サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本の未来はどうなるか 新しい記憶技術の時代へ(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-101562-2
新書

紙の本

本の未来はどうなるか 新しい記憶技術の時代へ (中公新書)

著者 歌田 明弘 (著)

本の未来はどうなるか 新しい記憶技術の時代へ (中公新書)

842(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ハイパーテキスト中心の未来

2011/10/06 23:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の未来をハイパーテキストにもとめている. ブッシュのメメックスからはじめて,文章は連続だが思考は不連続であり文章中のあちらこちらの部分が複雑にからみあっている (リゾーム?!) ことを強調している. 図書館でよみきれない数の本をまえにすると,それを横断的に利用するのが当然だという. オーグメンテッド・リアリティなどをとりあげて,ハイパーリンクに仮想世界と実世界をむすぶものという機能をみている.

この本には電子書籍も登場するが,WWW についてはおどろくほど記述されていない. しかし,やはり本の未来は WWW と電子書籍とを外挿したところにあるようにおもえる.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この時期にむずかしいテーマに挑んだチャレンジ精神に拍手

2001/01/26 19:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桂英史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書につけられたタイトルのような問いが賑々しく語られるようになったのは、やはりコンピュータやインターネットのプレゼンス(存在感)が日常生活において急速に大きくなってしまったことと密接な関係があるのだろうと思う。本書の扱う対象は、本というテーマを超えて「ユーザ・インタフェース」や「記憶装置」といったコンピュータ技術の今日的なテーマに及んでいる。技術者への取材内容やコンピュータ開発史のエピソードも盛り込まれているだけに、個々のテーマにはじゅうぶんな説得力が感じられる。ただ、読みすすめていくと、著者の関心のありかが本当に本というプレゼンスにあるのかどうか、という点が根本的にわからなくなってくる。その意味で、本というメディアが500年にわたって引き受けてきた知の権威や経済原則といったテーマについて、もうすこしまとまった議論が欲しかった気がする。とはいえ、この時期にむずかしいテーマに挑んだチャレンジ精神に拍手を送るとともに、本書の出版を契機として本の未来についての議論が健全な方向に修正されることを願ってやまない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/29 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/16 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む