サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

招き猫博覧会
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.1
  • 出版社: 白石書店
  • サイズ:22cm/112p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7866-3023-3
  • 国内送料無料

紙の本

招き猫博覧会 (パレットブックス)

著者 荒川 千尋 (著),板東 寛司 (著)

片手をちょこんと挙げて手招きする猫の置物・招き猫は、日本独特の縁起物の1つ。常滑系変種図鑑、東西対決招き猫のルーツ、コレクターのお宅拝見など、ただ福を招いてくれるだけでは...

もっと見る

招き猫博覧会 (パレットブックス)

2,037(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

片手をちょこんと挙げて手招きする猫の置物・招き猫は、日本独特の縁起物の1つ。常滑系変種図鑑、東西対決招き猫のルーツ、コレクターのお宅拝見など、ただ福を招いてくれるだけではない、招き猫の魅力や楽しみ方を紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

荒川 千尋

略歴
〈荒川千尋〉1959年福井県生まれ。フリーライター。夫である板東と共に「日本招猫倶楽部」設立。
〈板東寛司〉1950年神戸市生まれ。現在は猫専門のカメラマン、キャトグラファーを自称。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/12/09 18:00

投稿元:ブクログ

片手をちょこんと挙げて手招きする猫の置物・招き猫は、日本独特の縁起物の1つ。
常滑系変種図鑑、東西対決招き猫のルーツ、コレクターのお宅拝見など、ただ福を招いて
くれるだけではない、招き猫の魅力や楽しみ方を紹介

2007/05/08 22:47

投稿元:ブクログ

片手をちょこんと挙げて手招きする猫の置物・招き猫は、日本独特の縁起物の1つ。常滑系変種図鑑、東西対決招き猫のルーツ、コレクターのお宅拝見など、ただ福を招いてくれるだけではない、招き猫の魅力や楽しみ方を紹介。

2012/11/14 17:37

投稿元:ブクログ

びっしりと隙間なく並ぶ裏表紙の招き猫に圧倒されて、手に取りました。
招き猫といったら、片手に小判、片手を上げた白猫を思い浮かべますが、それだけではなく世間には様々な招き猫がいることを知りました。

そもそもの由来は豪徳寺と今戸神社にあるということ。
フォルムのかわいらしさと、メッセージ性のわかりやすさで人々に愛され、日本の高度成長期時代に常滑焼の招き猫が全国制覇したということ。
福助のように江戸時代からあったものかと思っていましたが、市民権を得たのはつい最近でした。
イメージ的に、関西の商人からの強い支持を受けていそうですが、発端が江戸ということもあり、関西よりは関東で人気が高い福の神だそうです。

さまざまな派生形が紹介されています。
小判ではなく、そろばんを持っているものや、ダルマを抱えているものなど。
常滑焼の狸や福助と一緒になっている、ペア人形には驚きましたが、さらに七福神を背負っている猫もいました。
めでたすぎです。

日本各地域別の人形も、細かく掲載されていました。
伝統人形の製法で招き猫を作った形になりますが、素材もデザインもそれぞれに違い、並べてみるとバラエティの豊かさを感じます。

海外でも人気で、実際に作られているそう。
特にアイルランド猫がかわいくて、欲しくなりました。

もちろんながらコアなコレクターも多いということで、黒猫の招き猫を収集しているという東郷元帥のお孫さんがインタビューに応じていました。
コレクションが多くて黒猫部屋を作ったとのこと。そのうちカフェにするかもしれないそうな。

西落合の自性院には秘蔵仏として猫面地蔵が安置されているとのことで、いつかお参りに行きたいものです。
かわいいだけではない、招き猫のいざなう深い世界を垣間見ることができました。

2011/08/06 22:53

投稿元:ブクログ

招き猫の基本的な事ならだいたい書いてある本。日本の玩具、もしくは猫好きな人ならおそらくどの人も楽しめるであろうと思われる。