サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゴールド 黄金(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.2
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/548p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-011343-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ゴールド 黄金 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 アイザック・アシモフ (著),嶋田 洋一 (ほか訳)

ゴールド 黄金 (ハヤカワ文庫 SF)

994(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

SFを書くことにまつわる短編とエッセイ集

2001/03/21 18:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アシモフ最後のSF作品集と銘打たれた短編集。第1部はSF短編集ですが、第2部はSFについて、第3部はSF小説の創作技法についての、アシモフ誌初出のエッセイです。
 最初の作品は「作家になりたかったロボットの話」。作品内作品も面白いが、全体として「もの書きのもつ思い、恐怖」などが出ていて興味深いかと思います。第1部では他にも表題作が、SFという形式に対する想いが出ていて興味深いと思います。
 第2部は、SFの基本的な題材や社会的な影響についてのエッセイ。SFのものの考え方を再確認するのに有益かと思います。
 第3部は、SF小説作法と題しまして、実践的な指針や話づくりの考え方などについて書いてあります。自分の詰まっているところ、疑問に思っているところとを年頭に読んでみると、とくに有用です。
 全体として「SFを作ること」についての分厚い一冊となっており、SFものを書いてみたい、遊んでみたい人の参考になると思います。お値段は文庫としては高いですが、548ページありますしね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/01 18:52

投稿元:ブクログ

 「ロボット三原則」を考案した、アイ・ロボットの原作者。今も、全世界のSF関係者に絶大なる影響を与え続けている、アイザック・アシモフの最後の作品集です。
 ある作家の家で働くロボット「キャル」は、主人と同じように小説を書いてみたいと願うようになる。キャルの申し出を快諾した主人は、小説を書けるようにキャルを改造するが…。ブラックユーモアの「キャル」がオススメ。

※)「ロボット三原則」
1.ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
2.ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
3.ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

2009/01/25 18:13

投稿元:ブクログ

ロボットものの短編「キャル」で、キャルが書いた3作目の小説が小悪魔アザゼルだったことに吹き出しました。
アシモフの小悪魔アザセルものって、全部キャルが書いたのかな?(笑)
表題作の「ゴールド」は、読み応えはあったものの、映像イメージを浮かべるのが困難でした。
アシモフの有名な作品は長編が多いのですが、短編集もなかなか楽しいです。

2010/11/20 19:51

投稿元:ブクログ

久々に読んだアシモフ。
やっぱり好きだなぁと思いました。
好きなはずなのに長編はほとんど読んだことがなくて、せっかくのエッセイ部分が意味が飲み込めないところがあったのが残念。
そろそろSFにどっぷり浸りたいと思っていたので、来年はアシモフの長編シリーズに手を出してみようかな。

2015/05/23 14:26

投稿元:ブクログ

ヒューゴー賞受賞の表題作をはじめ、いくつかの短篇が収録される本書ですが、本の半分以上はアシモフ自身のエッセイで占められます。このエッセイがまぁ実におもしろい。
SF界の巨匠アシモフがSFについて、SF小説の技法について、ときには自身の作品について色々語ってくれます。アシモフは誰もが認める作家なのだから、尊大な態度があっても決しておかしくないのだけど、これがまた適度な謙虚さを保っていて好感。かといって、まったくの聖人君子というわけではなく、隠しきれない尊大さがあるところも可愛らしい。
エッセイ自体も、時折思わず笑いが漏れてしまうぐらいユーモアに富んでいて、素直におもしろい。いやぁ、やっぱりアシモフは読ませる力があるなぁ。

前半の小説自体は、正直可もなく不可もなくって感想なのですが、後半のエッセイがただただ面白く、そして人間味溢れるアシモフの姿が垣間見られて、なんだか彼の作品だけでなく、彼自身も好きになってしまう一冊でした。

2012/07/25 18:51

投稿元:ブクログ

アシモフの短編小説とエッセイからなる“アシモフ・ア・ラ・カルト”。小説は巻頭の短編以外今ひとつ。エッセイは多分、他の作品を知っていた方が面白い。これを“アシモフ入門書として最適”というのは無理がある。

2016/10/21 00:05

投稿元:ブクログ

短編集というよりもエッセイ集に近いが、アイザック・アシモフを知る上でなかなか興味深かったです。出版社の意図するところがあるのでしょうが、手に取るのをためらうような古めかしさの表紙絵でした。

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む