サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/25

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/02/16
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波現代文庫
  • サイズ:15cm/391p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-602032-5
文庫

紙の本

近代読者の成立 (岩波現代文庫 文芸)

著者 前田 愛 (著)

近代読者の成立 (岩波現代文庫 文芸)

税込 1,573 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

音読から黙読へ

2001/03/13 13:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:谷池真太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 長い間絶版になって埋もれていた名著の一つ。

 江戸から明治の間というのは資料的な分類も難しく、研究者も敬遠する道。そこに関しては随一の詳しさを誇るのが前田愛である。

 本書はいくつかの小論から構成されているが、一番の目玉は「音読から黙読へ」という小論である。明治以前の読書とは音読であり、それが黙読に変わっていく課程とそれによる読者意識の変化を書いたものである。

 「江戸的個人主義」「明治(近代)的個人主義」について考えさせられる本。いま、明治はひそかなブームらしいが、その下敷きとしての変革期を押さえるための良書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あやういバランス

2002/06/30 09:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本文学に関する社会学的な分析の嚆矢であり、基本的文献でもある。ちょうど関心が出てきた時期に文庫化されたので、以前はあまり熱心な読者ではなかったのだが熟読。いろいろと思い違いをしていたことなどもあって面白い。もっとも、やはり「理論」に対してどうも無防備すぎるようにも思う。ここらへんのバランスは難しい。「理論」に傾きすぎるとほとんど牽強付会と見紛うような饒舌に陥ることもあるからだ。
むろん本書はそのあやうさを見事に、とはとてもいえないがしかししたたかな慎ましさでクリアしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する