サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2001.1
  • 出版社: あかね書房
  • サイズ:28cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-251-00928-2
絵本

紙の本

Oじいさんのチェロ (あかね・新えほんシリーズ)

著者 ジェーン・カトラー (作),グレッグ・コーチ (絵),タケカワ ユキヒデ (訳)

戦争にまきこまれた街にいるのは子供と女性、老人と病人たちだけ。こわい思いをしていると、いつも「オー」っておこるO(オー)じいさんがチェロを弾いてくれたの。生きてく勇気をも...

もっと見る

Oじいさんのチェロ (あかね・新えほんシリーズ)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あかね・新えほんシリーズ 第1期 8巻セット

  • 税込価格:11,990109pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦争にまきこまれた街にいるのは子供と女性、老人と病人たちだけ。こわい思いをしていると、いつも「オー」っておこるO(オー)じいさんがチェロを弾いてくれたの。生きてく勇気をもらったみたい。ところがある日、爆弾が…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジェーン・カトラー

略歴
〈コーチ〉ニューヨーク在住のイラストレーター。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

音楽は生きる勇気をくれる

2002/08/29 01:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 戦争にまきこまれ、子どもと女の人と老人と病人だけになってしまった町。
 同じアパートに住む「Oじいさん」は、いつも「オー!」と怒るので、子どもたちからきらわれています。
 ある日、救援トラックの来る広場にロケット弾が落ちて怪我人が出、救援トラックを待つ楽しみさえ奪われてしまいました。
 1週間後、広場の真ん中にイスを持ち出してチェロを弾き始めたOじいさん。
 それから、毎日チェロを弾くじいさんでしたが、やがてそのチェロも爆発とともに消えることに…。


 夢も希望も失ったような町の一角で、チェロを弾くOじいさん。
 音楽は生きる勇気をくれる、というメッセージがこめられた絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

Oじいさんのチェロに生きる勇気をもらった女の子のおはなし。

2001/03/02 18:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Misa - この投稿者のレビュー一覧を見る

♯:ねえ、表紙の絵のなかで、チェロを弾いている老紳士、この人が‘Oじいさん’なんでしょ?‘Oじいさん’の‘O’って何か意味があるの?
♭:ハハハ、当てたらスゴイ!じ・つ・は・・・「オー、うるさいぞ!このガキ」の‘オー(O)’。この老紳士、アパートで走り回る子ども達にそう怒鳴るのよ。
♯:ま、たしかに、かなり神経質で偏屈者のようではある。それにしても、このおじいさんの弾くチェロの音色に聴き入る女の子の表情のなんと幸せそうなこと!どんなおはなしが始まるかとワクワクしちゃう。
♭:う〜ん、でもこの絵本、実は、戦争下にある町に住んでいる女の子のおはなしなの。
 女の子の町は戦争にまき込まれて、町に残っているのは子どもと、女の人と、老人と病気の人たちだけ。とてもこわいおもいをしている。毎週水曜日の4時に町の広場に救援トラックがやってくる。その時はみんな集まってくるから、まるでパーティーみたいだった。でも、その広場もトラックも、ある日、敵の爆弾でやられてしまう。それから1週間後。焼野原の広場のまん中で、Oじいさんはコンサート衣装を着て、チェロを弾きはじめた。力強くて、元気が出てくるタイプの音色。曲は「バッハ」。Oじいさんの演奏を聴いていると、起こっていることや怖がっていることをわすれて、生きる勇気がわいてくる・・・
 おはなしは、まだ先があるんだけど、このくらいにしておくね。
♯:ふ〜ん、あの表紙の表情はそういうことだったんだ。ところで、訳は、タケカワユキヒデ。その昔「ゴダイゴ」のボーカルやってたよね。今は一男四女のパパ。1999年にはベストファーザー賞を受賞。カンケイないか、ごめんミーハーで!
♭:いえいえ、ミーハー大いにけっこう!女の子のモノローグで話はすすんでいくけれど、まるで知り合いの女の子から話を聞いているよう。戦争のむごさ、無意味さ、人にたいするやさしさ、音楽の力のすごさなどが、無理なく伝わってくる。
♯:ところで、このおはなしの中では、もう戦争は終わったの?
♭:いえ、まだ終わってないの。戦争が終わり、平和な町で、安心して音楽を聴き、
  音楽を奏でる。そんな日がくることを祈らずにはいられないわ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/23 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/20 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/05 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/18 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/12/09 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/01/30 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。