット

  • 税込価格:10,56096pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「万能の人」レオナルド・ダ・ヴィンチの身のまわりの世話をしていた実在の少年ジャコモ。26年間も暮らしていたレオナルドとジャコモの実際の出来事を、レオナルドの手稿の引用をしながら描く絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

グイド・ヴィスコンティ

略歴
〈ランドマン〉1968年ミラノ生まれ。ミラノのブレア美術アカデミー卒業。「青い夜への旅」で、97年ヴァル・ヴィヴラータ・ナショナル・プライズの第1位に輝く。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

手にふれる水は、最初の水でもあり最後の水でもある、人生と時間について考えさせられるレオナルドの言葉

2001/01/19 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:牛尾篤 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 レオナルドが、血のつながりのないジャコモという少年を、養子にしてかわいがっていたことはよく知られている。レオナルドの日記によると、ジャコモは無芸大食、盗みぐせもあるとんでもない悪ガキである。しかし、出来の悪い子ほどかわいいのか、レオナルドは日記の中に、ジャコモの日々の行いを事細かに残している。

 この絵本は、そのジャコモの目から見た、十六世紀のマルチ天才、レオナルドの姿が描かれている。ビンバ・ランドマンのプリミティヴで大胆な筆づかいが、ルネサンスに生きるふたりの日々を、幻想的な世界の中に表現している。

 ジャコモは、落ちつきがなく、レオナルドが天才だという人々の、賞賛の言葉もよく理解出来ない。しかし彼は、レオナルドの描く絵は大好きだった。そして彼の頭で理解出来ない事は、全てレオナルドに質問していく。
 どうしてモナリザの身につけている美しい宝石を描かないのか? どうして見たこともないものを描けるのか。
 レオナルドは、宝石よりも美しい顔の方が人をひきつけること、そして、暑い時にすずしい場所、寒い時にあたたかい場所、気味の悪いものでも、おかしなものでも描きだせる画家は、神様の様な存在だと答える。
 なんともストレートなレオナルドの自信、キリストが生きていた時代を、まるで見てきたかのように、描き出す画家は時代のヒーローだったのだ。
 ヒーローとはいえ、レオナルドも宮仕えの身分、戦争を憎みながら、雇い主ルドイゴ公のために武器の設計までやらなくてはならない。ジャコモは自分に命の大切さを説くレオナルドの行動が不思議でならない。

 ここまで読み進んで、レナート・カステラーニ監督のレオナルド・ダ・ヴィンチの生涯という映画を思い出した。才能がありすぎるゆえに、あちこちに未完成品ばかり残したレオナルド。レオナルドの矛盾を一番よく理解していたのは、身近にいるジャコモだったのかもしれない。映画の中でレオナルドが、川のほとりで流れの中に何回も手をつけるシーンがある。
 それと同じように、この絵本の最後に、レオナルドが語る言葉、
「手にふれる水は、流れていく最後の水でもあるし、流れていく最初の水でもある」
 人間の一生、過去から未来へと続く時間の流れ。この絵本は子供より、むしろ大人に読んでもらいたいと思う。 (bk1ブックナビゲーター:牛尾篤/イラストレーター 2001.01.21)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/28 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/20 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/12 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。