サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくとオペラハウス
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
絵本

紙の本

ぼくとオペラハウス

著者 アンドレア・ホイヤー (絵・文),宮原 峠子 (訳)

祖父に連れられて初めてオペラを観た僕。すっかり気に入ってしまいます。祖父はオペラハウスの舞台美術家で、舞台裏ではどんな事が起きているか、隅々まで僕に教えてくれます。99年...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

祖父に連れられて初めてオペラを観た僕。すっかり気に入ってしまいます。祖父はオペラハウスの舞台美術家で、舞台裏ではどんな事が起きているか、隅々まで僕に教えてくれます。99年ドイツ音楽出版賞受賞。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アンドレア・ホイヤー

略歴
〈ホイヤー〉1967年ベルリン生まれ。ベルリン芸術大学でグラフィックデザインを学ぶ。ベルリン在住のイラストレーター。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

舞台裏の熱気を楽しもう!

2002/01/14 08:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まーしゃ@B◎◎KRACK - この投稿者のレビュー一覧を見る

 オペラハウスの舞台裏を紹介している絵本です。

 おじいちゃんに連れられ、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」を見に行ったぼく。舞台を楽しみ、幕間にはおじいちゃんに舞台の小物についてのレクチャーを受け、明日は舞台裏をみせてもらう約束をしました。実はおじいちゃんは、半年前まで舞台美術家だったのです…。
 元舞台美術家のおじいちゃんに案内され、オペラの舞台裏をのぞける絵本です。臨場感たっぷりにオペラを、そして舞台裏を楽しむことができます。巨大な岩のかたまり(実は発砲スチロール製)や数え切れないほどたくさんの、いろいろな種類の衣装。舞台装置をつくる際の模型。うすい布に描かれた背景。舞台の真下の奈落の、床を支える何本もの鉄柱…。舞台監督さん。照明さん。演出家。音声さん。事務の人。広報の人。おおぜいのバレエダンサー。衣装さん。小道具さん…。たくさんのもの、たくさんの人たちの力が集まって、ひとつのオペラができあがっているのだな、と実感します。

 絵はマンガっぽいですが、細かいところまで描き込まれているので、じっくり楽しめます。小物好きにはたまりません。
 開演前のわくわくするかんじ、舞台がはじまってからの魅きつけられるかんじ、舞台裏の熱気が伝わってきます。ちょっとのぞきたい気持ちを満足させてくれる本です。

【B◎◎KRACK】 No.106 2001/10/31発行

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

舞台美術家だったおじいちゃんが孫をオペラハウスの裏側へ案内します。

2001/03/02 19:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杜若 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 舞台裏ってどこか謎めいてますよね。
 舞台美術家だったおじいちゃんが孫をオペラハウスの裏側へ案内します。わたしたちも一緒についていきましょう。

 クリスマスも近いある日、ぼくは、おじいちゃんに初めてオペラに連れていってもらい
ました。演目はエンゲルベルト・フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」。
 次の日おじいちゃんはオペラハウスの舞台裏を案内してくれました。
 そこは非日常の世界。魔女役をやった人はがっちりした男の人だし、巨大な石のかたまりは軽々持ち上がる発砲スチロール、そして、ゆうべこわれたはずの“つぼ”も元通り!
 そこはまた、様々な仕事と大勢の人に支えられている世界でもあります。
 どんな人がどんな仕事をしているのでしょう?
 舞台稽古でのライトや音声のテストの様子、けいこ場でのバレエの練習、衣装べや、そしておじいちゃんが半年前までいた舞台装置をつくるアトリエなど様々な仕事があり、大勢の人が力を合わせてオペラを作っていくことがわかります。
 舞台の裏側(オペラハウスの裏側)を紹介した絵本ですが、オペラの開演直前の客席のざわめき、序曲による期待感の高まりなども伝わってきます。
 1999年ドイツ音楽出版賞受賞作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国の絵本 ランキング

外国の絵本のランキングをご紹介します外国の絵本 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。