サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

十四の噓と真実(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.4
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/394p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-216122-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

十四の噓と真実 (新潮文庫)

著者 ジェフリー・アーチャー (著),永井 淳 (訳)

十四の噓と真実 (新潮文庫)

720(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

専門家証人 11-30
終盤戦 31-114
手紙 115-124

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

再読感想。

2016/03/21 17:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

再読にもかかわらず、全く飽きがこないのが「終盤戦」「隣の芝生は……」の二編。
「心(臓)変わり」など、それ以外の作品も実話に基づいているものもあり読み応えがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり上手い!

2001/04/12 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジェイク - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「天性のストーリーテラー(裏表紙説明より)」アーチャーの最新短編集。14編中9編が、実際にあった話に基づくものだそうで、植民地・クリケット・クラブなど、イギリス独特の風俗を印象的に使いながら、人生の一場面を鮮やかに切り取って見せてくれます。時に皮肉な結末を迎えたりもするのですが…。
 相変わらずのうまさで、安心して読める1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

巧みなストーリーテリングに定評があるアーチャーの最新短編集

2001/06/10 07:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菅野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「百万ドルを取り返せ!」、「大統領に知らせますか」の頃からの彼のファンだ。しかし、訳者の解説で知ったのだが、アーチャーは、一代記、政治、短編集のローテーションで書いているのだそうだ。熱心なファンでなかったからか、永井氏の記述を見るまで気がつかなかった。が、コンゲーム小説である「百万ドルを取り返せ」は実体験を元にしたコンゲーム小説なのだが、3つのうちのいずれでもないと思うのだが……。

 まぁ、それはさておき「十四の嘘と真実」では、法の網の目をくぐって鮮やかに大金をせしめる男を描いた「犯罪は引き合う」が「百万ドルを取り返せ」を想起させる痛快さであった。逆に、亡夫の遺産を騙し取られる未亡人を描いた「偶然が多すぎる」という作品でも、遺産を騙し取られる未亡人に対する同情よりも騙し取る手口の鮮やかさに拍手してしまう。偶然の混線電話が思ってもみなかった悲劇を生む「欲の代償」などブラックなものもある。1つ読み終わるごとにニヤリと笑えるだろう。

 ただ一つ難点を言えば、原文に忠実に訳そうとしているあまりなのか、訳が下手なのか、「オチは何なの?」と思うものも幾つかあったことだ。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/28 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/26 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/07 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/10 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/23 11:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る