サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

でたまか 問答無用篇(角川スニーカー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

でたまか 問答無用篇 (角川文庫 角川スニーカー文庫 アウトニア王国奮戦記)

著者 鷹見 一幸 (著)

でたまか 問答無用篇 (角川文庫 角川スニーカー文庫 アウトニア王国奮戦記)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

アウトニア王国奮戦記 でたまか 問答無用篇

583 (税込)

アウトニア王国奮戦記 でたまか 問答無用篇

ポイント :5pt / 紙の本より13おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 18.2MB 無制限
Android EPUB 18.2MB 無制限
Win EPUB 18.2MB 無制限
Mac EPUB 18.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

這い上がりましょう!何処までも!!

2003/05/15 02:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:左門 - この投稿者のレビュー一覧を見る

このでたまかという本は、
お金がない、身よりもない、ついでにコネもない、
貧乏貴族の主人公が士官学校で自らの才能だけで出世を目指すところから始まります。
実力主義のはずの士官学校でさえも、
身分の差と権力で苦境に落とされながらもそれを跳ね除け、
見事主席卒業し、出世街道まっしぐらと思いきや、またしても権力の力にしてやられ辺境の星アウトニアに勤務というとてつもない嫌がらせを受けるのでした。
貧乏貴族の主人公が、バカな貴族達を打ち破る爽快感!
権力の差にしてやられる悔しさ!
中盤にはさむほんわかストーリー、
そして、最後に待っている大どんでん返し!!と、読み応えたっぷりで話が進みます。
話の進み具合、良いストーリーの展開、そして、イイ性格の主人公!
この本を手にとってでたまかの意味を知ろう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

王道スペースオペラ

2017/06/15 15:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

カネなしコネなし色気なしのマイドが赴任したのは、宇宙の果ての惑星国家アウトニア。王道スペースオペラ。ホントイイ性格をしてるよマイド。それにマイドの執事のヴァルがチーとすぎる。帝国士官学校時代の成績があまりにも優秀すぎたためアウトニア王国に左遷。そして本当に戦争が起こってしまい。弱小過ぎて正攻法なんて使えないマイドは知恵や信頼を駆使して戦う。テンポよく読めて面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

起死回生を編み出す主人公のSF、開幕

2016/03/30 22:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TawashiSTK - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の初期の作品なので、描写がシンプルなところがあり、ファンの人には少し物足りない感があるかも。でも、「あらゆる可能性を考えて、事態を打開する」という、この作品のテーマ「でたとこまかせ」スタートの話としては十分内容は伝わってくるし、主人公マイドやヒロイン・メイの心情にも十分共感して楽しめる。
何より、文体が簡潔。かつ作者のポリシーとして、誰が読んでもわかりやすい=ライトノベル、というのを地で行っている(というのの出発点)ので、SFは苦手な人でも、他のラノベに比べて、さくさく読み進んでいけると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

基本的な宇宙英雄もの

2012/09/27 12:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rural196 - この投稿者のレビュー一覧を見る

少々、古くさい感じがする内容ではあるが、ライトノベルらしいサクサク読める感が結構気に入っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

逆境をしたたかに生きる主人公に敬礼

2001/05/29 01:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:彬兄 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルだけみたらどういう話なのかよくわかりませんが、これはすごくよくできたライトSFです。
 主人公は事故で両親を失った貧乏貴族の当主です。貴族とは言っても、身よりもなければ行くあてもなく、つまるところ金とコネがないため、先行きは果てしなく暗い。
 てなわけで立身出世を夢見て自らの才覚だけを頼りに士官学校に入学します。が、実力主義であるはずの士官学校でさえも身分の差、権力の力は立ちはだかりました。最終テストである機動服での模擬集団戦闘トーナメントにおいて、賄賂、脅迫、機器への細工、判定官の抱きこみのすべてを経験する羽目になります。それでもなお権力に屈せず、才覚と努力で理不尽なハンデすら跳ね除け見事に勝利を収めることに成功します。しかし、トップの成績で士官学校を卒業した主人公に待っていた運命は、アウトニア王国というとんでもない辺境への仕官命令でした。
 これが逆境だ!(by逆境ナイン(c)島本和彦) と宣言されるがごとくのこの主人公の設定がまずツボにきました。
 読み進めていくと、アウトニア王国の庶民派お姫様に家庭教師したり、営業で戦争などいかにもライトSFな仕掛けが満載で、それなりにほんわか進みます。で、このまま引くのかなと思ったら最後にどんでん返しで一転しての大嵐。再び逆境に。
 読ませる仕掛けといい、ストーリー展開といい、なかなか見事です。SFが好きな人でライトSFにアレルギーのない人は読んでおいて損はないと思います。

 ちなみに閑話。アウトニア王国と聞いて、みのり書房の某誌の復興計画を思い出したあなた、正解です(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/16 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/08 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/19 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/29 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/05 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/21 05:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/09 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/29 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む