サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

失踪HOLIDAY(角川スニーカー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 252件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

失踪HOLIDAY (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 乙一 (著)

失踪HOLIDAY (角川文庫 角川スニーカー文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

失踪HOLIDAY

583 (税込)

失踪HOLIDAY

ポイント :5pt / 紙の本より13おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

しあわせは子猫のかたち 5-56
失踪HOLIDAY 57-233

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー252件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

心が綺麗になります

2008/03/08 22:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一愛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

幸せは子猫のカタチ、失踪ホリデイが収録されている一冊です。

とくに幸せは子猫のカタチは私のとても好きなお話です。
主人公の男の子と幽霊の女の子と一匹の子猫が幸せに生活している中、殺人事件に巻き込まれるという物語なのですが、物騒なはずのストーリーが、とてもやわらかく暖かく描写されています。
主人公の成長、幽霊の女の子の優しさ、子猫の愛らしさにとても感動し、何度読み返しても癒されます。

失踪ホリデイもとても楽しませてくれるお話です。主人公は不幸の中生きるために図太さとずる賢さを学んだ小学生の女の子。彼女のいたずらから誘拐事件が発生する。その犯人とは…
こちらも物騒なはずのストーリーですが、小学生の真剣な推理や彼女の思考は微笑ましさでいっぱいです。

どちらも乙一さんらしい綺麗なお話で、とってもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっぴりな幸せ

2004/07/08 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りぅ&なな - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編「しあわせは子猫のかたち」「失踪HOLIDAY」の2編からなっています。

前者は…
世界に光を見出せないぼく。大学に入ったぼくは何故か幽霊と住む事になる。怖いという感覚はなく、ただ受け入れるだけだった。
大雑把に内容はこんな感じです。
私は彼女の手紙に元気付けられました。切ないと感じる反面、頑張らなくちゃと。

後者は…
血の繋がりのない家族。あることがきっかけで主人公は家出を決意する。自分の間違いに気付いたときは遅かった。自分が書いた脅迫状が家に届いた後だった。


個人的には「失踪HOLIDAY」より「しあわせは子猫のかたち」の方が良いです。
両者とも、周りの人が優しくて、私の小さな心を動かします。
幸せを見させてもらいました。なんとも言えない嬉しさがこみ上げてくるのがわかりました。

この本を読んですぐの私の発言。
「この人(乙一)っておもしろい。」
下手なプロを上回る文章力。
シナリオ×文章力=(最高の)おもしろさ
コレが本のおもしろさなんだな。
本を読んでて良かった。これからもこんな本を読んでいきたい。
乙一さんにありがとうの一言だけ伝えたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2作ともいいです。

2002/05/08 09:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずね - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本には「しあわせは子猫のかたち」と「失踪HOLIDAY」が収められています。

人と接する事が上手くできない主人公。できるだけ他人との付き合いを控え、家からもあまり出ないようにして、毎日カーテンを閉ざして生活していこうと決意する。引越し先の住居は、以前強盗殺人事件が起こった場所という事を引越しした後に知る事になる。そして、そこで生活していくうちに不思議な出来事が起こり始める。それは、前住人の仕業でした…。
言ってみれば幽霊の仕業ということになるのですが、起こる出来事といえば、閉ざしていたカーテンを開けて日光を入れたり、洗濯をしてくれたりと暗いイメージのものでなく陽性なのです。 そして、主人公と幽霊は居心地のよい関係になります。そして、殺人事件の真相が意外な 事件から分かり…
前住人との別れがやってきますが、主人公とは正反対の性格、光りに向かって行く前住人との交流で主人公は何か大きな物を得たのではないでしょうか?(しあわせは子猫のかたち)

お金持ちの家の娘「なお」は、後妻と仲が悪く、ケンカをしてばかり。ある日突然家出をしてしまいます。といっても、使用人の部屋に隠れているだけなのですが。そして、このわがままお嬢様は自分で脅迫状を作って、狂言誘拐を企てます。
とても面白かったです。中学生の頃って、自分なりに色々考えたり大人でいるつもりだったりするのですが、そういう事を実は見抜かれていたりして。最後の最後で真の真相がわかった時はやられた〜という感じでした。(失踪HOLIDAY)
2作ともとても良い作品だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

角川スニーカー文庫は乙一作品の中でも好きな方なのだ。

2005/09/21 11:37

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前の「あなたにしか聞こえない〜Calling you」でも書いたのだけど、表装だけを見て判断し敬遠したとしたら、あなたは大損する。アニメチックな可愛らしい女の子が表装に描かれた当作品、確かに30後半のおっさんが書店で手にするには勇気がいった。しかし作品は裏切らない。上出来の短編2作が収められている。
乙一の作品の中でも、角川スニーカー文庫の物は好きだったりする。それは多分、グロテスクな部分をほとんど、と言っていいほど削り取っているからではないかなと思う。GOTHに代表される彼の作品には、少なからずグロテスクな死体が描かれたりする。もちろん好みの問題だけど、私は余り好きではない。乙一の魅力はその設定の面白さと、仄かな明かり・暖かさ、のような感覚。そこに尽きると感じているからだ。
「しあわせは仔猫のかたち」、傑作。一人暮らしを始めた大学生、ある日部屋の異変に気が付く。消してあったテレビが点いていたり、カーテンがいつのまにか開いていたり。異変の正体は、何と以前その部屋に住んでいた、少女の霊だった。そして、話は意外な殺人事件の真相へと向かっていく。ホラーでもミステリでもない。すごく切ないけれど、優しい気持ちになれる、そんな作品。

「失踪HOLIDAY」は、14歳の少女の反抗期?を描く。継母とのケンカが昂じて家を出てしまった少女ナオ。家を出たと見せかけて、敷地内の使用人住居に潜んで家族の動揺を見、溜飲を下げようと企む。だが日が経つにつれ話は段々と大きくなり、警察を巻き込んだ営利誘拐にまで発展してしまう。全てナオの計画通りに事は進み、無事家に戻れる、はずだったが。話は意外な結末を迎える。

私的な事で大変申し訳ないが、私も「しあわせは〜」と同じような体験をした事があり、同じような切ない気持ちを感じた事がある。そこに何より驚いた。ブログ記事にしてあるので、トラックバックさせてもらった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スニーカー文庫が悪いわけじゃあない。でも、そのせいでこの本に手をださなかった大人もいたはずだ。それはとっても勿体無い。個人的には「しあわせは子猫のかたち」がいい

2004/11/13 20:04

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

羽住 都のイラストがなんとも可愛らしい250ページにも満たない文庫本である。すこし前に出たこの作品、2004年現在第八刷とあるから、決して売れていないわけではない。乙一が、一種の自選集『失はれる物語』で、ライトノベルとして出ていたからあまり評判にならず、それが残念だから今回、大人の本として編みなおした、見たいなことを言っていたけれど、ご謙遜を、と言いたくなる。

ただし、この本、スニーカー文庫といった若者向けのコーナーにあるものではあるし、ちょっと今時の可愛らしい小学生みたいな女の子がカバーにあるでは、確かに30過ぎたオジサンがカバーを見せながら読むのは、結構勇気がいるよな、とは思うので、評価を、いわゆる本読みと称する人たちから得ようとすれば、ちょっと難しい。

ただし、小説は面白い。『失はれる物語』にも収められた作品、人と付き合うのが苦手なぼくは、伯父の所有する古い家に住むことにした。他人との付き合いを避け、ひっそり暮らすことを願うぼくの前に現れたのは白い子猫。閉めたはずのカーテンがいつの間にやら開けられて「しあわせは子猫のかたち 〜HAPPINESS IS A WARM KITTY」。推理小説としても抜群の出来だろう。

「14歳の冬休み、わたしはいなくなった。大金持ちのひとり娘ナオはママハハとの大喧嘩のすえ、衝動的に家出! こっそりと家族の大騒ぎを監視していたナオだったが、事態は思わぬ方向に転がって……。(中略)きみが抱える痛みに、そっと触れます。」というのが「失踪HOLIDAY しっそう×ホリデイ」。

こちらは、ナオという娘の無責任さ、身勝手さに共感を覚えてしまえば、これほどに面白い物はないだろう、でも、この野放図さが嫌い、とでも思われたら、評価はがた落ちとなる。わたしは、どちらかと言うと後者で、最後までイライラしながら読んだ口だけれど、でも、これもまた推理小説、一種のコンゲーム小説としては、なかなかだよなあ、などと思うのである。

いずれにしても、これがスニーカー文庫であることの得失は、よーく考えた方がいいのでは、角川さんと思う今日この頃である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

疑似家族。各々の旅立ち前の一休み。わけあたえない、そっとよりそう。

2003/10/31 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

■ 彼女の写真には、町の人の笑顔や、喜びの一瞬が切り取られていた。
■ 人々の幸福感があふれてくるような写真だった。そういったものを
■ 撮ることができたのは、彼女の感覚がその方向に向けられていたからに
■ 違いない。光を正視することのできる人だったのだろう。
■ ぼくとは、大違いだ。
■(——P014・「しあわせは子猫のかたち」)

一人になりたくて、そのまま消えてしまいたくて、選んだ大学は遠方。
新しい街、新しい暮らし。新しい部屋には「家具」「猫」「幽霊」完備。
—— 一人になれない新生活。

ぼくと子猫、幽霊の共同生活。涙より、悪戯が似合う疑似家族。

学校も家庭もなじめない「ぼく」は、途方に暮れている。
身につまされる違和感。身の置き所も無い、いたたまれない。

なじめないから辛いんじゃない。

「ぼく」から見た「普通の人々」が生きる、光に満ちた世界は
とても美しくて、憧れて、手を伸ばし続けても届かない断絶。

美しさは理解できるのに、その光の輪の中に入っていきたいのに
果たせない。だからもどかしい、それが辛い。普遍的な悲しみ。

実は、程度の差はあれ、「普通の人々」の誰もがそれぞれの世界で
この悲しみと折り合いをつけていることを、「ぼく」はまだ知らない。

静かな共同生活は、折り合いをつけるまでもなく、既に
受け入れられていると知るための時間。優しい奇蹟に触れる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

居場所を探す女の子の物語

2003/03/12 20:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikan - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初、本屋で見たときは、羽住先生の絵を見て気に入って買いました。乙一先生の本を読むのは初めてで、最初はホラーだと聞いていたので、こわいのかなと思っていたけど、「怖い」というより「感動」のほうがおおきかったです。「しあわせは子猫のかたち」は、設定は少し怖い感じがしましたが、雪村のやさしさが伝わってきました。本編は、ナオの気持ちや緊張したところが言葉を通じてすごくつたわってきました。意外な結末もすごくおどろきました。これから、乙一先生のほかの作品もぜひ読みたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『切なさ』と『愛しさ』の顕在を感じさせる…

2003/03/05 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Aki - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまの自分はどれだけ小さい視野を持って生きているかが作品の共通した所です。

自分の生きている事にそれに関わる人々が自分をどれほど愛してくれているのか…それに言いようの無い不安や焦燥感、憤りを感じる事しか出来ないでいるという誰もが味わうであろうその一ページが描かれていた。
それは決してだいそれた出来事ではなく日常にちりばめられたほんの小さな愛おしい出来事が重なり合い、偶然ではなく運命だと思わせて欲しくなるような暖かな出来事の中にそう言った気持が少しだけ氷解するような…そんな感覚をうけます。

自分の世界感のみを感じ生きて行く人生ではなく自分と他者との接点を見極め、自分の居場所を見付け出す事…それは決して知らない新しい世界を模索すると言うことではなく今ある自分の心の中に安らげるゆとりを、愛おしむべき存在を見付け出すことにある。
そんな自分自身との戦いの中で本当の存在意義と言うモノを見い出す事が出来た時…それが自分の至福の時であると私は思っています。
この本が小さな一歩を踏み出すきっかけの一つになってくれたらいいな、と思う作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かなり気になる作家・乙一

2002/11/20 23:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yaeba - この投稿者のレビュー一覧を見る

「乙一」という名前を初めて本屋で見つけたとき、なんとなく気になった。
「誰だこれ?」プロフィールを立ち読みした。

——1978年生まれ、『夏と花火と私の死体』で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を17歳で受賞、衝撃のデビュー。現代日本ホラー小説界の若き俊英として注目を集めている——

1978年生まれか……。読むか読むまいか、悩む。
『夏と花火と私の死体』のあとがき(小野不由美さんによる)を読んでみる。

——氏は明らかに非凡だ。にもかかわらず氏は、きわめて凡庸な小市民の、日常的な感性の発露としか思えない表現をすることがある……非日常のくせに、極めて日常的、その日常的な表現がものすごく「浮く」。忘れがたく突出する——

小野不由美さんがその才能をベタ褒めしている。
そして、本屋のPOPには「切なさの達人・乙一」とある。
ああ、これは読むしかない、と購入を決意(スニーカー文庫なので、レジに持っていくのをややためらう)。

読んでみて…購入正解。

冷静な視点で、悲しく静かな、それでいてあたたかな世界が描かれている。
さみしい人間がたくさん出てくるけれど、だからこそ感じられる人のあたたかさもたくさん出てくる。当書には2編おさめられているが、私は「しあわせは子猫のかたち」の方が好き。ぬくもりを感じ取れる話だから。

他の作品もいくつか読んでみたが、それぞれストーリーは違っていても共通したテーマが存在する。死んだ人と生きている人。あっちの世界とこっちの世界。狂気と日常。犯罪といたずら。孤独と幸せ。さみしさとあたたかさ。

人は皆弱い部分をもっている。乙一はそれを認めた上で、悲しみや寂しさをも美しく描く。美しい作品だけれどきれいごとではなく、きちんと現実を見つめている。だからこそ、共感者が多いのだろう。若いけれど独特な世界を描ける人。

本人によるあとがきも面白かったので、エッセイが出たら、必ず読みたい。
かなり気になる作家である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幽霊と同居!?

2002/02/28 20:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TAIRA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「しあわせは子猫のかたち」「失踪HOLIDAY」の2作収録。どちらも面白いけど、私的には前者の方が好き。
 「しあわせは〜」は、孤独な男の子が一人きりになりたくて一人暮らしを初めたのだけれど、引っ越した先の前の住人が幽霊となって今だ住みついていた。というお話。
 ホラーみたいに怖くなくて、どちらかと言うとほのぼの系。朝起きたらいつのまにか朝食が出来ていたり、雨に濡れて帰るとタオルが出してあったり…。孤独だと思って自分の殻に閉じこもっていた男の子は、その無言のコミュニケーションに幸せを感じるようになってくる。元気が出てくる物語。でも、最後の方は乙一氏らしい以外な展開に…。

 「失踪〜」は、大金持ちのお嬢様、ナオが狂言誘拐を企てる。使用人のクニコに協力させ、脅迫文を自分の家に届けたまではいいけれど、何だかどんどん大騒ぎに…。ちょっと驚かそうと思っていただけなのに、今や後戻り出来ない状況。これはもうやるしかない! とナオは自分自身の誘拐劇を演じきる決心を固める。
 こちらも最後はどんでん返し。いいのかなこれで? とちょっと思ってしまうが、みんな幸せそうなので良しとする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

照射する世界

2001/02/05 14:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:seimei - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初めて読んだ方なのですが、等身大の優しさの体温を持った物語を紡げる方なんだなと、読んでいてとても嬉しく思いました。
 人の様々な孤独を、想いを世界にひっそりと照射することの出来る作風はとても好感が持てます。世界とほんの少しでもコミュニケーションをとっていこう、前に進んでみよう。孤独な魂にそう想いを植え付けてくれる作品だと思います。
 これからも追っていきたい作家ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/20 18:04

投稿元:ブクログ

「しあわせは〜」は最高。優しいお話。
本当に心が温まります。
「疾走〜」は最後が惜しい。途中までよく進んでいただけに残念。

2006/02/26 22:54

投稿元:ブクログ

「失踪HOLIDAY」は、話があれれれれ…と逸れていって、どこへ行くのだ…??という感じが面白かったです。図太くてジャイアニズムのあふるる女の子が主人公だったので、ごり押しで事態が収集するのかと思っていたのですが…。えええ??

2004/10/02 09:13

投稿元:ブクログ

表題作の「失踪HOLYDAY」。
主人公のナオちゃんとメイドのクニコとのやり取りが微笑ましい。
「しあわせは子猫のかたち」は、心温まるミステリだけど良い話。

2004/10/09 20:43

投稿元:ブクログ

『失踪HOLIDAY』は正直あまり好きではないけれど、初めて乙一を読む方にはもう一編の『しあわせは子猫のかたち』をお薦めします。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む