サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 中経出版の通販
  4. 会計のことが面白いほどわかる本 会計の基本の基本編 こんなのはじめて!の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

会計のことが面白いほどわかる本 会計の基本の基本編 こんなのはじめて!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.4
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:21cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8061-1460-X

紙の本

会計のことが面白いほどわかる本 会計の基本の基本編 こんなのはじめて!

著者 天野 敦之 (著)

会計の難しい部分や、細かすぎて重要性が低い部分をなるべく省いて、株式会社の仕組みと会計の役割、複式簿記、取引をいつ・いくらで記録するか、貸借対照表、損益計算書など、基本的...

もっと見る

会計のことが面白いほどわかる本 会計の基本の基本編 こんなのはじめて!

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

会計の難しい部分や、細かすぎて重要性が低い部分をなるべく省いて、株式会社の仕組みと会計の役割、複式簿記、取引をいつ・いくらで記録するか、貸借対照表、損益計算書など、基本的で重要な部分だけを説明。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

天野 敦之

略歴
〈天野敦之〉1975年生まれ。一橋大学商学部経営学科卒業。現在、外資系経営コンサルティング会社にて、経営管理に関するコンサルティング、財務分析などに関する調査・研究を手掛ける。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

初心者でもわかりやすい!

2002/07/22 23:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チーズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

簿記検定を受けるため、会計の基礎を学ぼうと思い、この本を読みました。
私は、文学部在籍の学生で、「会計」がそもそも具体的にどんなものか、さっぱりイメージがわきませんでした。
しかし、本書は、くだけた言葉遣いを用い、まるで授業での先生と生徒とのやりとりをそのまま書き写したような感じになっています。それで会計の難解な用語や考え方を説明していってくれるので、超初心者にも大変わかりやすかったです。
「ああ、会社ってこんな仕組みになってるのかぁ」と、かゆいところに手が届いた感じです。
会計に限らず、こういった「口語体の参考書」というのは、わかりやすさでは1番だと思います。筆者の言いたいことがハッキリ伝わってきます。
初心者にはうってつけの本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

会計の本質がここにある

2002/02/07 03:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yomoo - この投稿者のレビュー一覧を見る

 会計学というととかく実現主義だの、発生主義だの、取得原価主義だのと理論的なことばかりに目を奪われてしまい、そもそも会計ってどういう目的があって、そしてどんな機能を果たしているのかという「会計の本質」というものを見失ってしまいがちです。しか本書は会計学の理論的なことはとりあえずおいておいて、現実の社会において会計が担っている役割と果たしている機能を切り口に会計学をやさしく解説しています。また図解が豊富で文章も口語体であることから気軽に読むことができます。会計初心者はもちろんのこと、会計の本質というものをもう一度じっくり考えてみたい方にもお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

抜群のわかりやすさと正確さ

2001/08/21 20:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タッピング - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は本当にわかりやすい。
 
 実は私は本書のようにタイトルの仰々しい本はあまり好きではない。タイトルだけ派手で中身の伴わない本が多いからだ。
 だが本書はタイトル通りの充実した内容になっている。本書を手にとるまでの私は会計に関してはまったく知識がなかった。そんな私でもどんどん先に進んでいけるほど、本書の解説はわかりやすいように工夫されている。

 「わかりやすさ」以外にも本書の優れた点がある。それは、読者が正確に理解できるように記述されていることだ。例えば減価償却のような、会計知識のある人でも誤解しやすい事項についても正確に説明してある。
 
 本書は初心者向けだからといって読者を馬鹿にせず、わかりやすく解説することに努力しながら正確な記述をしている。本書のような本こそ、書名に「面白いほどわかる」というような語句を冠するのにふさわしいと思う。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

救世主!

2001/08/01 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:面白いほど笑う人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今までの簿記や会計の本は、「こういう場合は、こうします」といったかんじで、決まりごとを暗記しろ!と言わんばかりの解説でした。
 それに対してこの本は、「考え方」について書かれています。会計に関しても、「考え方」がもっとも大事なのは言うまでもありません。コンピューターが発達するこれからはますますそうなるでしょう。そんな時代の中で、この本が登場してくれたのはまさに救いです。
 簿記の勉強をこれから始めようとしている人には、この本からはじめることをオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天使のイラストが可愛い

2001/05/02 23:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ai  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の最大の特徴は、随所に出てくる天使のイラストだと思います。

 会計というとつまらないイメージがありますが、本書は、天使の疑問に答える説明形式でとても読みやすく、漫画でも読んでいるような感覚で一気に読めてしまいます。

 初心者を対象にしたもののようですが、内容は深く、経済や経営についても説明されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

眼から鱗の分かりやすさ

2001/04/13 15:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:micky - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本当に分かりやすいです。

 特に複式簿記など,「今までの簿記のテキストは何だったの?」というくらい,的確で丁寧な解説がされています。

 会計を,ただの記録の手段と捉えずに,経営や経済との関わりについて説明しようとしている著者の姿勢に共感が持てます。

 イラストも可愛らしく,あっという間に読みきりました。会計はつまらないと思っている人にお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

全体の流れがつかめます

2001/10/22 12:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コンサル - この投稿者のレビュー一覧を見る

 会計といったときにどのようなことをするのか、漠然と会計とひとくくりにしていたが、具体的な概観を見ることができました。これから、会計知識をつけたい、勉強したいという人にはお勧めです。特に新米のコンサルタントやSEは必読ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

会計のことが面白いほどわかる本

2001/06/05 10:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミッチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ますます必要性のたかまる経理能力。営業、経営 とは「鼎」の関係である経理が、このような切り口で理解できる本はいままでになかった。

商学部出身者 より

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

会計の基礎知識を得るための実用書として、これ以上の素晴らしい本はみたことがない!

2001/06/25 20:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松山 真之助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

■ <ワン・チョット>
 「 こんなのはじめて!。今年の実用書ベスト3に、絶対入る!」

■ <モウ・チョット>
 専門的なことを素人に分かりやすく説明するというのは、二つの要素がある。一つは、専門的な内容のホントの理由(意味)を説明すること。(解説書の類には、表面的で無味乾燥なものが意外と多い)もう一つは、如何に分かりやすい事例(サンプル)や喩えで説明できるかという「親切な心」の部分。

 企業の中で会計に携わっている人は、その道のプロだから専門的なことは分かっているが、それをどれだけ分かりやすく説明できるかというのは別問題だ。

 本書は、どちらの点でも素晴らしく、ブラボーな本である。
 株式会社の仕組みと会計の役割、複式簿記、取引をいつ記録するか/いくらで記録するか、貸借対照表、損益計算書など、会計の最も基本的な部分を、対話形式で解説する。

 とてもわかりやすく、会計の初心者にも「ナゼそうなっているのか」が分かるように説明が進むので、消化不良のフラストレーションがない。

 耳慣れない用語を小難しく説明するのは、いいかげんにしてくれ… と思ったことがある人は、おもわず「こういうのが欲しかったんだ!」とひざを打つ。

 自分の会社の決算数値を見たときに、わかったような気でいても、実はその意味するところがホントはよくわからんなぁ… という方も、(意外に)多い。

 人にはいまさら言えない(聞けない)という方は、是非、これで勉強してみよう。目からウロコの会計の本である。

 会計の基礎知識を得るための実用書として、これ以上の素晴らしい本はみたことがない! 超オススメ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/27 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/29 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/24 03:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/21 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/05 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/06 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る