サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社選書メチエ
  • サイズ:19cm/234p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-258210-4

紙の本

学問はおもしろい 〈知の人生〉へどう出発したか (講談社選書メチエ)

著者 選書メチエ編集部 (編)

忘れられぬ本との出会い、人生を変えた外国体験、異分野からの転身。哲学、歴史、文学、社会科学、自然科学など、各学問のパラダイムを変えた23人の「知の達人」たちが綴る、学問へ...

もっと見る

学問はおもしろい 〈知の人生〉へどう出発したか (講談社選書メチエ)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

忘れられぬ本との出会い、人生を変えた外国体験、異分野からの転身。哲学、歴史、文学、社会科学、自然科学など、各学問のパラダイムを変えた23人の「知の達人」たちが綴る、学問への旅立ち、格闘、魅惑。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

強情の哲学、あるいは哲学の強情 鷲田清一 著 6-14
哲学することの価値 永井均 著 15-23
現象学との出会い・哲学の方法 竹田青嗣 著 24-34

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

学者人生へのきっかけを語る

2001/04/12 14:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:remi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書では、さまざまな分野(哲学、歴史学、文学、社会科学、自然科学など)において、第一線で活躍している学者らが、自らの学問に対する思いや学問との出会いを熱く語っています。
 異なった分野から転身した人、強烈な外国体験がきっかけになった人、面白い本に出会った人、学問の世界に入るきっかけはさまざまなのだと感じます。
 そのような、一生をかかって打ち込める学問を見つけることができたひとたちは、非常に幸せなのではないでしょうか。4月だからこそ、このような本を読むと、ついわくわくしてしまいます。改めて、学問をしたくなります。大学に入ったばかりの人におすすめですが、むしろ大学で学問することに飽きた人におすすめの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

学者たちの半生を綴ったような文章から、学問のおもしろさを感じとることはできるのか

2001/05/05 16:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:canalina - この投稿者のレビュー一覧を見る

 それぞれの著者の、人生を引きずった語り口の違い(永井均とか高山宏とか町田宗鳳とか)がおもしろく、とりあえず一気に通読できたけれども、興味が持てたのは三分の一くらい。それも学問とは関係のないところで「おもしろい」と感じてしまいました。
 したがって、表題通りに「学問はおもしろい」と感じ、副題通りに「<知の人生>へ出発」する人が出るかは少々疑わしい。学問のおもしろさを、こういう有名な学者たちの半生を綴ったような文章から感じとることは難しいし、もしもそこに学問のおもしろさを嗅ぎ取ってしまった人がいたとしても、そういう人こそ学者にはふさわしくないような気がします。
 この本のもっとふさわしい題名は「大学教授はやめられない」でしょうか。「ホームレスはやめられない」とか、あるいは「不法入国はスリリング」や「結婚詐欺で食べていける」などの「おもしろさ」と質は同じだと思います。ということで、もしもこの23人の著者のなかの誰かのファンであって、その人だけが目当てだというならば、立ち読みで十分でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/13 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/14 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。