サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.12
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-379220-8

紙の本

まぐろ土佐船

著者 斎藤 健次 (著)

【小学館ノンフィクション大賞(第7回)】高知の漁船は、一獲千金の夢を追って世界の海を駆けめぐる。マグロ漁の厳しさと、死の危険や孤独と直面しながら豪快さや優しさを忘れない男...

もっと見る

まぐろ土佐船

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【小学館ノンフィクション大賞(第7回)】高知の漁船は、一獲千金の夢を追って世界の海を駆けめぐる。マグロ漁の厳しさと、死の危険や孤独と直面しながら豪快さや優しさを忘れない男たちの姿を、躍動感あふれる筆致で描く。第7回小学館ノンフィクション大賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

斎藤 健次

略歴
〈斎藤健次〉1947年東京生まれ。広告代理店勤務の後、編集プロダクションでの取材活動を機にフリーライターに。76年マグロ漁船に乗るため高知に赴き、3度の航海を経験。現在、千葉県で居酒屋を経営。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

単に体力だけで出来る仕事ではないことをヒシヒシと感じる

2001/04/26 22:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:吉野桃花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マグロ漁船へ乗り込み、3度の航海を経験した著者によるノン・フィクション。まぐろ土佐船。どういうイメージがわく?私は、ド演歌の世界を想像した。「気が荒く粗雑で下品だけど、心は純粋な男の中の男。波を割って走る、命がけの男たち。」ところがどっこい、この本の内容は、そういうイメージとは全然違う。

 命がけ、ということがドラマなんかじゃなく、厳しい現実であることを思い知らさせる。でかい借金してしまった人に、取り立て屋が「腎臓1個売れ」だの「マグロ漁船に乗れ」だの言うシーンが、小説やドラマにはあるけど、そこらへんの人間ができる仕事じゃない。仕事のできない人間を乗せるほど、マグロ漁船は甘くないのだ。著者はマグロ漁船に乗ろうと室戸を訪れる。しかし、乗せてくれる船はなかなか見つからない。その著者に、長年の経験者、安田甲板長はこう言う。
 「素人は分からんがよ。ちょうど三十ぐらいの人間が分からんが」
 「世の中の酸いも甘いも知っちゅうき、途中で嫌になってポイと降りても、どうってことないと考えるがよ。おまんには悪いけんど、余所者で歳もいっちゅうし、経験ないときてるろうが。わしらから見て、おまんはどこちゃあ取り柄がないがや」
 (余談だけど、この土佐弁の心地良さ!好きだ。高知には行ったこともないのに、何故かひかれる土佐弁。)
 一緒に船に乗った人間が、いい加減なやつだったら、自分の命にも関わってくるのだ。気楽に、ほないこか、って訳にはいかない。

 私の父は、サラリーマン生活を終えて、今は漁師になっている。もともと祖父が漁師だったので、小型船舶の免許も持っているし、未経験というわけではなかったのだ。沿岸ではあるけど、夜明け前(午前3時とか4時)に船を出し、すべての始末を終えて家に帰るのが夜9時、10時、という長い労働である。
 海に落ちる、ということが何より恐い。網を巻き上げる機械に巻き込まれてケガをした人の話もよく聞く。父はあまり大変だとか言わないんだけど、この本を読んで、背中合わせにある危険をひしひしと感じた。
 「やっぱり、体力だけありゃあいいっていうような単純なことじゃないんだ。」という実感。目の前にいる父を見るより、本を読んでそういうふうに感じるのもおかしな話なんだけど…。
 でも父は絶対「辛い」とか「死ぬかと思った」とか言わないので(多分漁師もやめて時間がたったら酒飲み話のネタになるだろうが)、このノン・フィクションを通して、海を船を感じられたことは良かったな、と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

20010122

2001/01/25 12:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 居酒屋店主である著者が遠洋マグロ漁船に乗り込み、マグロと戦う過酷な漁師の世界を描いた。
 マグロは日本人に人気の魚だが、国際条約で捕獲規制されているにもかかわらず、現在は供給過剰なのだという。密漁船から大量に流入しているからだ。かつては一獲千金を夢見ることもできたが、今はそれもままならない。
 しかし、それでも危険を顧みずマグロ船に乗りたいという若者が後を絶たない。その理由を著者は、命を落としかねない緊張感と大海原を駆け巡る爽快感は現代の生活では味わえないもので、何ものにも代え難いからだと言う。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/15 07:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/08 03:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。