サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1127-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 金融・通貨の通販
  5. 日経BP社の通販
  6. 金融はリテールで復活する シティバンクの戦略の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.12
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:20cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-4208-0

紙の本

金融はリテールで復活する シティバンクの戦略

著者 青沼 丈二 (著)

銀行業はやがてリテール・バンキング(個人金融業務)に収斂する。著者自身がそのただ中にいるリテール金融について、具体的に現場報告し、外資のリテール金融の最先端の動きを参考に...

もっと見る

金融はリテールで復活する シティバンクの戦略

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

銀行業はやがてリテール・バンキング(個人金融業務)に収斂する。著者自身がそのただ中にいるリテール金融について、具体的に現場報告し、外資のリテール金融の最先端の動きを参考にして新しい銀行の生きる道を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

青沼 丈二

略歴
〈青沼丈二〉1943年生まれ。早稲田大学第一法学部卒。三菱銀行(現東京三菱銀行)を経て、92年よりシティバンク勤務。現在、個人金融営業本部長。早稲田大学非常勤講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2001/2/11朝刊

2001/02/14 21:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 米銀シティバンクのグローバルなリテール(小口金融取引)戦略の分析を土台に、日本の金融再生の方向性を模索するのが本書の趣旨だ。シティの戦略に焦点を合わせた本はすでに多数ある。本書の特徴は、著者自身がシティ在日拠点で実際にリテール業務を総括する現役バンカーであり、かつ日本の大手都市銀行勤務の経験も長い視点から、日米銀行のリテール戦略の違いを実務と理論の両面で浮き彫りにしている点にある。
 一九九七、九八年と続いた金融不安の激震を経て、目下、日本の金融界はこぞってリテール戦略を旗印に掲げている。合従連衡でビッグ4に結集した大手行もその枠外ではない。しかし、本書で詳述されるシティのリテール戦略は、邦銀のそれとは明らかに異なる。わが国ではこれまで銀行のリテール業務は、大企業取引や市場取引業務に比べて一段格下扱いされてきた。
 それが、利ザヤの薄い企業取引のさらなる低迷、不良債権処理の積み重なる重荷などから、相対的に利ザヤの稼げるはずのリテール業務に目が移っている格好だ。そこでは、リテール業務にふさわしい人材の育成・配置、経営理念、顧客対策などが確立しているとは思えない。
 著者は、むしろ邦銀の中でも地方銀行のほうにこそ、日本型リテール戦略の発展の可能性を見いだす。単に小回りが利くといった点だけではない。大都市圏と地方経済圏の対比の上で、顧客に支持される安定した金融の成立が展望されるとの分析からだ。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。