サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日の名残り

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 289件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:16cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-120003-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

著者 カズオ・イシグロ (著),土屋 政雄 (訳)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

821(税込)

日の名残り

617 (税込)

日の名残り

ポイント :5pt / 紙の本より204おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー289件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

土屋政雄氏の歴史的名訳による重厚な一冊。人生について深く考えさせられるブッカー賞受賞作品。

2009/04/27 21:09

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『エデンの東』(ハヤカワepi文庫)や『月と六ペンス』(光文社古典新訳文庫)、『アンジェラの祈り』(新潮クレストブックス)の名訳で著名な土屋政雄訳。
ブッカー賞受賞作品。

さて、カズオ・イシグロ初挑戦しました。
これはもう素晴らしいの一語に尽きますね。
あまり小説に男性向け・女性向けという形容を施したくないが、この作品は男性向けの作品だと思う。
なぜなら作者は“男の人生”を描いているからだ。
でも女性が共感できないということはありません、逆にこんな男に惚れて欲しいと思ったりします(笑)
あとどうなんだろう、特徴としては作者にとっての母国となるイギリスに対して、ある時は誇り、ある時は辛辣に描いているように見受けれる。
物語の始めに読者は主人が今までの英国人からアメリカ人に変わったことに驚きを隠せずに読み進めたのである。
予想通り全体を支配している重要なことでした。
主人公のスティーブンスは老執事。
説明いらないと思いますが、執事と言っても現在日本で取り立たされているイメージの執事とは全然違い、品格を求められるものです(笑)
物語は主人公の短い旅(6日間)に出るところで始まりそして終わる。
男性一読者の私にとって、主人公はいわば理想の英国人に近く写ったのである。
少しイライラする面もあるが許容範囲。
描かれるのはわずか6日間のあいだだが、まるで長い人生を凝縮したような6日間なのである。
前述したがこれはやはり男性読者の方が理解しやすいと思ったりするのだ。

仕事に対するこだわり、父親に対する尊敬の念、そして女中頭との恋愛。
一生懸命に生き信念を通すということが立派な品格を築き上げるのですね。

少し前半凡庸な気もしないではないが心配無用。
中盤からのミス・ケントンとの恋愛感情を含んだ仕事のやりとり。
これは重厚な作品の中にあって軽妙であり楽しめます。

あと付け加えておきたいことは、やはり時代背景と作者の育った環境ですかね。
本作の描かれている時代は1956年。そして旅行中に回想される時代が1930年代です。
ちょうど第二次世界大戦が終わって10年ぐらいたった時期に旅し、第1次と第2次とのあいだの時期を回想してますね。
当時のイギリスのヨーロッパにおける位置づけの認識はかなり重要です。
そして作者はご存知のように日本生まれで5歳の時に両親と渡英。
生粋のイギリス生まれでないところが見事な“少し不器用だけど紳士的な主人公像”を作り上げている要因となっている気がする。

人生すべてうまくいくとは限らない。でも明日のことを考えて生きていこう。
主人公が終盤ミス・ケントンに背中を押されたのと同様、読者も作者に生きる勇気を与えられた。

本作の原題は"THE REMAINS OF THE DAY"、読者は"THE REMAINS OF THE LIFE"を否応なく考えさせられる名作です。
見事な原作に最高の翻訳、未読の方は是非酔いしれて欲しいですね。

男も泣きたい時がある。最後に主人公が流した涙は男の矜持の象徴と信じて本を閉じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

でも人生の夕暮れは哀しいばかりではない

2011/06/16 18:56

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チヒロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

同業者の父を尊敬し、自らの職務にもプライドを持ち、
執事としての高みを常に目指すスティーブンス。
敬愛するダーリントン卿なきあとの新しい屋敷の所有者ファラディにも、
英国風の対応を心掛けつつも新しい試行の必要も感じている。

そんな折、数日間の休暇を得て、屋敷の元女中頭ミス・ケントンを訪ねて車でひとり旅にでる。
イギリスの牧歌的風景を楽しみ、行く先々の人々との交流の合間に、
昔の栄華を極めたダーリントン・ホールでの出来事や、
自身の完璧な執事ぶりの記憶を楽しむスティーブンス。

そこに特別な思いを呼び起こす、晩年の父の姿。
重要な会合があった夜、重篤な状態で伏していた父が尋ねる。
「わしがよい父親だったならいいが・・・。そうではなかったようだ」
「父さん、いま、すごく忙しいのです。また、朝になったら話にきます」

何回も父は聞いた。いい父親ではなかったかと。
スティーブンスは、父を偉大な執事だと絶賛するも、果たしていい父だったといっていただろうか。
今わの際の最後まで「いい父だった」の一言を言わない彼に少しいらだった。


そして今にして思えば恋の始まりの予感もあったミス・ケントンとの時間。
今回の訪問も、淡い期待がもしかしたらあったかもしれない。

短い再会ののち、ひとり桟橋から見る夕日に、
初めて自分の最も輝いていた時代の終わりを知らされて涙する。

これまでの道を悔いているのではなく、むしろ誇りに思っているのだと思う。
過ぎて行った過去の眩しさと、
その頃の自分よりも劣ってしまったことを知る口惜しさ。
様々なものが落ちていく日の美しさと一緒に、彼の中に押し寄せてきたのではないかと。

スティーブンスはとても有能な執事だった。
でも彼の人生は?彼はしあわせだった?
本当の幸せって何なのか、ふと考えてみる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生、楽しまなくっちゃ。夕方が一日でいちばんいい時間なんだ

2015/04/04 22:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の作品に共通するものがある。
それは、読んでから暫くは残響のように身体に残っているということだ。
なんとも言えぬ感情であるが、ふつうに持っている(かといって日常に
おいて発芽することがない)筈であるとと思われるものだ。

執事としての仕事における成功?と、もはや取り戻しようのないはずの
元同僚への想い。そのふたつのことが再び成就するのだろうかという
淡い期待。伝統的でありながらも徐々に翳りつつある英国と重ね合わせ
ながらも、独特の展開は我々を著者のみが知る世界へと引き込む。

和訳にも無理がなく、まるで日本語で書かれた小説を読むようだ。
次の台詞なんかは、英語でも日本語でも人の心に浸みいって響き渡る
のではないかと思う。

「人生、楽しまなくっちゃ。夕方が一日でいちばんいい時間なんだ。
脚を伸ばして、のんびりするのさ。夕方がいちばんいい。わしはそう思う。
みんなにも尋ねてごらんよ。夕方がいちばんいい時間だって言うよ」

最後に、真面目にジョークの練習に取り組もうとするスティーブンスは、
死ぬまで執事であり続けたことであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

たられば

2016/01/30 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:満点 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生は一度きり。「たられば」はいかんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カズオ

2015/08/25 19:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:romi - この投稿者のレビュー一覧を見る

淡々と物語は進んでいき、事件的なことが起こることもないのに面白い。
一気に読んでしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゆったり静かに進行するイギリス叙情映画

2014/09/16 12:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Owl_X - この投稿者のレビュー一覧を見る

極々イギリス的な背景の話だが、日本人の波長に合う。子供の頃からずっとイギリスで育ってきた作者の日系の血ゆえか、あるいはイギリスと日本に共通する感情を描いているからなのか?ドラマティックなストーリーは一切無く、ゆっくり淡々と、回想を入れながら、典型的なイギリス執事の小さな旅が進んでいく。人生を振り返る中に,寂しさと暖かさが醸し出されて、ついつい引き込まれてしまう作品だ。ゆったり静かに進行するイギリス映画を見るようだ。ただし、暗さはない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

英国らしい洗練

2001/07/29 14:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:OK - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初老の執事が過ぎた日々を振り返りながら短い旅をする。という、どう考えても盛り上がりそうもない地味な筋書きの話なのだけれど、洗練された書法で出来の良い小説だった。ただ良くも悪くも、身を削って本気で書いた小説ではなさそうだなとは思うけれど。

 結局のところ小説というのは、1.登場人物の視点に感情移入して読む、2.登場人物を突き放して作者の意図や構成を読む、というふたつの段階をある程度並行しながら読んでいくものだろうけれども、本書はこれら両者のバランスがとてもよくとれている。「執事」の一人称語りは、自己を客観視しきれていないいささかうさんくさい叙述になっており、いわゆる「信頼できない語り手」の領域に足を踏み込んでいる。すばらしい執事とは何かについて彼が熱心に語ったり、冗談をうまく返せなくてまじめに思い悩む箇所なんかは、ほとんどパロディ小説のようなおかしさがある。かといって作者の態度は、執事がみずからの職業に抱く誇りをいたずらに嘲笑しているわけでもない。題名を反映した終盤の展開はしみじみと感動的でさえある。このカズオ・イシグロ自身はもちろん日系人なのだけれど、英国の作家というのは伝統的にこのあたりの案配が特に巧いような気がする。それはたとえば一般的には「現代的」「ポップ」などと評されるだろうニック・ホーンビイやアーヴィン・ウェルシュなんかの小説にも感じるところだ。

 「公/私」を対比させる構図も巧い。執事が体現するのは英国の喪われた栄光と「品格」であり(彼の新たな主人は米国人だ)、彼個人はかつて女中頭とのロマンスの機会を逸してしまったのを心残りに思っている。そして彼の敬愛した主人の英国貴族は、ナチス・ドイツに対する英国政府の「宥和政策」に加担したとして糾弾されたらしいことが示唆される。私的な問題から国家の大事に至るまで、誰にでもそんな失敗や喪失の体験はあるだろうと思う。本書はゆったりとそんな追憶に浸ってみせるけれど、しかし結局過去は決して取り戻せず、前を向いて生きるしかない。

 土屋政雄の訳文はすばらしい。「執事の語り」なんて日本語に存在しないものを、たしかにこんな調子だろうなと思わされてしまう見事な翻訳で、おそらく「ですます調翻訳」や「特殊職業の語り手翻訳」のひとつのお手本といえるのではないか。

http://members.jcom.home.ne.jp/kogiso/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静か

2016/08/19 19:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mugi - この投稿者のレビュー一覧を見る

「執事」のイメージが自分の中に出来上がり、物語が静かに進んで行きました。心の中の微妙な動きと恋愛には不器用な「彼」の姿に「このような世界があったのね」と映画を見ているようでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テレビ東京塩田真弓アナのお気に入りの小説

2002/07/26 13:59

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白井道也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

(中公文庫、表4より)短い旅に出た老執事が、美しい田園風景の道すがら回想する、古き良き時代の英国。長年つかえた先代の主人への敬慕、執事の規範のような亡父、女中頭に寄せた淡い想い、両次大戦間に邸内で催された重要な外交会議の数々——。

というような話が老執事の語りで語られるわけだけど、“旅に出る”ってくだりは何というか物語を進めるための装置で、メインになるのは回想。で、この物語の持つ意味ってのは何なのだろうか。

ひとつ、いやがおうでも目に付くのは、主人公の老執事が「執事の品格とはなにか」ということをしきりに語っているところ。品格はプロ意識というコトバに置き換えても良いかもしれないけど、いずれこの物語は、語り部である老執事が「自分はなんだかんだ言ってもプロなのですよ、いろんな事件があったけど私は仕事をまっとうしましたよ」ということを、ささやかに上品に語っているってことだ。

で、プロの執事たるや、主人の洒落にも洒落で返さねばならぬということで、

 主人が執事に望む任務としても、ジョークは決して不合理なものではないように思えてまいりました。もちろん、私はジョークの技術を開発するために、これまでにも相当な時間を費やしてきておりますが、心のどこかで、もうひとつ熱意が欠けていたのかもしれません。

ってな具合でクソ真面目に洒落の練習もするわけだ。
もうひとつ印象的な場面を抜書きするとですね、

 人生が思いどおりにいかなからと言って、後ろばかり向き、自分を責めてみても、それは詮無いことです。私どものような卑小な人間にとりましても、最終的には運命をご主人様——この世界の中心におられる偉大な紳士淑女の——手に委ねる以外、あまり選択の余地があるとは思われません。それが冷厳なる現実というものではありますまいか。

確かにこの小説は限られた世界のお話なのだけど、これを拡大解釈するならば、その世界がいっけん不合理なりに思われたとしても、その中でベストを尽くすことが幸福なのだよ、ということを謳っているようにも思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

意識されたこの作品行為は思いのほかしたたかな方法論に支えられていると思われる

2002/06/11 08:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇羅道彦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

下記の言葉は、巨大な不良債権に苦しむ大銀行の、末端に勤務する定年間近か
の誠実な一行員の感慨を思わせる。

「大問題を理解できない私どもが、それでもこの世に自分の足跡を残そう
としたらすればよいか… 自分の領分に属する事柄に全力を集中すること
です。文明の将来をその双肩に担っておられる偉大な紳士淑女に、全力
でご奉仕することこそ、その答えかと存じます。」

カズオ・イシグロの「日の名残り」をこんな風に読むのは皮肉に過ぎるだろう
か。職業が身分を保証する階級社会の残照を巧みに捉えたイシグロの作品はも
ちろん意図してであろうが、極めて辛らつな英国への文明批評とも読める。

身分制度が価値として信じられた時代の不幸と幸せ、そしてそれらへのノスタ
ルジー。充実した断念の人生を書くイシグロの言葉は決して冷たいものではな
い。現代日本の定年間近かの一行員には、おそらく下記のような感慨は到底訪
れることはないだろう。

 「卿の一生とそのお仕事が、今日、壮大な愚考としかみなされなくなった
としても、それを私の落ち度と呼ぶことは誰にもできますまい。」
 「私どものような人間は、なにか価値あるもののために微力を尽くそうと
願い、それを試みるだけで十分であるような気がいたします。そのよう
な試みに人生の多くを犠牲にする覚悟があり、その覚悟を実践したとす
れば、結果はどうあれ、そのこと自体が自らに誇りと満足を覚えてよい
十分な理由となりましょう。」

失われたのは自制と節度をもたらしていた社会の制度である。
制度の崩壊がもたらした自由が、一方では誇りと満足を奪い去ることになる。
自らの卑小さに安住する幸せは、おそらく今日では誰にも許されていない。
むしろそのような幸せを嘲笑することが、気の利いたことであると思われてい
るだろう。

イシグロのこの作品は英国を斬ってみせる返す刀で、現代の先進社会の進歩と
みなされるありようを密かにより鋭く斬っている。執事の人生のという些細な
現実の細部を描いて見せることが、結果的に世界の真実を表現する。
優れた作品の常とはいえ、イシグロの意識されたこの作品行為は思いのほかし
たたかな方法論に支えられていると思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公

2001/12/26 18:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読ん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ダーリントン・ホールに長年執事として仕えてきたスティーブンスが、休暇をもらって自動車旅行に出る。執事らしい控えめで上品な旅である。旅先では…、これと言って取り立てるほどのことは何も起こらない。「何も起こらないはずはないだろう?」と思って急げ急げと読み進めると…、読み終わってしまった。一人、部屋の中で、天井を見上げ後ろを振り向き、「フ〜ム」と首をかしげて唸ってしまった。「それで、何なのよぅ??」と何度も呟いた。

 どうも私の読む姿勢が間違っていたようだ。本書はストーリーの展開を楽しむたぐいのものではないらしい。これは、ある男、執事という仕事に命を燃やした男の人生を読む小説だ。自動車旅行に出かけ、車の中や宿などあちこちで執事は回想に耽る。ダーリントン・ホールがかつて活気に溢れていた頃のこと、女中頭との出来事、同じ執事として尊敬すべき父のことなど。

 人はだれでも生きている内に「人生」という大長編を綴っている。主人公は著者本人と決まっている。どんなに平々凡々とした人だろうと主人公を他人に譲ることなど出来はしない。この大長編は一般の書物と違うところが一点ある。それは句読点である。「。(マル)」がない。正確には、「。」はページの最後の最後に一つだけである。これは人生の終わりを意味する。「、(テン)」は文中のそこかしこに存在する。人はそれを「人生の節目」と表現する。
 「、」を打つ時に、人はしばしば綴ってきた「人生」を読み直すという行為に至る。本書に出てくる執事は、ダーリントン・ホールが、彼が長年仕えてきたダーリントン卿の手を離れてアメリカ人の富豪の手に渡ってしまうという「、」を迎えた。そこで、執事は「人生」を読み直す。読者も執事と並行して執事の「人生」を読む。

 「人生」は元々人に読ませようという意図は皆無のものである。それをたまたま読んだ時、「人」というものに対していとおしい気持ちでいっぱいになった。だれもが主人公。ある人にとっては常に脇役のあの人も必ず主人公。みんな、みんな。

 本書を読みながら、「退屈や」を連発した私。カズオ・イシグロ氏に申し訳ない。読む姿勢ができていなかったということで勘弁してもらおう。「人生とは退屈なり」である。だから本書が退屈なのは当然のこと。イシグロ氏がこれを小説にしたということが素晴らしい。読者に、他人の「人生」をたまたま読ませられたと感じさせる手法はすごい。

 私の「人生」には、「。」を打つにはしばらく間がありそうである。耳元では常にカリカリと「人生」を綴る音がしている。今は「、」を打って回想する時期でもないようだ。突っ走るよりほかなさそうである。燃料は足りているだろうか? 走れ、読ん太!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/30 11:52

投稿元:ブクログ

購入日不明。5月30日読了。老いた執事がこれまでの人生を振り返るお話。これ映画みたいけど,主演がアンソニー・ホプキンズて…怖くない?

2006/09/21 02:26

投稿元:ブクログ

おもしろかったー。読み応えあり、ひさびさに本の世界に入り込みました。本のシチュエーションというより、物語に漂う感性のようなものが自分の頭の裏あたりに入り込む感じ。腑に落ちるということはないからこそ、おもしろい。

2004/10/04 07:07

投稿元:ブクログ

ホントは英語で読まなきゃいけなかったんだけど。でも大学が選んだとは思えないほど優れた話だった。執事さんばんざーい

2010/09/29 23:53

投稿元:ブクログ

カズオ・イシグロのブッカー賞受賞作。イシグロ自身は「アングロサクソン系以外がイギリス文学を書いたことを評価されただけ」と謙遜しているが、著者の人種は別にしても、これは歴史に残る「文学作品」だと言えよう。「執事」といういかにもイギリス的な主人公のナレーションを通して、偉大さ、品格、恋愛、人生の価値を描く。しかし、この一見純朴な小説は、実はいかにもイギリス人好みの sarcastic なストーリーなのだ。

丸谷才一の解説が素晴しいというか、なんというか、ここまで適切に分析してしまっては、読者の解釈する楽しみを奪ってしまうのではないかと心配になるほど。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む