サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

フィルムコート 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:1991/06/01
  • 出版社: BL出版
  • サイズ:24×30cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-89238-911-0
絵本

紙の本

くじらの歌ごえ

著者 ダイアン・シェルダン (作),ゲイリー・ブライズ (絵),角野 栄子 (訳)

【ケイト・グリーナウェイ賞(1990年度)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

くじらの歌ごえ

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

満月の夜、くじらたちは海辺に集う

2004/07/28 17:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

本を手にとって表紙カバーの絵を見た瞬間、これはきっとお気に入りの絵本になるぞという予感しました。そして、本を開いて読み始めて……。その予感は、確信に変わりました。

リリーという名前の少女が、おばあさんからくじらの話を聞いて、「くじらに会いたいな」「くじらの歌ごえを聞いてみたいな」と願う、そんなところから始まる話です。

絵のことはよく分かりませんが、たぶん、油絵だと思います。横長の頁、見開きにわたって描かれた絵が、本当に美しい。
話を語るおばあさんと、おばあさんを見つめるリリーの表情の豊かさ。
海辺の砂浜に置かれた青い渦巻きの貝殻と、その向こうに広がるエメラルド色の海の水面で、潮を吹いているくじら。青空には、雲が浮かんでいる。
夜。部屋の窓から月明かりが射し込んでいる。窓のそばに立って、外を見つめるリリーの横顔が、月の光に照らされて浮かび上がる。
といった絵に見とれながら読み進めていくと、表紙を飾る絵が目に飛び込んできます。くじらが海から跳ね上がる光景を、海辺の岩に腰かけて、じっと見つめているリリーを描いた絵。原書のタイトルでもある The Whales' Song 月の光が輝く中、「くじらの歌ごえ」と海の水しぶきが聞こえてくるよう。
その光景を、一場の不思議な夢でも見るように見つめていたリリーの表情を拡大して描いたラスト二頁を開く頃は、ゲイリー・ブライズの絵にすっかり魅了されていました。

開けば、おばあさんの語る優しい調べのような声と、月明かりの中、嬉々として躍るくじらの歌声が響いてくるような絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リリーと鯨の不思議なものがたり

2000/07/26 11:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいかい - この投稿者のレビュー一覧を見る

 リリーはおばあさんから昔話を聞いた。くじらに会いたければ、なにか贈り物をしてごらん。そうすれば、きっとかわりに何かお返しをしてくれるだろう、と。でもリリーのおじさんは鯨は実用的なもので歌なんか歌わないという。リリーはおばあさんの教えに従い、贈り物をする。するとその夜……。

 イラストというよりは絵画のような作品。リアルで引き込まれるていくような絵を見ると、誰もがファンになってしまうのではないでしょうか。同じ作者と絵で『庭のよびごえ』という絵本も素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/01 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/18 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/26 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/16 08:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/04 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。