サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

本の購入で全員もらえる!100万ポイント山分けキャンペーン(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 国家の通販
  5. 新教出版社の通販
  6. 十字架とハーケンクロイツ 反ナチ教会闘争の思想史的研究の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 新教出版社
  • サイズ:22cm/467,7p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-400-42710-2
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

十字架とハーケンクロイツ 反ナチ教会闘争の思想史的研究

著者 宮田 光雄 (著)

ナチ・ドイツの国家と教会とのあいだで繰り広げられた政治的闘争についての研究。初期ナチ党の宗教政策、これに同調した「ドイツ的キリスト者」、ドイツ教会闘争、北欧の反ナチ教会闘...

もっと見る

十字架とハーケンクロイツ 反ナチ教会闘争の思想史的研究

税込 8,360 76pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ナチ・ドイツの国家と教会とのあいだで繰り広げられた政治的闘争についての研究。初期ナチ党の宗教政策、これに同調した「ドイツ的キリスト者」、ドイツ教会闘争、北欧の反ナチ教会闘争、罪責告白などを取り上げる。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

<ナチス・ドイツとキリスト教会の闘争の歴史を豊富な資料と鋭い考察で克明にたどった画期的ナチズム論>

2001/01/30 15:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇波彰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は、ナチス・ドイツの時代における国家とキリスト教の関係を論じた力作である。

 ナチスは、ヒトラーに対する個人的な崇拝をドイツ国民に求め、各家庭にヒトラーの写真を飾ることを強制した。1934年にニュールンベルクで開催されたナチスの党大会は、リーフェンシュタールによって、「意志の勝利」としてして映像化されたが、その冒頭のシーンでは、ヒトラーは飛行機で会場へと向かう。それは「空から降りてくる神」として、ヒトラーをカリスマ化・神格化しようとする試みであったとされている。このように、ヒトラーを「天から遣わされたキリスト教的な指導者」に仕立て上げようとするナチスと、キリスト教会が衝突するのな当然のことであった。「あとがき」のことばをかりるならば、「政治的な救済論を掲げるナチズムは、伝統的な教会の精神的価値に対する正面からの挑戦者として登場した」のである。

 評者にとって特に興味深く感じられたのは、『20世紀の神話』の著者で、ナチスのイデオローグであったアルフレート・ローゼンバーク(「意志の勝利」にも姿を見せている)とキリスト教会の側が、論争をするくだりである。それは、国家権力と宗教との闘争の具体的な現れである。もちろん、ナチスの側は最終的には暴力で対応する。つまりアルチュセールのいう「抑圧的国家装置」が作動することになるが、その前段階での「イデオロギー的国家装置」の争奪戦がナチスの御用哲学者と教会のあいだで繰り広げられた。

 国家権力と宗教の対立が、ドイツとは異なったかたちで展開されたのが、ノルウェーとデンマークの場合である。この二つの国はいずれもドイツの武力に屈して占領されたが、両国のキリスト教会は、それぞれ独自の仕方でナチスに抵抗した。著者はその抵抗の原理がルターの宗教思想であったことを、さまざまな資料を用いて論証する。著者は、当時ノルウェーのキリスト教会を指導する位置にあったベルグラーフの行動を高く評価するが、ベルグラーフは「ノルウェーにおける占領権力に対する闘争の主要な武器」がルターだと言い切っていたのである。そしてルターの思想の根底にあるのは、「人間に従うよりも神に従うべきである」という使徒の教えであった。ヒトラーの言いなりになるよりも、信仰を守るという鉄則であり、ノルウェーとデンマークのキリスト教会の指導者たちは、この教えに忠実であろうとした。たとえばデンマークでは、キリスト教会の尽力によって多くのユダヤ人がナチスの弾圧から逃れることができた。

 「人間に従うよりも神に従う」という原理の実践は、非常な困難を乗り越えなければできるものではない。本書はきわめてアカデミックな論考である。それにもにもかかわらず、評者はその困難な行動を記述した本書を、感動をもって読み終わったのである。 (bk1ブックナビゲーター:宇波彰/明治学院大学教授 2001.02.01)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。