サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. チェンジリング 赤の誓約

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

チェンジリング 赤の誓約(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.3
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-840-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

チェンジリング 赤の誓約 (ハルキ文庫)

著者 妹尾 ゆふ子 (著)

チェンジリング 赤の誓約 (ハルキ文庫)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

美前(みさき)の成長を見てください

2002/06/04 15:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ながつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公の美前は人と同じタイミングで笑えない、人の期待通りの答えが返せない、そんな気弱な女性だ。会社に行って仕事をして、という普通の生活が突然壊れてしまう。
 登場人物は人間、妖精、そのどちらでもない者ととにかく多種多様だが、人物の描写がうまい。それに、現実世界とこの世でないところの説明がよくかけている。
 話は下巻の「碧の聖所」に続くわけだが、「碧の聖所」では驚くべき展開が待っているので、期待して読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良質なファンタジー、そして人の生き方についての物語

2005/01/16 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こう - この投稿者のレビュー一覧を見る

妖精を見る能力<セコンド・サイト>を持つ美前は、幼い頃から目立たぬよう、人と関わらぬようにして生きてきた。
しかし、静かな毎日を送っていた彼女の前に突然見知らぬ少年・リンが現れて「狙われている」 と告げる。その頃から再び出現し始めた数多くの妖精たち、続く無言電話……そして夢に現れる青年は、美前のことを「<女王>の<取替え子>」と呼んで<輝きの野>に戻るようにと告げるが…

現実生活に馴染めない主人公のもとに異世界からの迎えが訪れる、というのはいい加減使い古されたストーリーです。でもこのお話では主人公・美前の心情がとてもリアルに緻密に描写されていて、陳腐な設定という印象は受けませんでした。
自分が<取替え子>だということをなかなか信じられず、自分の頭がおかしいのではないかと疑ってみたり、なんとかこうとか<輝きの野>まで来てみても、そこは様々な陰謀と混乱の渦巻く世界で、美前はこれでもかこれでもかという位大変な目にばかり会う。そこでも美前は、いつも困難から逃げようとしたり、自分の行動を自分で決められずに状況に流されようとしたり。正直そういう美前の性格に前半は苛々させられたりもしました。でも自分のそういう性格を自覚して何度も“もう逃げない”と決意するのに、ついまた逃げそうになって自己嫌悪に陥って…というのは、とても現実味に溢れています。人間そうそう簡単に変われる訳ありませんからね。
また、下巻での舞台になる<輝きの野>はとても詩情豊かな世界で、その雰囲気だけでも楽しめます。世界の色彩や空気、そこに生きる人々がとても生き生きしているんです。美前を迎えに来た少年・リンや、<琴手>のターリ、<上王>のアェド、<丘の下の王>、美前との対に位置する<取り替え子>のマァハに、<女神>の現身である<女王>…とそれぞれ魅力たっぷりなので、誰かに感情移入することもできるし、純粋に世界の雰囲気に酔いしれることもできるでしょう。
それにしても、ここに出てくる女性たち−特に<輝きの野>の世界の女性たちはすごい。子宮をえぐり出されながらも笑って闘い続けるモルガヌや、戦場を足下に歌い踊るマァハ、人の魂を食らう<女王>…と、太古の混沌とした世界におけるグレート・マザーに通じるような、ぞっとする魅力がありました。

すべてから逃げてきた美前の成長物語でもあり、ケルト神話をベースにした良質なファンタジー作品でもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/03 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/06 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/11 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハルキ文庫 ランキング

ハルキ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る