サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バトル・ロワイアル(ヤングチャンピオンコミックス) 15巻セット(ヤングチャンピオン・コミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

バトル・ロワイアル(ヤングチャンピオンコミックス) 15巻セット

著者 高見広春 作

バトル・ロワイアル(ヤングチャンピオンコミックス) 15巻セット

税込 8,774 79pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

怖い!

2002/05/30 08:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルイス - この投稿者のレビュー一覧を見る

殺されないために、正当防衛として結果的に人をあやめた場合は法的には罪にとわれないかもしれない。しかし、でも過剰な防衛で、両者に殺意があった場合、そこに正当性、正義は、真に認められないだろうと思う。また道徳的には、互いに殺しあうことは、どんな理屈をならべてみたとしても、歴史上の全ての戦争を否定しなければならないだろう。過去においても、現在においても。また、未来においても。
 それとは、別に架空の話で、狂気的な状況におかれていて、お互いを殺させあおうとする政治的圧力の前に疑心暗鬼におちいるより前にあくまで、互いを信頼しあうことを求めることは、すばらしい。そこまで、強い意志をもてないものの人間の弱さも心をうつ。しかし、この「バトル ロワイアル」のもつ魅力はそういった道徳観においてではなく、もちろんそれぬきにしてはなりたたないが、ひとまず、読み始めたら続きを終わりまで読み終えないとよけいに、怖いという、ある種のサイコ的な気持ち悪さにある。もしも、この作品が読者が展開を読めるようなものだったり、登場人物が、魅力的でなかったら、単なる駄作に終わっていただろう。息をもつかせぬスピード感で読み進ませる迫力と、クラスメートのひとりひとりの死にざまにおけるプラスとマイナスの人間的魅力、個性。それにより、成功した作品だといえる。殺されるもの。殺すもの。殺せぬもの。狂うもの。自殺するもの。仲間をつくるもの。孤独になるもの。信じることの出来ないもの。信じる価値のないもの。なお、信じようとするもの。まもりたいもの。助けたい人。そして、裏切り。だまされて怒るもの。だまされたことにも気づかないもの。殺さなければ、死ぬだけという恐ろしいプログラム! 現実的にはありえない設定に自分ならどうする? の問いに答えはだせなかった。殺せない、でも、殺されたくない。逃げたい、でも、逃げれない。無残に殺される前に自殺するか、政府にたてつく勇気もない。では、どうなる?の問いには一言「想像したくない!」
原作よりもマンガのほうがスプラッタ的な迫力とスピード感がある。どちらかというと作者の読ませる力量では、マンガのほうをむしろオススメ。だが、完結するまえに、小説の原作を読んでしまう読者もいるだろうと思う。実は私だけど。ホラーが苦手な人は読まぬべし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します青年コミック ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。