サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 新編ヴィーナスの腕 J・サイフェルト詩集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新編ヴィーナスの腕 J・サイフェルト詩集
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.12
  • 出版社: 成文社
  • サイズ:18cm/158p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-915730-26-3
  • 国内送料無料

紙の本

新編ヴィーナスの腕 J・サイフェルト詩集

著者 J.サイフェルト (著),飯島 周 (訳)

チェコの国民的詩人サイフェルトの作品選集。作品を通じて流れるのはこの世の美しきものすべて、愛と死の織りなす人生模様や不条理を日常的な言葉で表現しようとする努力である。桐原...

もっと見る

新編ヴィーナスの腕 J・サイフェルト詩集

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チェコの国民的詩人サイフェルトの作品選集。作品を通じて流れるのはこの世の美しきものすべて、愛と死の織りなす人生模様や不条理を日常的な言葉で表現しようとする努力である。桐原書店86年刊の増補改訂。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

J.サイフェルト

略歴
〈サイフェルト〉1901〜86年。プラハ生まれ。チェコの国民的詩人。ノーベル文学賞受賞。著書に「涙の中の町」「この世の美しきものすべて」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

この艶やかで、やさしい言葉たちのあとをゆっくりと追っていきさえすればよい

2000/12/28 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:赤塚若樹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サイフェルトはそのむかしある一編の詩を「ヴィーナスの腕」を呼び、その詩を収めた詩集全体にもこのタイトルをあたえた。よほど気に入っていたのだろうか、その後アンソロジーなどを出すときにも、本のタイトルとしてその言葉をもちいることがあったようだ。「ヴィーナスの腕」。最初にそう呼ばれたのはつぎのような詩だった——

「ものうげな冒険家が/岸辺に座り/波に語るのは/むなしい物語/実際それはただ/手のひらの一握りの風のむれ/ワインの中のくずれた真珠/不死の恐怖だ//しかしそれは/彼の本当の仕事ではない//(…)//しかし美の誕生に目をみはり/その破壊に涙し/流れる水のほとりで/永遠のためらいをふたたび押さえてくれる/新しい春の花を待ち/ミロのヴィーナスの両の手のひらに/ひたすらぬかずく//ああ悲しいかな それが/彼の本当の仕事なのだ」

 じつは1986年に日本でも、この詩をふくむサイフェルトのアンソロジーが刊行されており、そのタイトルにはほかでもない『ヴィーナスの腕』が選ばれていた。しかも表紙には、おそらくその「ことば」にもっとも相応しい日本の芸術家、池田満寿夫がその詩集のために描いた絵がもちいられており、そこにあらわれたほのかなエロティシズムが、サイフェルトの詩情とじつに見事な調和をみせていたのだ。こうしたすばらしいコラボレーションの例はそう多くはないだろう。

 ところが、この詩集はすでに絶版になっているというのだ。先ごろ、とある理由からサイフェルトについてしらべていたときに、この事実を知り、とても残念に思い、それと同時に少々危惧の念を抱きもした。ノーベル文学賞受賞という経歴はおくとしても、サイフェルトが20世紀チェコ文学を代表する詩人であることはまちがいなく、このアンソロジーはその全体像——経歴や取り巻く状況の説明ではなく、いわば作品自体の全体像——を知るためのほとんど唯一の手段だったからだ。さらにいえば、ただでさえ、けっして情報が多いとはいえないチェコ文学の世界に入っていく手がかりとして、これがとても適した詩集だったということもある。

 こうした空白をみずから埋めるかのようにして、『ヴィーナスの腕』がべつの出版社から装いも新たに再刊されることになったというのだから、うれしいではないか。池田作品も、扱われ方はちがっていても、しっかり「本」に溶け込み、当初この詩集がもっていた趣がきちんと受け継がれている。そしてまた、このアンソロジーがおかれた環境の変化に対応して、訳詩に改訂が施されているのはもちろん、訳者がべつの場所で翻訳した詩もここにおさめられているのだからありがたい。

 あとはもう、この艶やかで、やさしい言葉たちのあとをゆっくりと追っていきさえすればよいだろう。ここまで来れば、もはやチェコ文学だとか、東欧文学だとかというつもりはない。文学や芸術に関心のあるすべてのひとに読んでもらいたい、そんな詩集だ。 (bk1ブックナビゲーター:赤塚若樹/翻訳・著述業 2001.01.01)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する