サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経済の通販
  5. 東京大学出版会の通販
  6. グローバリゼーションと国民経済の選択の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グローバリゼーションと国民経済の選択
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.1
  • 出版社: 東京大学出版会
  • サイズ:22cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-13-040175-0
  • 国内送料無料

紙の本

グローバリゼーションと国民経済の選択

著者 秋元 英一 (編)

グローバル化が進行する中で、当面の政策課題に対してひとつの国民、あるいは国民経済としてどう対応するか、という問いへの参照資料の役割を担う論文集。歴史のある時点における「選...

もっと見る

グローバリゼーションと国民経済の選択

4,860(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

グローバル化が進行する中で、当面の政策課題に対してひとつの国民、あるいは国民経済としてどう対応するか、という問いへの参照資料の役割を担う論文集。歴史のある時点における「選択」を重視した、経済史研究からの発言。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

グローバリゼーションの歴史的文脈 秋元英一 著 1-70
ポンドの衰退とイギリス国民経済の選択 金井雄一 著 71-100
戦後再建期の国際決済銀行 矢後和彦 著 101-130

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

経済のグローバル化の歴史的経緯を記し,欧州各国が歩んだ道程を検証。また,国民への影響も論じる

2001/04/24 15:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:吉野 智之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今日の経済を考える際,歴史的な視点が不可欠となる。経済政策,ことに産業政策を議論する場合には,この過去の経緯をひもとくことが必要となる。関連書籍が何冊か出版されているが,本書は,グローバリゼーションをキーワードとし,その際,各国が採用した政策,国民生活への影響を分析した専門書。欧州諸国が歩んできた道程,また,欧州に支配されていたアフリカ諸国が独立し,その後の経済状況を概観し,グローバル化を軸とした国家間の関係,各業界の対応,個人ベースにおける行動様式などを切り取っている。
 8章構成で,まず,グローバリゼーションの歴史的な経緯を眺め,マーシャル・プラン,国際金融市場,企業経営の変化,アメリカの台頭などを記す。以下の章では具体的な事項が展開され,ポンドの衰退に伴うイギリスの国際社会での位置付け,ヨーロッパ経済共同体の先見事例であるヨーロッパ石炭鉄鋼共同体による市場統合の意義,1950年代の西ドイツの貿易構造,国際決済銀行(BIS)の役割,タンザニア経済の軌跡などに触れる。
(C) ブックレビュー社 2000-2001

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国経済・世界経済 ランキング

外国経済・世界経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む