サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.1
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/290p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-53393-9

紙の本

ゴミの定理

著者 清水 義範 (著)

日本の深刻な環境問題であるゴミ処理について、ある数学者が独自の数式を用いて、その解決策を提示する。表題作ほか、『週刊小説』に掲載の短編全12作品を収録。【「TRC MAR...

もっと見る

ゴミの定理

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本の深刻な環境問題であるゴミ処理について、ある数学者が独自の数式を用いて、その解決策を提示する。表題作ほか、『週刊小説』に掲載の短編全12作品を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

他小説 7-28
ニュース・ヴァリュー 29-50
ドラマチック・ハイスクール 51-76

著者紹介

清水 義範

略歴
〈清水義範〉1947年愛知県生まれ。88年「国語入試問題必勝法」で吉川英治文学新人賞受賞。パスティーシュをはじめ幅広い小説分野で活躍。著書に「八つの顔を持つ男」「みんな家族」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

定理の言う通り

2001/01/27 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KON太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 おもしろさ12粒が詰まった短編集なんです。
 うちの清水君が、「週刊小説」という名前でありながら2週に1度しか発売しない雑誌で、こつこつと書きためたものをようやく本にすることができました。
 ええ、それはもう、お買い得ですよ。

 まずは表題作の「ゴミの定理」ですね。
 これは、ためになります。ゴミとは何か?から始めて、今後のゴミの行方を不安視したうえで、どのようにしたらゴミが減らせるかを論じた、立派な論文風の小説なのですから。定理というぐらいですから、さまざまな公式が出てきます。G=a×E であって、G×S=1 なのです。これを知らなければ、これからのゴミ問題について語る資格がないっていうぐらい、基本中の基本のゴミの定理なのです。
 これを読んだあなたでしたら、もうゴミについての基礎はバッチリですから、これからは、分別していないゴミを収集日でもない日に出している近所の若いお兄さんに対して、胸をはって注意ができるってもんです。

 え、数式はお嫌いですか? いえいえ、そんな難しいお話じゃないんですが。
 では、こっちのはいかがでしょうか。「鄙根村の歩き方」っていうのがあるんですよ。
「ひなねそん」っていう村なんですが、ご存知でしょか。落窪県にある小さな村なんですが、村人は純朴な人たちで、落ち着いたのんびりした雰囲気を味わえるところなので、一度行ってみてはいかがですか、という小説です。村の沿革から、交通、ことば、宿、ショッピングなどをきめ細かく案内してくれて、実際に旅した人の体験談も紹介してくれます。けっして、何もないひなびた村だなあ、と思ってはいけません。こんな村でもやることはやります。

 まだまだ紹介し足りないのですが、あとは買ってからのお楽しみということで。
 あ、ひとつ言っておきますが、本はきちんと整理整頓して本棚にしまっていますか?
 本をゴミ化させないようにお願いしますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こういうのが私の好きな清水義範のテイストなんです

2001/12/28 17:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は「永遠のジャックアンドベティ」を読んでこの人の本のファンになった。だが最近はパスティーシュからも離れ、小説なんだかエッセイなんだかよくわからない文体が多く、ちょっと離れていた。この本は久しぶりに読んでみたのだが、ちょっとだけ昔っぽくてうれしかった。
 ただものすごくおもしろいかと言われると…。やっぱり昔の方がおもしろかった。私が好きだった清水義範らしさがでてる気がして、きらいじゃないけど…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/27 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/04 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/31 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。