サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.2
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社文庫
  • サイズ:16cm/588p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-03080-3
文庫

紙の本

加田伶太郎全集 (扶桑社文庫 昭和ミステリ秘宝)

著者 福永 武彦 (著)

加田伶太郎全集 (扶桑社文庫 昭和ミステリ秘宝)

税込 838 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

完全犯罪 17-66
幽霊事件 67-106
温室事件 107-154

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

文学者がミステリに挑戦した作品集

2002/05/09 13:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

純文学作家・福永武彦が正体を隠し、加田伶太郎の名で書いた短編ミステリ全てのほか、以前にまとめられた際の序文や解説文も収録されています。
この序文や解説がとてもおもしろい。中には、福永武彦が加田伶太郎の本のために書いた文、ようは一人二役、自分で自分の本のために書いた序文などもあって、このへんの遊び心にうれしくなると同時に、作者のミステリに対する思いや好みなどもわかって、とても興味深い。
作品のほうは、その序文にあるようにガチガチの本格「推理」小説、人間が描かれていないなどの悪い意味で使われる場合の「パズラー」に分類されるものですが、どれも謎・調査と推理・解決とビシッと決まっていて、読んでいて気持ちよい。
文学者が遊びの心を持ちながらミステリに挑戦した作品集といえます。決して文学者が片手間に書いたミステリなどではありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

優等生の答案

2001/05/25 01:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:政宗九 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 純文学作家・福永武彦が“余技”として書いたミステリとSFを全て収録した決定版である。前々から読みたかったのだが、「純文学作家」ということが障壁となって読むのをためらっていた。今回読んでみて、予想以上にすんなり読み進められることに驚かされた。ミステリに造詣が深かったのが幸いしたのだろう。さて作品だが、それまでのミステリのパターンを踏襲した作品が多いように見受けられる。しかしそんな中にも独創性を取り入れようとしている跡が感じられて楽しい。「幽霊事件」の謎の面白さ、「温室事件」の密室トリックなどがその白眉である。色々なタイプの作品に挑もうとしているところもあり、「眠りの誘惑」「赤い靴」などは構成の巧みさが光っている。謎解きそのものは全体的に「可もなく不可もなく」といった感じで、「優等生が書いた答案」みたいな印象があるのが欠点ではなかろうか。後半のリドルストーリー「女か西瓜か」、クリスマスに強盗をはたらいた男がサンタの格好で逃げたために起こった珍事件「サンタクロースの贈物」は単純に楽しめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

加田伶太郎にして船田学(フナダガク)の、福永武彦のミステリとSFの全作品(資料も充実)

2001/03/28 12:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バッハおじさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新潮文庫の『加田伶太郎全集』は手軽で読みやすかったが、惜しむらくは『福永武彦全小説=全集』5巻(新潮社)の全作品が収められていなかった。今度の扶桑社文庫版は、福永の書いた加田+船田のすべての本文はいうまでもなく、江戸川乱歩の文章など「加田伶太郎」関連の資料まで収録されている文字どおりの『全集』だ。名篇「失踪事件」や「赤い靴」が再読できるのも嬉しい。せっかくの『全集』なのだから、「序」や「付録」の細目まで目次に掲げてくれるとなお良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

編集者の熱意に感謝

2001/03/04 00:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:樋口敬雄 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いまや福永武彦全集でしか読めなくなった加田伶太郎全集の復刊は入手しやすい文庫の形態であることを見ても喜ばしい。
 ペンネームが「誰だろうか?」のアナグラムは周知のことであるが、モスラの脚本も書いた「魂の深淵を描く純文学作家」の書くミステリーというものを鑑賞してみるのは如何だろうか?
 トリックそのものに若干の時代を感じずには居られないが、軽めのミステリーという意味ではお薦めである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/08 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/06 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/02 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。