サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ライトノベルの通販
  4. 女性向けの通販
  5. 新書館の通販
  6. 東京BABYLON A save for Tokyo city story 4の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.1
  • 出版社: 新書館
  • サイズ:16cm/204p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-403-50029-9
文庫

紙の本

東京BABYLON A save for Tokyo city story 4 (ウィングス文庫 Wings comics bunko)

著者 Clamp (著)

東京BABYLON A save for Tokyo city story 4 (ウィングス文庫 Wings comics bunko)

税込 660 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

北都ちゃんの命と術を狙い始める星史郎

2015/12/14 23:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星月夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレの感想になります。

この巻から、星史郎と昴流の別れが仄見えてくる。
BOXで、北都ちゃんに「昴流を毒牙にかけるチャンスだったのに」と言われ、
「昴流くんを泣かせて北都ちゃんに殺されたくないですからね」と返す星史郎。
その言葉を聞いて、勘の鋭い北都ちゃんは、訝しげに首をかしげる。
この時の星史郎はもう、北都ちゃんの術を狙っている。
北都ちゃんには自分を殺す術があるのですね…と、確信を持って伝えている。
「星史郎ちゃんと『別れても好きな人』をデュエットしなさい!!」と言う北都ちゃんが切ない。
最終巻の二人の別れを、そして、自分が最期の術をかける結末を、BOXの時に予感していたのかもしれない。

REBIRTHでの星史郎はもう「僕の愛する昴流くん」になっている。
昴流を「気持ちが『真白』すぎて きっといつか『心』が破れて死んじゃうって」と心配する北都ちゃん。
それを聞いた星史郎は、
「『優しい人』に『真白』な心 僕には一番縁のないものですね
そろそろ『賭』の最終期日も近いようですね 昴流くん」
その弟想いの優しさに、星史郎は、自分が殺される道を託したのだろう。

昴流の心を『真白』と表現するのは、一巻のDESTINYで星史郎が語る、桜の色と掛けているのだろう。
「桜の花びらはね 本当は白いんですよ 雪みたいに 真っ白なんです」
昴流が桜塚護を継いで、陰陽術を使った暗殺業を終わらせれば、
昴流の『綺麗』な『心』のように、『真白』な『桜』の咲く未来が訪れるのだろうか。

勇弥くんに腎臓をあげようと悩む昴流に、
「北都ちゃんより先に亡くなったら 北都ちゃんが怒り狂うと思いますよ」と言う星史郎は、
昴流を殺す意志などない。北都ちゃんを殺し、昴流に復讐されて殺される道をもう模索している。
SECRET以降、星史郎は自分が消える『賭』を選んでいる。
どう行動すれば、昴流が自分に引導を渡す筋書きになるのか、策略を練る星史郎が、REBIRTHで描かれる。
そして、昴流を庇って、右目まで失明してしまう。
事件をきっかけに、昴流は星史郎への気持ちを自覚するようになるが、
失明してまで庇った星史郎は、最初から昴流を愛する自覚があっただろう。
鈍感なのは昴流のほうだった。
この右目を失明する筋は、Xでの二人の決着に繋がっている。

NEWSは三人の名言が光る、好きな短編。
暗殺を重ねてきた星史郎の左手を握って、ごめんなさいと謝る昴流。
北都ちゃんに三人分の紅茶を見せる星史郎の態度から、
北都ちゃんを殺すであろう『賭』を選びながらも、三人で一緒に過ごしたかった気持ちが伝わってくる。
でも、北都ちゃんは勘の良さから、
『昴流をどこか遠くに連れて行かないで』と、星史郎の取る結末に勘付いている。
昴流の心が攫われることを、直感で感じているのだろう。
エンゼルクリームって何だろう。
昴流が天使に見える星史郎にとって、昴流の『綺麗』な『心』を指しているのだろうか。

「TVや新聞は『みんな』じゃないんだよ
『ニュース』がそう言っているからって
勇弥くんもそう思う必要はないんだ」
「『みんな』なんかいないんだよ
僕たちはそれぞれ別の人なんだ
勇弥くんは勇弥くん自身で考えて判断していいんだよ」
昴流の名言。

北都ちゃんがマスコミに怒って言うセリフも名言。
「『誰かと同じ』苦しみなんかあるわけないじゃない!
みんなそれぞれ違う悩みや苦しみを抱えているのよ
ひとつだって『同じ』じゃないわ」

そんな皇兄弟に、星史郎は決着をつけてしまう。
自分の命を『賭(と)』して桜塚護を終わらせようと。愛する昴流君の為に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/15 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/05 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/02 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。