サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.12
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:21cm/168p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-002392-6
  • 国内送料無料

紙の本

予兆としての写真 映像原論

著者 港 千尋 (著)

カメラによって記録された映像は過去に属しているのではない。そこには未来が潜在している。イメージと言葉による探究の、新たな地平へ。映像のダイナミズムを写真家自身の創造現場か...

もっと見る

予兆としての写真 映像原論

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カメラによって記録された映像は過去に属しているのではない。そこには未来が潜在している。イメージと言葉による探究の、新たな地平へ。映像のダイナミズムを写真家自身の創造現場から問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

港 千尋

略歴
〈港千尋〉1960年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。多摩美術大学助教授。写真家、批評家として東京を拠点に活動。著書に「群衆論」「考える皮膚」、写真集に「波と耳飾り」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

新たなる映像の世紀の始まりを照らし出す

2001/03/08 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井上真希 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 たとえば、カヴァーとなって本書を覆っている海は、どこで撮影されたものなのか。激しく逆巻く波の彼方に、細く延びた陸地と、その突端には灯台のような影も見える。とすれば、そこは外海なのだ。
 トビラをめくると、「Presages」と題された一連の写真作品が現れる。舗装された路面に紐のような影を落とすコールタールか油とおぼしき染み、かろうじていくつかの単語——「Decouverte(発見)」「l’eglise St. Jean(聖ヨハネ教会)」など——が読みとれる文の印刷された紙片を浮かび上がらせる石壁のひと隅、長い年月の間に摩滅して瘢痕が陰影を刻む石の床、無数の足し算が落書きされた壁、何事か異変を聞きつけたのか海岸に集まり、雨のなかを傘をさして佇む人々の群れ……。
 その33点の作品のうちの32点めとして、件の海が姿を現し、カヴァーはこの写真の一部をトリミングしたものだったことが分かる。波が押し寄せる砂浜と灯台のある陸地を見下ろす湾の対岸の、足元に草木が茂る高台から撮影されたものらしい。クレジットによれば、それは1997年のビアリッツ、スペインとの国境に近いフランス、ピレネー=アトランティック県の街だ。著者は大西洋岸に立っていたのである。しかも、海水浴場や保養地として知られるその岸辺を、波が荒く寒々しい瞬間に訪れていたのだ。

 このように、一枚の写真には、撮影の背景を推論させる「痕跡」が残されている。それを解読することは、森のなかの足跡から獲物が近くにいることを推測する狩猟的な知に連なるものだが、写真家がある予感から被写体に近づいてスナップショットを行うこと、直感のもとにシャッターを切る瞬間がすでに、その身体感覚や身振りも含めて、狩猟的であると同時に易占的、探偵小説的知からなる推論的パラダイムの流れを汲んでいる。
 本書のなかで著者は、そうした「結果のなかに見られる子細な手掛かりから原因を推論する道」「知性と偶然によりなされた予期せぬ発見」としての「セレンディピティ」を、写真家としての作品と、批評家としてのテキストの双方から私たちに提示し、スナップショットを撮り続ける著者が追求してきた方法論から出発して、過去に撮影された写真を他者が目にするとき、そこに新たなイメージが生成すること、すなわちイメージは未来の予兆をはらんでいることを解き明かしてゆく。

 「未来の光と影」の章の終わりには、こう書かれている。「映像は渦を巻きぶつかり合いながら、沸騰している海に似ている。海の底で起きていること、心のなかで起きていることは見えないけれど、わたしたちは映像的な経験がときに波飛沫となって、記憶や感情を伝えることを知っている。その海をゆく旅に、終わりはない」。
 著者が撮影した沸騰する海を「光によるインスクリプション」としてとらえるとき、その映像が何を想起させ、どんな物語が紡ぎだされるかは、それに目を凝らす人間の内面にある。
 写真の歴史は160年前に遡るが、光から記憶へと、映像の新たなる世紀の始まりを、本
書は灯台のように照らし出している。 (bk1ブックナビゲーター:井上真希/翻訳・評論 2001.03.09)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。