サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ベニーいえでする
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2001.3
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:26cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-19-861328-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ベニーいえでする

著者 バルブロ・リンドグレン (文),オーロフ・ランドストローム (絵),長下 日々 (訳)

ぼく、こぶたのベニー。きょうはおもしろくないことばっかりだ! ママはおこってばかりだし…。なかよしのぶうちゃんをつれて家をとびだしたけど、いったいどこへいこう? 子どもの...

もっと見る

ベニーいえでする

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼく、こぶたのベニー。きょうはおもしろくないことばっかりだ! ママはおこってばかりだし…。なかよしのぶうちゃんをつれて家をとびだしたけど、いったいどこへいこう? 子どもの気持ちをみごとにとらえた楽しい絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

バルブロ・リンドグレン

略歴
〈ランドストローム〉1943年フィンランド生まれ。絵本に「オルソンさんのパイ工場」「ニッセのあたらしいぼうし」などがある。92年、エルサ・ベスコフ賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

子どもだったらこの気持ち絶対わかるはず…

2001/05/07 09:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 掃除機をかけるから,遊んでいるおもちゃまで片づけて棚に並べるママ,大切な縫いぐるみが汚くなったからって洗濯機で洗おうとする…ぼくの気持ちなんて,これっぽちも分かってくれない!だから,家出する。子どもだったら,絶対この気持ちがよく分かるはず。でも,大人にも大人の都合があります(^^;

 家出したところで,簡単に泊めてもらう所も見つかりません。家の中では,皆 コンピュータに夢中,道端では携帯電話で話しているおじさん,今風の絵本で,とても親しみが湧いてきます。

 でも,家出したって,所詮幼児,次第にママが恋しくなります。ベニーが縫いぐるみのぶうちゃんを想うように,ママもベニーのことを大切に想っています。ベニーの反抗的で釣りあがった目が 次第に優しい眼差しに変わっていき,ちっちゃな家出を通して一つ成長したベニーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/12 10:22

投稿元:ブクログ

自分の子どものころを振り返ってみると、家出しようと本気で考えたことってないと気付く。
家出したいと思う機会がないほどいい家庭だったのか、家出を考える勇気がなかったのか。

2009/10/26 06:15

投稿元:ブクログ

このシリーズは娘の大のお気に入りで、3冊とも原書で揃えている。
とにかく挿絵が最高!
ベニーの子供らしいイライラの表情がかわいくて、大人が読んでもクスッと笑える。
よそのお子さんたちにも、ぜひプレゼントしたいと思う1冊。

2006/04/26 17:18

投稿元:ブクログ

ブタって家出しやすいのかな・・・。このベニーはぬいぐるみのブゥちゃんを連れて家出をします。この表紙の顔!!ちょっと自分に似てると思います。

2008/05/29 05:10

投稿元:ブクログ

こぶたのベニーがお母さんに反発して家出する。いろんなところへ身を寄せようとするけれど、やっぱり最後はお母さんの元へ。読後に「●●(自分の名前)はどんなに怒られてもお母さんのところにおるけん!」と嬉しい発言。ありがとう!

2011/09/18 10:15

投稿元:ブクログ

こぶたのベニーがお母さんに怒られて家出する話。
ぼくも怒られてばっかりいるから、ベニーの気持ちがわかりました。

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む