サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2020年年間ランキング  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 72件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/01/16
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波現代文庫
  • サイズ:15cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-602031-7
文庫

紙の本

鏡のなかの鏡 迷宮 (岩波現代文庫 文芸)

著者 ミヒャエル・エンデ (著),丘沢 静也 (訳)

鏡のなかの鏡 迷宮 (岩波現代文庫 文芸)

税込 1,276 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー72件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

ゼロよりも無いもの

2005/06/03 03:18

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:suguzr - この投稿者のレビュー一覧を見る

デジタル情報は、0と1、無と有の二つだけで成り立っている。ホントに? 0と1すら無い、「0よりも無い」、定義されていない部分があるはず。その部分は0と1の、情報を持っている部分より遥かに広く、無定義だからこそ無限の可能性を持っている。しかしそこは情報ではない。ゆえに知覚出来ない=存在しない。……矛盾していますね。
その「0よりも無い」、本当は書けないはずの部分(書き表した時点で無くなくなってしまうから)を書いたのがこの{鏡の中の鏡 —迷宮—}です。……既に矛盾してるけど。
書評サイト「積書生活」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鏡の中の鏡、エンデ父子の競作

2001/06/21 23:39

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いぐあな - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『はてしない物語』のエンデが、シュールレアリズム画家である父親、エドガーエンデの絵画作品をモチーフに描き出す、断片的な数々の物語です。
 静かで、不条理な世界にからめ取られている登場人物たちは、ほとんど感情を表さないのですが、私たちの心の奥底にある不安や、畏れや、孤独の代弁者のように思えてきます。
 『モモ』『はてしない物語』の中で、エンデはファンタジーの力について説いていますが、それはどこか客体としてのものでした。本書では、ファンタジーの本当の力、背後に広がる闇そのものが描き出されています。それはエドガー、ミヒャエルの父子二代の間だけではなく、私たち誰もの内面世界をつなぐ絶対的無意識の世界です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エンデの

2019/04/21 13:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

3大作品の一つだそうだが、この作品だけ知らなかったので、是非読んでみたい。
ファンタジーは入り口が肝心な気がするが、私はこの本は入っていけそうな気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意識の迷宮

2002/01/04 02:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『はてしない物語』や『モモ』でエンデに親しんだ人は、この本には驚くのではないだろうか。大人のためのシュールな幻想の世界である。

 エンデの父、シュールレアリズムの画家であるエトガル・エンデの絵をモチーフに、長短30の連作短篇が織りなされる。それぞれの物語は、必ずしも頭も尻尾もある完結した物語ではない。不条理で、やさしく、奇怪で、美しく、心騒がせる、どこかで見た/体験したような、そう、まるで悪夢の断片のような、不思議なイメージの数々
である。

 ただ、いささか教訓めいているというか、云わんとするところが露骨すぎて物語の骨格が透けて見えてしまっているというか、そんなところもあって、少々興ざめする向きもあるかもしれない。もっとも、それゆえ物語を読み解く楽しみもある。こういうのが大好きな人と、あくびをしてしまう人に大別されるように思う。まあ、エンデが好きなら、読んでみるとよいでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーん、わからん!笑

2015/05/30 16:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とと - この投稿者のレビュー一覧を見る

もう、世界観が独特すぎて、途中で何度も降参しそうになった。全部を初読で理解することは難しいけれど、部分部分で、じーんとする文章がある。気軽な気持ちで読んでみて、わからない部分は飛ばし読みで読む感じが、いちばんいいと思います(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/23 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/07 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/28 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/18 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/28 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/05 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/04 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/12 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/22 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/19 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。