サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ウエハースの椅子
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.2
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • サイズ:20cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-920-5

紙の本

ウエハースの椅子

著者 江国 香織 (著)

私を訪ねてくるのは、やさしい恋人(妻と息子と娘がいる)とのら猫、そして、記憶と孤独。恋人の身体は、信じられないほど私を幸福にする−。とても切なく危険な恋愛長篇。【「TRC...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私を訪ねてくるのは、やさしい恋人(妻と息子と娘がいる)とのら猫、そして、記憶と孤独。恋人の身体は、信じられないほど私を幸福にする−。とても切なく危険な恋愛長篇。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

江国 香織

略歴
〈江国香織〉87年「草之丞の話」で小さな童話大賞、89年「409ラドクリフ」でフェミナ賞受賞。著書に「こうばしい日々」「きらきらひかる」「すいかの匂い」「冷静と情熱の間」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

自分にとってのかけがえのないものって?

2002/12/25 18:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HANA - この投稿者のレビュー一覧を見る

先がなかなか見えない恋に苦しくなって、行き詰まったとき、
何度も手にとって読んでいる本。

主人公は、普段は強いつもりで、妻子ある愛する人のいない夜も孤独と闘い、
わずかな時間のたくさんの幸せを愛しんでいる。

だが、だんだんと壊れていく自分を感じていく。
相手が、自分のことを本当に愛しているからこその発言にも、
疑いの心を持ってしまったり、幸せな気分ではなく寂しさが残ってしまう。

壊れる自分にささやかに抵抗しつつ、静かに対峙していく主人公。
そのストーリーの合間に、主人公が幼い頃に好きだったことや思い出が
断片的に語られていく。

本当に自分にとって大切なもの、他の人には分からなくても自分にとっては
かけがえのないもの、それを見失っちゃいけない。
読み終えると、思い余って離そうとした手を、もう一度掴み直そうという気になれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切ない恋の話です

2005/11/06 09:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かお - この投稿者のレビュー一覧を見る

江国さんのお話にはよく姉妹が出てくる。これも例外ではない。
妹、妹の彼、自分、自分の彼の4人でワインをあけるところが何度も出てくる。普通であれば、はしゃいでしまうようなシーンでさえ静けさがある。
幸せと絶望が裏返しに常にいる。かといって暗さがあるわけではない。
最後のシーンはさすがだなーと思う。
あるのは日常、という感じで終わる。
ストーリーがあるという感じではないので、雰囲気を楽しみたい人にぴったりな作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひたひたと、来る

2002/04/08 09:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆみゆみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 江国さんの小説では、人々がよく音楽を聴く。この小説も例外ではない。主人公はカラヤンを聴き、ナイマンを聴いて、恋人と食事をしたり、愛し合ったりする。しかし奇妙なことに、江国さんの文章からは音楽が聞こえてこない。ただ、静けさだけがある。だから私たちは、江国さんの小説を読むときに、音楽を聴いてはいけない。静かな部屋で、一人で落ち着いて読むのがよい。
 一人静かにこの小説を読んでいると、私の背後に、なにかが、ひたひたと、来る。なにが来るのか? 孤独だろうか? 死であろうか? それとも、子供のときの思い出? 私は、その「なにか」を、なんとなく「恐い」と感じる。なにに、なんとなく「恐い」と感じるのか、分からぬままに、読み終わる。
 読み終わると、疑問がぷかぷか浮かんでくる。いったい、現実ってなんだっけ? 真実って、どこにあるっけ? つれづれなるままに、考える。そして、明快な答えを得られぬままに、私はとりあえず生活をしていくのである。
 この小説の中にひそむ「なにか」は、私の毎日の生活の中にも、確実に、存在する。もちろん、あなたの生活の中にも。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悲しい位純粋に

2001/02/07 21:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にむまむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分一人で許容できる事などはほんの少しですが、純粋に恋をして時間を使いつづける事はいい経験になるのだろうし、読んでいるうちに言葉の一つ一つがなんとも心に響いてくる。文章としてはうぅここでこんな展開かなと思ったら、とぎすまされた言葉によって惹きこまれるように物語が展開していくので、長編とはいふものの一気に読めました。同著者の作品は何冊も読んでいますが、題材がいままでになく微妙な面を文章化しているので、不安定さがなんとも味が出てよかったです。主人公はあくまで孤独に世界を持ち続ける中で、社会とも関係を続けていく危うさが表現の妙なのか不思議に心に訴えてくる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切ないラブストーリー

2001/02/06 14:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 優しい色使いの表紙と同じくらい、ストーリーも優しい時間が流れています。妻と子どものいる恋人、そして私、いわゆる不倫ですが、不倫特有な隠れた関係ではなく、読み進むうちに、不倫だという事を忘れてしまいます。でも、優しい恋人が、家庭に帰ってしまうと、私に襲いかかるのは「絶望」。今は亡き父が繰り返した小言、そして、皆と一緒にしなければ異常と言われた理不尽な小学時代の記憶が次々と押し寄せてきます。
 部屋を去った彼が、残していったものを見るたび切ない気持ちになり、そして、待っているのは、これから一人で過ごさないといけない長い孤独な夜。「死」を求めても簡単には、死は迎えにきてくれません。ちょっと出会いが遅かった為、こんなに愛し合っている二人なのに一緒になることはできない… 運命って残酷です。まるで、ウエハースで出来た椅子の様に座ることが出来ない切ないラブストーリー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絶望と戯れる悲しい女性の物語

2001/02/25 14:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジャコウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公は「やさしい恋人」と不倫をしている。だが、物語中では不倫ということをまったく感じさせない。
 なぜなら、彼女は妻に嫉妬しない。妻子ある男性とセックスしていることに罪悪感を感じない。ただ恋人のつくる料理を味わい、恋人との会話を楽しみ、美しい恋人の肉体とセックスをするだけだ。
 彼女は、考えることを放棄しているかのようにみえる。嫌なこと、不快なことに対して思考をストップさせているのだ。そして「閉じ込められている」自分の周りを、美しいもの、心地よいものだけで構成しようとする。タフタのカーテン、カラヤンのアルバム、そしてハーブティーなど。まるで、絶望の入り込む隙間を埋めていくかのように。
 彼女にはたびたび「絶望」が訪れてくる。だが、絶望とすら戯れているような不思議な感覚がある。彼女は死を選ぶときさえも、真には絶望していないように思える。1日1回シャワーを浴び、ハーブティーをいれて飲む…。死ぬことすら彼女の中では、ロマンティックな空想の中の遊びのようだ。
 過去と戯れ、絶望とすら戯れ、夢見がちな女子高生がそのまま中年になってしまったような彼女。装幀の風呂場は作品中にも何回か登場し、成長し切った肉体と成長できなかった精神のコントラストを印象づける。中身は未熟でも容赦なく衰えていく肉体、そして妻子ある男生との不倫。現実は残酷だ。その残酷さから逃れるために彼女はあっさりと死を決意する。死を選択するまでの苦悩すら、彼女はとばしてしまう。個人的にはもうちょっと苦悩して精神的に成長する彼女が見たかった。軽く読めるので「雰囲気を楽しみたい」という人にはいいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/26 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/23 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/09 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/17 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/19 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/11 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/26 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/07 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/14 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。