サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『これからの仕事と経済』~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社選書メチエ
  • サイズ:19cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-258212-0

紙の本

ドゥルーズ流動の哲学 (講談社選書メチエ)

著者 宇野 邦一 (著)

「差異」「リゾーム」「器官なき身体」。独創的なキータームを駆使して、「現代」と「人間」を解読し続けたドゥルーズ。限りなく柔軟、限りなく開かれた、斬新で強烈な「民衆的」哲学...

もっと見る

ドゥルーズ流動の哲学 (講談社選書メチエ)

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「差異」「リゾーム」「器官なき身体」。独創的なキータームを駆使して、「現代」と「人間」を解読し続けたドゥルーズ。限りなく柔軟、限りなく開かれた、斬新で強烈な「民衆的」哲学の全貌とは。創造的哲学者の思考の伝記。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宇野 邦一

略歴
〈宇野邦一〉1948年松江市生まれ。京都大学卒業後、ドゥルーズの指導を受けパリ第8大学にて博士号取得。立教大学教授。著書に「詩と権力のあいだ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

民衆に捧げられた哲学?

2001/11/11 16:39

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ベルクソニスムにおける「潜在的なもの」と「可能的なもの」(現実化されたものの方からの事後的な投射)との相違を踏まえ、「ドゥルーズの哲学の全体が、潜在性の哲学といってもいいくらいだ」(36頁)と述べる第一章「ある哲学の始まり」。新しい『資本論』を書くことをひとつの目標とした『アンチ・オイディプス』をめぐって、クロソフスキー(『生ける貨幣』)を引用しながら「欲望経済学」や「ただ一つの経済学=唯物論的精神医学」(144頁)について語る第三章「欲望の哲学」。

 「たぶんドゥルーズが続けてきた哲学的思考そのものに、何か映画的なもの、映画のイメージに本質的に対応するような何かが含まれていた」(200頁)あるいは「映画が思考にもたらしためざましい転換は、現実的であると同時に、潜在的である」(201頁)と、ドゥルーズにおける映画的思考を論じる第五章「映画としての世界」。そしてエピローグでの次の文章が印象に残った。

《決して彼の哲学は、悲しみ、恨み、隷従によって連帯する集団としての「大衆」に捧げられているのではない。ドゥルーズが問題にしているのは喜びを原理とし、決して支配を内面化しない「民衆」なのだ。それは「欠けている」にしても、「民衆」は幻想ではなく、実在なのだ。この集団は、ドゥルーズが終始問題にした「内在性」に深くかかわっている。》(253頁)

 もちろん「怪物的」な書物『差異と哲学』を取り上げた第二章「世紀はドゥルーズ的なものへ」や『千のプラトー』をめぐる第四章「微粒子の哲学」、そして、超越ではなく内在を原理とし、形像ではなく概念によって思考する哲学というドゥルーズ最後の関心を論じた第六章「哲学の完成」も面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/23 05:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/15 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/14 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/09 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/03 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。