サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. そして企画の通販
  6. 書く人はここで躓く! 作家が明かす小説作法の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.4
  • 出版社: そして企画
  • サイズ:19cm/199p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-90441-6

紙の本

書く人はここで躓く! 作家が明かす小説作法

著者 宮原 昭夫 (著)

「小説を書きたい」人たちの原稿を読んで10年。伸び悩んでいる人たちの前には、共通の壁が立ち塞がる。「読んでもらえる小説」を書くために、実例から躓きの原因を探る。『そして』...

もっと見る

書く人はここで躓く! 作家が明かす小説作法

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「小説を書きたい」人たちの原稿を読んで10年。伸び悩んでいる人たちの前には、共通の壁が立ち塞がる。「読んでもらえる小説」を書くために、実例から躓きの原因を探る。『そして』連載の「小説・私の方法」に加筆。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮原 昭夫

略歴
〈宮原昭夫〉1932年生まれ。早稲田大学卒業。横浜文学学校・朝日カルチャーセンター「小説講座」講師。著書に「海のロシナンテ」「土と火の巫女」「女たちのまつり」「かげろうの巫女たち」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

文章力も感性もいいが、もう一息で伸び悩んでいる小説家志願者たちへの小説作りの基本的助言が本書の狙いだ

2001/07/16 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高橋洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人はだれでも一冊は本を書けるという。自分自身についてである。しかしコンスタントに書き続けることは難しい。そこが作家と素人の違いであろう。

 いま各地では、文学教室や文章講座の類が流行っている。教室に集まるのは主婦層や定年間近の会社員などが多いという。戦後の高度成長からバブル期を一目散に駆け抜け、突然「聖域なき構造改革」の変動期に入り、自己、自分の人生を問い直したいという気持ちの表れでもあるのだろう。しかし文章に表現するのはなかなか至難の業である。そこでこの種の教室がにぎわうことになる。

 ハンセン病熊本地裁判決を受け、補償法が成立した。ようやく国の隔離政策に終止符が打たれ、患者らの名誉回復と社会復帰が図られることになった。著者は、ハンセン病患者への無理解や差別、それを乗り超えようとする人たちを描き、七二年度上半期の第六七回芥川賞を受賞した。最近の著者は、カルチャーセンターの小説講座の講師や通信添削批評なども務めている。

 本書は、こうした実践的な経験を踏まえた「小説の書き方」である。「文章力はある、感性もいい、いい素材も持っている…それなのに小説というものについての基本的な勘違いがあるためにもう一息のところで伸び悩んでいる」。そういう人たちへの小説作りの基本的な助言が本書の狙いとなっている。実例を豊富に紹介し、躓(つまづ)きの原因を分かりやすく解明する。

 「いま、ここに一人の売春婦がいる。彼女は世をはかなみ、セーヌ川に身を投じて自殺しようとしている。君はなんといって彼女の自殺を思いとどまらせるか」。井上ひさしによると、これは哲学者アランがアンドレ・モロアたちに提出した高校の課題作文という。修辞学を重要視するフランスと日本の高校教育の程度の違いは歴然としている。わが国では、子どものころから文書の書き方、まして創作について学ぶ機会などはほとんどない。

 著者は、創作を「発見のための方法」との認識を示す。「小説とは一種の時間芸術で『設定』から『新局面』までの時間的『展開』の中で、主人公その他の人間像と、人間関係を描き出しつつ、それが変質して行く軌跡をとらえるものだ」と弁証法的な小説構造を説く。

 先代の三遊亭金馬の言葉を借り、「作家がこすっからいと、登場人物すべてがこすっからくなる。だからまず作者の人間をつくれ、小説を書くのはそれからだ」と言う。「人生のなにかしらの曲がり角を捉えて描くもの」が小説と指摘する著者らしい直言である。 (bk1ブックナビゲーター:高橋洋一/評論家 2001.07.17)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/29 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/20 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。