サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 最新ヒット商品をつくるネーミング辞典 8か国語対照 第2版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

最新ヒット商品をつくるネーミング辞典 8か国語対照 第2版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 学研
  • サイズ:18cm/58,598p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-05-401279-5
  • 国内送料無料

紙の本

最新ヒット商品をつくるネーミング辞典 8か国語対照 第2版

著者 学研辞典編集部 (編)

ヒット商品売り出しのためのネーミング用キーワードを、約3500語、分野別に配列。それぞれの語について、英・独・仏語の8か国語が対照されている。1991年刊の第2版。【「T...

もっと見る

最新ヒット商品をつくるネーミング辞典 8か国語対照 第2版

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヒット商品売り出しのためのネーミング用キーワードを、約3500語、分野別に配列。それぞれの語について、英・独・仏語の8か国語が対照されている。1991年刊の第2版。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ぼくの考具。

2004/02/04 13:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

忘れた頃に、ネーミングの仕事が舞い込んでくる。ネーミング作業は、黙々と室内でランニングマシンの上を走るのと似ている。

最近では、業務支援ソフトや若い女性向けのクレジットカードやおつまみ、お菓子のネーミングをやった。しかし、ぼくのでは、決まらなかった。いままでとおったのもあるが、大抵はボツ。まあ、そんなもの。

正攻法でいくネーミングは、ほとんど登録済みだから、ひたすら変化技でいくしかない。英語、フランス語、イタリア語のめぼしい単語は、まんまでは、もうダメだろ。かといってロシア語やラテン語がいいかというと、ゴロや響き、長さもあるし。ドイツ語は、理詰めだから、どんどん言葉をつなげていくから、長いものが多いよね、傾向として。

日本語の短縮形って、おもろいよね。キムタク、タマテツ、クマテツ、、イタメシ、もろもろ。笑ったのが「ネスケ」。根っからスケベの略かと思ったら、ネットスケープのことだった。小ネタじゃなくって。

最近、気になるネーミングは「ココログ」。NIFTYのブログのネーミングなんだけど、はじめは意味がわからなかった。「ここ」で「ログ」するのかなとか。そしたら、「心」の「具」だったんだ。ははあ、こりゃ、某大手広告代理店のマーケの人の書いた本のタイトル「考具」にインスパイアされたんだろうね。でも、うまいと思う。ブログが心の具(ツール)とはね。「ココログ」でやすらぐ。なんてキャッチフレーズは、どお。

あと、気になったのは「CODAN」。何のことだと思ったら、東雲のおしゃれな公団だった。「CODAN—C」ってなーんだ。好男子ととるか、講談師ととるか。選択の自由を与えよう。

で、ネーミングするとき、いきなり、紙に向かって水性ボールペンを走らせることもあるが、途中でアイデアのベンピ状態になる。そんなときは、このネーミング辞典を元ネタに強制発想法をするわけ。なんたって8か国語対照なんすから。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ラテン語、ギリシャ語、ロシア語。ドンピシャなんてことはなくて、ヒントをもらって、切ったり、貼ったり、つないだり、リミックスする。

昔勤めていたデザイン事務所の社長のネーミングの考具は、電話帳だった。東京都内の喫茶店やスナック、バーの名前でよさげなのをピックアップしていく。マネしてみたけど、ぼくの場合、どうも「来夢来人(らいむらいと)」だの、「洒落人(シャレード)」だの、そんなダサイ名前ばっかり探してちゃあ、笑ってた。



Weblog「うたかたの日々」
http://soneakira.blogtribe.org/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/23 17:04

投稿元:ブクログ

とにかく便利です。すごーくお世話になっております。
いろいろな言葉を様々な言語で表してありますし、日本語表記だけじゃないところもいいですよ!
何に使うかって?
……それは内緒。

2005/08/02 20:50

投稿元:ブクログ

日本語を外国語に訳すとこう!みたいなのがたんと載ってます。単語ですが。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ラテン語、ギリシャ語、ロシア語の八カ国語。物を書くときとかファンタジーTRPGを遊ぶときとかにはナチュラルに便利。冒頭のネーミングマニュアルは普通に知識として役立ちます。便利便利。

2009/05/01 00:47

投稿元:ブクログ

目から鱗な辞典です!
たとえば日本語で目って引いたら、英・独・仏・伊・西・羅・奇・露の八カ国の言葉がずらーって出てくるんですよ!
すごくないですか!
え?私だけ?(・・・

2008/05/12 10:12

投稿元:ブクログ

最近買った本。
何となくファンタジーの名前を付けるときに自分の造語や英語じゃ違和感あるので欲しかったものです。
結構役立ちそうな予感。

2008/04/27 10:42

投稿元:ブクログ

英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ラテン語、ギリシャ語、ロシア語の8つが一度に引ける超便利な辞典。語源や歴史がなんとなく見えてきて、眺めていて楽しい。

2010/04/09 23:32

投稿元:ブクログ

ネーミング(名づけ)に役立つ便利辞典。英、独、仏、伊、西、露語と、ラテン語、ギリシャ語の八か国語がひと目でわかる。(Amazon.co.jpより)

今、新店舗のネーミングに頭を悩ませている。かれこれ1ヶ月以上悩んでいるのかもしれない。『なかなかいいかも!?』というネーミングが浮かんでも、よくよく調べてみると既に運営している店舗が結構あったり、商標登録されていたりとなかなか前進する気配がない。そんないきさつもあって、頭をリセットさせる意味で図書館でネーミング辞典を借りてみた。

これはタメになるというより、単純におもしろい。8ヶ国語で同時通訳しているので、『ヘェ~。フランス語はこう言うんだなぁ。』とか楽しみながら候補語をリストアップできた。一番、気をつけているのはネーミングの中にイメージがはっきりあり、柔軟さや質感が伝わるコトバでなければいけないということ。聞いてみたが、『何それ?』とか思われると意味がないのだ。でも、ありきたりのコトバだと新鮮さや斬新さに欠けてしまいネーミングの存在感も沸いてこない。このあたりで四苦八苦してしまい、負のスパイラルに陥ってしまっていたのだ。(笑)

しかし、この辞典のおかげで約30通りの候補をリストアップできた。ここから再加工や創作などポジティブにやっていこう。できればオンリーワンのネーミングを考えているので、造語を創出する方向になるかな。

2012/01/19 09:25

投稿元:ブクログ

書籍を買う前に色々調べてみたところ、
ネーミング辞典は大きく2つ傾向があるようです。
①製品・サービス・社名向けの「ビジネス」系
②ゲーム・小説などの創作用の「幻想」系

カテゴリーに対する固定した呼び名があるわけではないと思いますが、
②の方向性のものは「幻想ネーミング辞典」のように、
タイトルに「幻想」と入っているものが多いようでした。

②は2011年に出たものも多く、流行していそうでした。
今は素人でもアプリを創ったり、ブログ小説を書いたり
創作・発信がしやすい時代だから、求められているのでしょうか。


とはいえ、①・②は本の売り出し方 / 見せ方の違いであって、
実際は中身(掲載する語句)で差をつけるのは
少し難しそうだなぁと思いました。

例えば、「マフラー」のブランド名を考えたい時も
「首長男」に名前を付けたい時も
『首』という単語で調べますよね。

「驚き」・「少年」・「日曜日」などなど、、、
「幻想」系にしか使わなそうな単語って、実は少ないのかもしれません。

---
①「ビジネス」系の『ネーミング辞典 (ビジネスマンシリーズ)』は、
微妙なニュアンスの違いのある単語も掲載されているのがいいですね。

日本語も、以下のように単語によっては
複数の表現で掲載しているものもありました。
・「気候、天候」
・「気象、天気」
・「大気、雰囲気」
・「かすみ、もや」


実はこのシリーズの8ヶ国語版が
ネーミング辞典としては元祖らしく、
6ヶ国語版、8ヶ国語版ともに『ちゃんとして』います。

オランダ語と韓国語の記載は、他の書籍では
あまり見受けられなかったんです。
韓流ブームに辞典がまだ追いついていないみたいですね。

韓国語は、日本語と発音が近い単語も多いのですが、
日本語でも他言語とも全く違う発音をする単語も多く、
興味深いです。
---

ネーミング辞典を眺めていると、
比較言語学のように、英語とドイツ語が『ゲルマン語派』で、
ラテン語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語が
『イタリック語派』で、、、などと知らなくても、スペルや発音の近さで、
言語の親戚関係が予想できて、賢くなった気分が味わえます。

ただ発音を眺めているだけでも面白い!

逆に言うと、日本人には素敵な響きに聞こえる名前でも
〇〇語ではとんでもない意味になる なんてこともありえますね。

売り出そうとする市場によって、製品の発音や表記が
現地の言葉で問題ないかを調べる際にも、ざっくり確かめておくのに使えるわけです。
(ここまで具体化していれば、実際は現地の人を対象に調査するとは思いますが。)

ネーミングを考える機会がない方も音とか文字とかに興味があったり、
ゲームキャラクターの由来を知りたい方は読み物としても大変面白いです。

Y.K.