サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Hellsing(YKコミックス) 10巻セット(YKコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

Hellsing(YKコミックス) 10巻セット

著者 平野 耕太

Hellsing(YKコミックス) 10巻セット

5,378(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今更ながらに、このヘルシングを語ってみる…

2002/10/09 03:49

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリック@ - この投稿者のレビュー一覧を見る

少年画報社隔週ヤングキングアワーズに連載中の作品。ハッキリいってこの漫画を語るにはちょっと時期が遅すぎる感もあり、アニメ化(しかも、既に終わっている)されている時点で誰もが知るメジャー作品なので、『この本はお奨めです!』とか書くのもワザとらしいのだが、取り敢えず買ってみたので語りたい。
 「ヘルシング」の舞台は現代ヨーロッパ。ジャンルとしてはオカルト系である。タイトルを見ればピンとくるかもしれないがいわゆる吸血鬼モノである。主人公はその吸血鬼の王様(ノーライフキング)なのだが、なぜか人間に使役されているという設定。使役する主は英国の対怪物特殊機関のボス(女)で、彼女に命じられて日夜化け物を退治するという話だ。つまり、吸血鬼が吸血鬼を狩るというのが一番分かりやすい構図で、少し例えは悪いが「ヴァンパイアハンターD」を思い浮かべると間違えはない。
 作品柄、内容的にかなり殺伐としており、描写も他の掲載作品に比べると重苦しい。その上、絵柄はかなり濃い部類に入り、ストーリーもそれに輪をかけて濃い。平野耕太自身、あまり絵の上手い漫画家ではないことを独白しているが、それを補うかのように「これでもか!!」という迫力のあるストーリーを展開している。このマニアックな作風を好む人にはたまらない一作ということになるだろう。
 ただ同時に、台詞回しや登場人物の性格などがかなり特徴的な作品に仕上がっているので、アレルギー反応を示す人も多い思われる。効果音や台詞は「ジョジョの奇妙な冒険」並なので、あの作品が駄目な人は多分「ヘルシング」も厳しいだろうということを予め書いておく。ちなみに評者の知人は「ジョジョ」も「ヘルシング」も両方『描写が濃すぎる』との理由で受け付けられなかった(『UURYyyyyyy』とか『クリーク! クリーク!』は生理的に受け付けないらしい)。
 加えて、作品自体に著者の趣味がかなり加味されており、3巻以降はハーケンクロイツが出てこないページはないくらいだ。平野耕太がエロ漫画を書いているに作った登場人物なども調子に乗って出していることもあり、そろそろ漫画界のアナザーワールド化しつつある。まあ、どう贔屓目にみても万人受けはスマイ。数ある漫画の中でも、かなり読み手を選んでしまう作品であるといえる。『濃い』作品の宿命であるが、読む人によってここまで評価の分かれる作品も中々ないだろう。
 個人的には、今のところ話が面白い方向に進む要因になっていると思うので、平野の好みを前面に出していても別にいいのだが、これ以上、趣味の世界に話を持って行くと流石に作品についていける読者がいなくなるだろう。そろそろ舵を切りなおしておくべきとも感じてみたり…。これも私見ではあるが。

 作品は現在4巻まで進んでおり、物語はまだこれからが本番といったところだが、ナニブン、執筆ペースがかなり遅いこともありヤキモキさせられる。オカルト系でここまで熱の入った作品は今のところ見たことがないくらいなので、今後の話の展開いかんでは大化けするだろうと思われる(勿論、今でも十分面白いが)。
 まあ、色々書いてみたが総評としては、魅せる漫画の一つではあるのでジャンルに興味があれば十分に楽しめる作品なのではないだろうか。一度読んでみればどんな作品なのかはすぐに分かるので、取り敢えず手にとってみて欲しい。作風が駄目なら読んですぐ売っちゃってください(笑)。まずは読むことが肝要?!(注:もし購入して後悔しても当方では一切の責任を負いません)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。