サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】「hontoブックツリーでつながる ミステリ“この一冊”」ポイント5倍キャンペーン ~11/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

太公望 上(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2001/04/10
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/490p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-725910-9
文庫

紙の本

太公望 上 (文春文庫)

著者 宮城谷 昌光 (著)

太公望(上)

税込 774 7pt

太公望(上)

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.2MB 無制限
Android EPUB 6.2MB 無制限
Win EPUB 6.2MB 無制限
Mac EPUB 6.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

天下はひとりのものではありません。天下の天下です。

2005/08/10 14:29

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たんぴん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「天下はひとりの天下ではありません。天下の天下です(後略)」
太公望が周王に会ったとき、周王の「天下をとるには、どうしたらよいのか」と言う問いに対して、太公望がこう答えという説話があります。この言葉を見たとき、今から三千年前の中国にはなんとかっこいい賢い人たちがいたものかと驚かされます。古代中国とは今の世の中よりある意味進んでいたのではないか、そんな気持ちにさえなるエピソードや、魅力的な人たちがこの本には盛りだくさんで、それを知ることができるのも大きな楽しみの一つです。
そんな説話を楽しむだけではなく、さらに、一族を殺され復讐を誓ったけなげな少年少女たちが、なぜ当時最も巨大な力を持っていた国である「商」を滅ぼすということができたのか。後に太公望と呼ばれる人間一人がどうしてそれができのか(それを周王になさしめることができたのか)。それが当時としても今でも鮮烈な出来事であるが故に、「太公望」の名は今でも広く、長く伝えられているのでしょう。著者の清涼な精神が伝わるような文章で、読者はその歴史の劇的な場面を目の前で見ているように鮮やかに感じ取ることができるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古代中国は壮絶な世界。

2015/12/18 20:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「太公望」といえば針のついてない竿で釣りをしているところを周公に拾われ、周公を覇者にした人物として有名な人物。のんき(?)な伝説に彩られた人は実際は壮絶な人生を送った激烈な人だった。
神への犠牲に捧げれるため商に狩られる姜に生まれた呂望。一族を滅ぼされながらも生き残った少年少女をまとめ、商王朝に立ち向かう隙を窺う。
他民族は同じ人間ではなく単なる供物だったって驚きです。
とにかく出だしからすごいスピード感。時代の波が押し寄せてる感が半端ない大河ドラマです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

釣り人ではなかった

2001/12/20 18:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タツー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今から三千年くらい前の話。作者は中国の歴史を現地に赴くなどして調べ上げ、物語に十分な現実味を帯びさせている。太公望と言えば「釣り人」という先入観で読み始めるが、ここではそういう話にはなっていかない。この巻は望「太公望」の少年期の物語で、妖精のようでいて、超人的な能力を身につけていく、わくわくする話が詰め込まれている。商王朝を滅亡させる理由が、出だしに描かれている巻である。所々に、作者が物語の進行内容についての信憑性を考察するところがあるが、そこもまた面白いところだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/22 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/20 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/03 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/22 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/10 04:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/04 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/03 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/11 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/02 07:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/22 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/13 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/22 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。