サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2001.4
  • 出版社: さ・え・ら書房
  • サイズ:21cm/143p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-378-00762-2

紙の本

弟なんていらない

著者 ニーナ・シンドラー (作),クリスティアーネ・ピーパー (絵),松沢 あさか (訳)

ママに赤んぼが生まれた! 赤んぼは、すごく手がかかる。家じゅうがふりまわされて、ぼくのお手伝いもぐんとふえた。赤んぼ、もらってくれる人、いないかなあ…。【「TRC MAR...

もっと見る

弟なんていらない

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

外国の読みものシリーズ Aセット 14巻セット

  • 税込価格:18,621169pt
  • 発送可能日:購入できません

外国の読みものシリーズ Aセット 17巻セット

  • 税込価格:22,715206pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ママに赤んぼが生まれた! 赤んぼは、すごく手がかかる。家じゅうがふりまわされて、ぼくのお手伝いもぐんとふえた。赤んぼ、もらってくれる人、いないかなあ…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ニーナ・シンドラー

略歴
〈シンドラー〉1946年生まれ。デビュー作「インプット」を発表して文筆業にはいる。作家・翻訳家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

家族がかわるときは、いっつも大人の都合。

2001/05/02 13:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バムセ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 パウルは、母親との二人暮し・・・だった。父親とは、まだパウルが小さいうちに別れていた。二人の母子は、結構楽しくくらしていた。ところが、一年半前、ママの新しい恋人ベルントが家にやってきた。その時、パウルはベルントのあらさがしばかりしていた。
そして、今度は赤ちゃんが生まれるというのだ。パウルにとっては、うれしくないどころか、迷惑な話だ。
 ガールフレンドのリキのところにも弟がいてその様子を見ていればだいたい想像がつくというものだ。母親とベルントの結婚式がすんで、最初の日曜日にベルントとパウルでサイクリングにでかけた。そこで「できあがっている家族のなかに、思いきって父親としてはいれて幸せだよ!」と言われたパウルは大人扱いされたようでとても嬉しかった。この話の中では、何度かこういった場面がある。ママ父(?!)と息子の会話。気に入られようとするでもなく、おだてようとするのでもなく、一人の家族として意見を求められることがパウルにとっては、何よりもうれしかった。お母さんが結婚したことで、パウルは、その家の中でたった一人ちがう苗字となった。どれもこれも親の一歩的な都合だが、その時に子どもの意見を聞いているか(表面上だけでなく!)ということが、とても大切なことと教えてくれる。
 また、いつもパウルのそばにはリキがいる。この子は竹をわったような性格で気持ちいい。(恋愛には、弱そうだが・・・)そしてリキのお母さんとパウルのお母さんも仲良しだ。
 パウルのような家庭環境は、日本でもめずらしくなくなったといえそうだ。しかし、まわりが違うと思った。パウルがこれほど複雑な家庭でそだっても、結構楽しくできているのはいつでも話せる友達がいること、ありのままを見せる母親の姿、思ったことを言える関係を築いてくれたママ父の存在が大きいだろう。ちょっと、できすぎといったところもあるが等身大の子どもが描かれていたように感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。