サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 洋泉社の通販
  6. 「こころ」はどこで壊れるか 精神医療の虚像と実像の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.4
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:18cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89691-530-5
新書

紙の本

「こころ」はどこで壊れるか 精神医療の虚像と実像 (新書y)

著者 滝川 一広 (著),佐藤 幹夫 (聞き手・編)

精神科医は本当に「こころ」の専門家なのか? 「こころ」とはなにかから時代の病態、精神鑑定、「脳」と犯罪の問題、引きこもり、家庭内暴力まで、きわめて今日的な問題について発言...

もっと見る

「こころ」はどこで壊れるか 精神医療の虚像と実像 (新書y)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

精神科医は本当に「こころ」の専門家なのか? 「こころ」とはなにかから時代の病態、精神鑑定、「脳」と犯罪の問題、引きこもり、家庭内暴力まで、きわめて今日的な問題について発言する刺激的インタビュー。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まずは、「まえがき」からしてかなり心惹かれる本です。

2007/02/24 18:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:緑龍館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まずは、「まえがき」からしてかなり惹かれる本です。著者は吃音の臨床精神科医だそうで(何と魅力的な設定!)、セラピーのほうもかなりやっているようですが(現在は大学でも教えているとか)行間に現われる人柄がまことに魅力的です。本書はこの著者に対するインタヴューをまとめたもの、という形式になっていますが、インタヴューアーを務めている佐藤幹夫という人も中々侮れません。養護学校の先生兼 社会批評家とのことですが、アクティブで切れのいい進行ぶりで、単純なインタヴューというよりも(対談ではありませんが)積極的に自分の考えをぶつけている部分も多く、本書の魅力となっています(また、本人も認めている通り、所々先走るところもあり、そこも却って面白い)。
 内容は、主にこどもの「こころ」の問題を中心に、昨今の話題となった青少年犯罪事件なども絡めながら、実際の精神医療の考え方や現場を紹介したものですが、精神分析の根本的なアプローチの方法、理論的な問題から、現実の医療制度や日常の治療行為、話題のトピックに至るまで、扱う分野がかなり幅広いものであるにも拘らず、著者の視点がそこに一本はっきりと通っており、含蓄のある内容も多く、色々と考えさせられます。机上の論理ではなく、あくまでも「現場」からの視点を元に、考え語られてるためでしょう。
 最近、何か事件の度ごとに新聞にも出てくるいろいろな「人格障害」や「行為障害」、 ADHD(注意欠陥多動性障害)やPTSD(心的外傷後ストレス障害)などは、アメリカで作られたDSMという分類マニュアルによる単なる外見上(症状面で)の分類であり、病理による「病名」ではないこと。現代社会において、青少年の犯罪、特に年少者による極悪・猟奇事件が増えているような印象が一般にあるが、事実はその逆 −少年殺人の発生率は戦後を通じて現在が最も低く(年齢層別に見ると、実は50代による殺人率が一番増加している)、その不条理な動機や犯行行為も、最近とりわけ著しいものになっている訳では全く無い(もともと昔からそれが青少年犯罪の特徴である)ということ。青少年犯罪がマスコミで騒がれるのは、そのような事件が増えているためではなく、却ってそれが希少な現象になってきたから、という認識。精神鑑定と診断とはどう違うのかなどなど、「なるほど」という話も多いです。精神医療や青少年の犯罪問題などに興味を持っている人には、格好の筋の通った入門書だと思います。最後のほうでは、現代社会における「家族論」に一章が充てられていますが、この章も中々面白い視点で興味深く読むことができました。暫らくしたら、もう一度再読したいと思わせる本です。
→緑龍館別館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シロウトの偏見、誤解…

2001/09/01 11:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クラリス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 テレビでの心理クイズや、ワイドショーの精神科の先生の話や、重大事件が起こるたびに犯人は精神病だとか、多重人格のホラー映画などばかり見ている私を含めた一般人は、精神病というものに大変な誤解、あるいは偏った認識をもっていることに気づくかせてくれる本である。出版されたばかりで話題も新しく、また身近なことについて、滝川先生と佐藤さんの対話で一般人にも分かりやすく話は展開していく。
 そして、自分の中にある意識していない、あるいは無知から来る一般人の罪のない差別に気づく(少し大げさ…)。
 なるほど、そうなのかと、単純に精神医学について(少し)分かる大変良い啓蒙書であると思う。また、これを呼んでからマスコミやワイドショーなどを見ると、自分が報道や情報をきちんと認識できる(多分)。
 とくに、心の折り合いということについての話は、誰もが自分のこととして考えながら読めて、何だかすっきりする。
 ともかく、必読の書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

精神医療の世界の現状

2001/06/28 04:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最近、異常な犯罪がいろいろ起きていることもあって、精神医療の世界はどうなっているのかという点に興味を持っている人をネットでもよく見かける。

 どうすることになっているのかというような制度に対する興味だけでなく、どのように運用されているのか、現状はどうなっているのか、現場の人間はどのような考えを持っているのかというようなことについて、疑問と共に興味を持っている人が多々いるようである。そういう人には、ぜひこの本を読むことをおすすめしたい。

 この本は、ベテランの精神科医の滝川一廣氏へのインタビュー集である。「こころ」とは何か、どう捉えられどのように分類されているのかなどの精神医療の現状について、あるいは、精神医療と犯罪、引きこもり、少年犯罪をめぐる風説など、昨今社会を騒がせている諸問題や、それらに関するさまざまな人の発言について、非常にヴィヴィッドな話を聞かせてくれる。

 昨今の不可解な事件のニュースに不安を覚えている人は、ぜひチェックされたし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。