サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 近代の復権 マルクスの近代観から見た現代資本主義とアソシエーション

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

近代の復権 マルクスの近代観から見た現代資本主義とアソシエーション

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2001.2
  • 出版社: 晃洋書房
  • サイズ:22cm/264p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-7710-1227-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

近代の復権 マルクスの近代観から見た現代資本主義とアソシエーション

著者 松尾 匡 (著)

暴れ回る資本主義に直面して、これに反発する有象無象の社会主義運動とマルクスの立場とはどこが違ったのか。何故マルクス主義だけが残ったのか…。15年近くにわたる著者の研究をま...

もっと見る

近代の復権 マルクスの近代観から見た現代資本主義とアソシエーション

3,780(税込)

ポイント :35pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

近代の復権 : マルクスの近代観から見た現代資本主義とアソシエーション

3,024(税込)

近代の復権 : マルクスの近代観から見た現代資本主義とアソシエーション

ポイント :28pt / 紙の本より756おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

暴れ回る資本主義に直面して、これに反発する有象無象の社会主義運動とマルクスの立場とはどこが違ったのか。何故マルクス主義だけが残ったのか…。15年近くにわたる著者の研究をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/10 12:39

投稿元:ブクログ

必ずしも国家権力を奪取して革命を起こす必要はなく、むしろそこかしこで「民主的経営」や民主的運営組織を確立していくこと。それが現在の「社会主義革命」への道であると筆者は言う。

生産のME化、コミュニケーションの深化によって、国家権力奪取による上からの革命によらなくても、すでに下からの革命の道筋はすでに開かれているというのがその理由である。生産方式が変化して労働力の編成の方式も変化するからそれに対応して変革への道筋やその組織も変化する、と言うのはネグリの議論でもある。国家権力の奪取はそれが必要な社会であったからで、生産力が高まって人々のコミュニケーションが深化すればむしろ下からの革命の条件が生まれている、とする。

この議論を敷衍すると、社会的な問題があるならそれを行政に対して糾弾するのではなくて、むしろ自分たちで解決できるように組織を作り運営して解決に向かっていく、ということになる。これは旧来型「左翼」のあり様から一歩踏み出している。旧産炭地での労働者協同組合の取り組みや労働組合による生産拠点の自主管理など、一部では取り組まれてきたものであるが、こうした取り組みにはとかく「資本-賃労働の対抗関係を見ない弥縫策だ」との批判が「旧左翼」からなされてきた。こうした取り組みの主体が組織的に排除されてきた例も多い。しかし筆者の議論を踏まえればその取り組みに胸を張ればいい、ということになる。

排除する側に理があるのか、排除された側に理があったのか。