サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

体の記憶
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.3
  • 出版社: NECクリエイティブ
  • サイズ:19cm/182p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87269-182-2

紙の本

体の記憶

著者 布施 英利 (著)

身体には30億年の記憶が詰まっている。「女と男の体」「死体と裸体」「内臓と「こころ」」「脳に至る病」「体の近未来」の5章構成で、人の体について語る。【「TRC MARC」...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

身体には30億年の記憶が詰まっている。「女と男の体」「死体と裸体」「内臓と「こころ」」「脳に至る病」「体の近未来」の5章構成で、人の体について語る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

身体とこころをめぐるエッセイ集

2001/10/28 18:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東京芸術大学の大学院で美術学を修めた学術博士で、東大医学部の解剖学教室で助手も勤めた著者による、人間の身体にまつわるエッセイを集めた本です。経験を引いた味わいある文章で、一般向けに読みやすく書かれていています。発行所はNECクリエイティブでしたが、翌月にNECメディアプロダクツに社名変更しています。私の買ったものは、社名変更について書かれた帯が追加されていました。
 第1章は『女と男の体』と題して、身体の性差についての、あまり意識されていない相違点を明確にします。男は脂肪が筋肉の谷につき、女は山につくというのは、確かに言われてればそんな感じですが、絵を描くとかを考えるならたいへん有用な知見だと思いました。乳房はどう揺れるかとか、乳房はどちらを向いているのか、などの解剖学的知見もあったりしまして、興味深いものがあります。
 第2章は『死体と裸体』。解剖を続けていると死体も単なるモノというより、死体という特別の存在に見えるというあたりの話や、ポルノとエロスの違いのこだわり、現実を絵的に再構築することについて、夜の解剖教室が恐くなくなった話など、興味深い話があります。
 第3章は『内蔵と「こころ」』と題して進化と人間の体、こころと体の関係について。管としての身体というのは、普通のひとにはかなり目新しくショッキングなものの見かたなのではないかと思います。
 第4章は『脳に至る病』。脳がいかれると健康なはずでも半身不随になること、恐怖を感じるのも脳であり教育されての物である、などの話題です。
 第5章は『体の近未来』は現代医学、知性と身体性、あたりのSF的話。
 全体として、あちこちの雑誌に書いた内容をまとめたものらしく、雑多な印象はありますが。それゆえに、軽く読みやすくなっていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

医学読みもの ランキング

医学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。