サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ライトノベルの通販
  4. 男性向けの通販
  5. 角川書店の通販
  6. 角川スニーカー文庫の通販
  7. スタートレックディープ・スペース・ナイン 5 究極のゲームの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

スタートレックディープ・スペース・ナイン 5 究極のゲーム (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 丹羽 正之 (訳),岸川 靖 (監修),S.スコフィールド (著)

スタートレックディープ・スペース・ナイン 5 究極のゲーム (角川文庫 角川スニーカー文庫)

税込 713 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

宇宙ステーションの密室劇

2002/02/27 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キイスミアキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 テレビドラマ『スタートレック』『新スタートレック』に引き続いて制作された第三のシリーズ『スタートレック ディープ・スペース・ナイン』のエピソードをノベライズ。
 
 宇宙ステーションDS9で星域最大のポーカー大会を開く──フェレンギ人のクワークは、エンタープライズの副長ライカーをはじめとする名うてのギャンブラーたちを一堂に集め、大金を賭けさせることで自分の店が潤ういつもの《大儲け》を企てていた。ところがそんな中、正体不明の攻撃をDS9が受け、一時的に照明がダウン、その間に参加者の一人が殺害されてしまう。大会が終わるまで死体を隠そうとしたクワークだったが、扉の開いた先には保安主任の姿が……。
 謎の衝撃波、ギャンブラーの中に潜む殺人犯、さらには対立する種族同士がDS9を挟んで戦闘を開始しようとしている。シスコ司令官たちはこの危機を乗り越えることが出来るのか?
 
 
 多くの人々に愛され、それを愛する人々の熱狂が時には嘲笑の対象ともなる、偉大なSFシリーズ『スタートレック』。それなりに厳密な科学的根拠や推測に基づいて構築された世界観を持ちながらも、ハードなSFとしてではなく、宇宙船を舞台としたファミリードラマとも言うべき作品となっているところが最大の魅力。『大草原の小さな家』みたいなものなのだ。
 
 『ディープ・スペース・9』というシリーズは、前シリーズなどに比べても、一つのファミリーが苦難を共にするという構図がより鮮明となっている。舞台が宇宙空間を自由に飛び交う宇宙船ではなく、ただ漂う宇宙ステーションであるため、多くの種族が訪れる渾沌とした街であり、ステーションで働く人間たちにとっては一つの大きな家となっているためだ。
 
 そのような設定の中、本作ではスタートレックシリーズでは伝統的に珍しくはないミステリ的な趣向が盛り込まれている。ステーション全体が衝撃波によるダメージを受け、環境システムに影響が出てポーカー大会の会場では照明が消えて暗闇に、その間を利用して人が殺され殺人犯は再び自分のテーブルに戻って知らぬ顔。
 
 さらには、ポーカー大会の主催者が金もうけの専門家であったために、クライグ・ライスの傑作ばりに死体を隠そうと行動してしまい、極め付けにはその現場を彼にとっては天敵である保安主任に見つかってしまうという徹底ぶり。
 
 スタートレックだからといって侮る事なかれ。宇宙ステーションという《離れ小島》で、さらにはコンピューターに制御された《密室》を舞台に実行される殺人と、とても本格ミステリっぽいのだ。
 
 そして、ポーカー大会の会場にはコンピューターで管理された扉しかなく、出入りした人間は完璧に把握され、犯人は会場内に留まっていることが確認されている中、保安主任はポーカー大会に参加することに。ポーカーという心理的なゲームを通して犯人を捜しだすという、ポワロやファイロ・ヴァンスを彷彿とさせる展開までが待っているのだから、このエピソードの脚本を書いた人間は相当にミステリ好きであることは間違いない。
 
 スタートレックに関係する人間に、ミステリ好きが多いことは事実。『新スタートレック』では艦長がハードボイルドの世界をヴァーチャルアリティで楽しみ、アンドロイドがホームズに扮して立体映像のモリアーティと対決している。また、スタートレックの脚本や監督を務めたニコラス・メイヤーは『シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険』とこの続編『ウェストエンドの恐怖』を書いている。気がつけばミステリ好きというよりはホームズ好きか。
 
 
 深刻な危機あり、ファミリードラマあり、ドタバタあり、さらには、ミステリファンとしても密室殺人やトランプゲームを通しての犯人探しが十分に楽しめるなど、雑多な要素がふんだんに盛り込まれたエンターテイメント作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。