サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. マンガ文庫の通販
  5. 潮漫画文庫の通販
  6. 項羽と劉邦(潮漫画文庫) 12巻セットの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

項羽と劉邦(潮漫画文庫) 12巻セット(潮漫画文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日不明
  • 出版社: 潮出版社
  • レーベル: 潮漫画文庫
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

項羽と劉邦(潮漫画文庫) 12巻セット

著者 横山 光輝 (著)

項羽と劉邦(潮漫画文庫) 12巻セット

税込 8,303 75pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どこまでも雄大、どこまでも悲しい

2005/03/09 05:13

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐伯洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 横山光輝の手になる項羽と劉邦のマンガ。それにしても、横山光輝とは多才な人だ。魔法使いサリーと、項羽と劉邦を同じ人が書いているとはなかなか連想できないものだ。

 項羽と劉邦といえば、私は司馬遼太郎の「項羽と劉邦」とこの横山光輝の「項羽と劉邦」が双璧だと思う。ただ、中国の未見の土地名の羅列を小説でやられると、混乱することもあるだろう。そこで、まずはマンガで読むのが一番だと思う。

 項羽と劉邦の世界は、今から約2200年前に遡る。三国志より400年前、アウグストゥス帝政より200年前。なんという遠い昔だろう。項羽と劉邦の話は、三国志の登場人物からみても、我々の時代からみる関ヶ原の時代と言うことになる。古典中の古典であり、中国史の中でも三国志・楊家将の時代に次ぐ人気である。

 鴻門の会やら、馬鹿の語源やら様々なことがこの時代に生まれた。しかし、時代というのは必ず人が作る。人なきところに歴史なし。この時代を彩る人物は多種多様である。

 能力はなくとも人使いの巧みな劉邦と、神威を放つ無双の豪傑項羽。始皇帝も含め、様々な勢力が入り乱れた2200年前の中国も、結局この2人の抗争の場となってゆく。

 歴史を見なければ動けぬのが中国人だ。諸葛孔明ですら先人の例を引いて行動している。故に、この2人の勝敗は、後世に多大な影響を残す。人使いの名人と個体としての超人。後世は、いづれを模範とすべきか多いに参考にした。規範を作った大勝負と言えるだろう。

 劉邦旗下は、まさに多士済々。後年曹操をして「荀いくは我が張良(子房)」と例われた張良。楽毅を万年悩ませた斉を瞬時に平らげた戦術の天才韓信。後顧の憂いを絶ち続けた堅牢無比の蕭何。いわゆる漢の三傑だが、鉄壁の陣容といってよい。このうち一人でも西暦234年の蜀漢にいたら…などと夢想してしまうほどの。

 項羽は、その武力はまさに天下無双。配下にも、范増や英布などなかなかな陣容。ただ、如何せん人を使うのがうまくない。それを差し引いても項羽の武力は、陣容の遅れを取り戻すほどの桁外れ。

 結果は、「四面楚歌」という用語に凝縮されている。はたして決戦の地・垓下で最後に立っていたのはどちらか。
 英姿颯爽と時代を駆け抜け、「死」など想像も出来なかった項羽の斬首など見たくはない。素直で寛大、部下に慕われ民に慕われた劉邦が無残に殺される姿など想像もしたくない。

 されど秋風悲し垓下の地。四面から聞こえる楚歌に乗って、結果はやってくる。
 主人公が死ぬ…歴史小説の必然だが、あまりに悲しい。しかし止められない。それも歴史小説の面白みなのだろう。勧善懲悪とは必ずしもいかないところが歴史の雄大さなのだろう。

 マンガなら、容易にイメージが浮かび、歴史理解の大変な助けになると思う。小説だと、とくに中国史の場合地名で混乱する方もおそらく多いと思う。要は楽しめればよい。全巻購入しても後悔のないことは、2200年の間語り継がれたという歴史が証明している。
 (余談ながら、本書を読んでおけば、センター試験の漢文には多いに役に立つ。原文がそのまま出てくるので、内容を知っておけばすぐに解ける。また、本書で理解した漢文の文章を使って漢文の文法を学んだり出来る。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

項羽と劉邦

2002/09/05 16:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨモ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時は紀元前250年頃、秦の悪政を打倒するべく二人の英雄が現れる。項羽と劉邦。同時期に生まれ合わせた二人の英雄はやがて対峙するようになる。二人の姿を通して、本当の王とは、人の上にたつものとは、人間のあるべく姿を教えてくれる横山光輝の中国歴史物長編傑作。何年たっても変わらない、人間が人間にもとめるものがこの本にはあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。