サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.12
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社文庫
  • サイズ:16cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-03027-8
文庫

紙の本

火の接吻 キス・オブ・ファイア (扶桑社文庫 昭和ミステリ秘宝)

著者 戸川 昌子 (著)

火の接吻 キス・オブ・ファイア (扶桑社文庫 昭和ミステリ秘宝)

税込 734 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

執拗などんでん返しに翻弄される

2001/03/06 16:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がくし - この投稿者のレビュー一覧を見る

 たとえば戦前くらい昔の小説になると、もう別の世界を舞台にした小説であるかのような気になって楽しく読むことが出来るのだが、昭和の後期くらい時代が近い小説だと、言葉や生活習慣が微妙に違うことに妙な感覚を憶えてしまうことがよくある。この作品で言えば、女性の言葉遣いとかも、いま書かれたものとして読むと相当ヘンである。そう考えると、この時期の小説はもともとハンデを背負っているといえなくない。しかし、それを差し引いてもこの作品はきわめて面白い。
 保険会社の創始者の孫、連続放火事件を追う刑事、非番の日だというのに恋人の元を抜け出しこっそりとパトロールに回る消防士。三つの視点で物語は語られる作品だが、とにかくめまぐるしい。互いに探り合う三人の駆け引き、そして、過去の画家焼死事件がそれに絡んで実にトリッキーな展開を見せる。
 そして、ラストのどんでん返し——、かなりページが残っている状態で物語が終わりそうになったかと思うとさらに裏が現れてくる。中には無理のある展開もあるが、この中にあってはあまり気にならず、一気に読まされてしまう。これは、加点法で評価した方が面白いタイプのミステリだ。
 元版は1984年とそれほど古いものではないが、すでに絶版になって、今回の扶桑社文庫昭和ミステリ秘宝シリーズとして、初めて文庫化されたことになる。良い作品が埋もれるのには、たいした時間を必要としないのだろう。この作品を掘り起こして、再評価の機会を与えてくれた日下三蔵氏に感謝したいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。