サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.3
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:20cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-56160-5

紙の本

子ども臨床 二一世紀に向けて

著者 清水 将之 (著)

児童精神科稼業40年。言い続けてきたこと、やり残したこと、そして、いま、伝えておかねばならないこと…。子供の未来をどう支えるか、「子ども臨床」を説く。過去に発表した論文や...

もっと見る

子ども臨床 二一世紀に向けて

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

児童精神科稼業40年。言い続けてきたこと、やり残したこと、そして、いま、伝えておかねばならないこと…。子供の未来をどう支えるか、「子ども臨床」を説く。過去に発表した論文や講演をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

清水 将之

略歴
〈清水将之〉1934年兵庫県生まれ。大阪大学大学院医学研究科修了。三重県立こども心療センターあすなろ学園園長等を経て、フリーに。著書に「青い鳥症候群」「思春期のこころ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

20世紀末の清水將之先生のご活躍をまとめた本

2010/10/09 15:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

2001年3月に清水先生があすなろ学園を退職されるのを機にまとめられた本です。退職記念のパーティーでこの本をいただいたのが懐かしく思い出されます。ちょうど20世紀から21世紀に入ったところで、個人的にもいろいろと変化のあった頃でした。
そんな頃に、40年にわたる清水先生のお仕事のうち、20世紀の終わりにまとめられたものがこの本には収められています。
「第1章 二一世紀の子どもたちへ」は、2000年に清水先生が総会会長として開催された日本児童青年精神医学会第41回総会での講演録です。絵画に見られる「子ども」の発見から始まった講演をこうして改めて読むと、先生の幅広い見識と児童青年精神医学・保健・福祉に対するご経験から教えられることが多々あります。
以下、児童虐待、不登校、子どもの自殺、災害精神保健、子どもへのインフォームド。コンセント、そして児童精神医学全般にわたるものと、子どもをとりまく最近の状況について書かれたものが収められています。
子どもの精神医学・医療というと最近は発達障害がメインに取り上げられることが多いようにも思いますが、清水先生の視点は常に精神医学・医療だけでなく精神保健・福祉の分野にまで見据えられていて、単に医学・医療だけでは子ども1人1人に寄り添った対応ができないことを教えてくれます。
それこそが、先生が名づけられた「子ども臨床」そのものだと思えてきます。

と思っていたら、2009年にこの本の「新訂」が出版されてしまっています。この10年の先生の更なるご経験などを踏まえ、大胆に変更されている部分もあります。常に最新の知識に目配りを欠かさない清水先生の児童青年精神医学に対する態度とお元気さに脱帽してしまいますし、少しでもみならってゆきたいと思います。

それでもこの初版本は私にとって大切な本ではありますが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。