サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.2
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • サイズ:16cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-833-0
文庫

紙の本

ノンセクシュアル (ハルキ・ホラー文庫)

著者 森 奈津子 (著)

ノンセクシュアル (ハルキ・ホラー文庫)

税込 792 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

スリラーとコメディの絶妙なコンビネーション

2001/02/25 13:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shin16 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 恐怖と笑いは紙一重の感情である。ジャンルを問わず多くの作品が、恐怖の中に笑いを、笑いの中に恐怖を、ひとつまみのスパイスとして取り混ぜることでそれを証明してきた。(特に映画の世界のおいて顕著だ)
 本作も恐怖と笑いを混在させた作品である。だが本作が他の無数の作品群から突出しているのは、ジャンルホラー/スリラーの中のコメディ要素(あるいはその逆)ではなく、主と従に格付けできない50/50の関係で両者を成り立たせている点である。
 その装丁からホラーを期待して本書を手に取った読者は、最初に肩透かしを食うかもしれない。しかし絶妙に入れ替わる恐怖と笑いのコンビネーションの前に、やがて両方を最大限に堪能できることだろう。これが森奈津子の技法である。
 現在、双方のジャンルで一定の評価を得ている森奈津子が、最初に注目されたのが本作である。作者の一方の作品しか知らない方にはぜひ読んでもらいたい。
 もちろん森奈津子を知らない方にも、大いにオススメする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キャラが光るコメディースリラー

2001/04/20 06:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Okawa@風の十二方位 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「男も女も愛するバイセクシャルの詠子。だが男と女を同時に愛したために、彼女は二人を同時に失ってしまう。そんな心の隙間に滑り込んできたのは、一人の美少女だった。「わたしが守ってあげるから」そんな言葉が詠子を包みこむ。だが、その言葉に隠された恐怖を詠子はまだ知らなかった…」
 とにかくキャラがずば抜けて立っています。猫のように自分の欲望と感情に素直で、それでいてかわいらしいヒロイン詠子、その友達でノンセクシャルな自分に素直で自然な夕子、性格の歪みが美しさを引き立てる美少女絵里花。ストーリーはある程度ホラーお約束のものですが、これだけ魅力的なキャラ達に演じられると、この展開にこのキャラ達はどんな反応を示すのかわくわくしてしまいます。ひきこまれるように読めた一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/24 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/18 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/10 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/27 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。