サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

大江戸奇術考 手妻・からくり・見立ての世界(平凡社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.4
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/218p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-85083-9
新書

紙の本

大江戸奇術考 手妻・からくり・見立ての世界 (平凡社新書)

著者 泡坂 妻夫 (著)

大江戸奇術考 手妻・からくり・見立ての世界 (平凡社新書)

税込 734 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

呪術の束縛から解放されて奇術という合理の世界へ飛躍するまでのエピソード

2003/04/30 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者泡坂妻夫によれば「文献に現れた日本最古のマジシャンの名は卑弥呼である」鬼道を事とし能く衆を惑わすと魏志倭人伝にある。英語のマジシャンの概念は奇術師より広く魔法、魔術、呪術の意味が含まれるのだそうだ。「鬼道」などと中国語の語感は「魔術師」「魔法使い」よりはるかにエライ人が操る、いかにも怪しさが漂う表現ですね。エロティックでもある。「陰陽道」などもまさしく宇宙の真理を自在に操る不逞のあやかしであって、安倍晴明なんて男も妖艶な魅力で世の女性を幻惑させていたに違いない。
魔術、妖術、幻術、呪術の類から奇術に明確に分かれたのが江戸時代らしい。江戸時代の種明かしの本がいくつも紹介されている。これが面白い。確かに今も舞台で使われているネタの基本がここにあるんですね。ネタ本が大衆に愛読されるようになると魔法の呪縛から解かれて不可思議現象・超常現象が合理性、科学性をもって理解され、芸として楽しまれるようになる、著者はこういうことを言いたかったのだろう。
たとえば馬呑術、馬を飲み込むんですね。「御狂言楽屋本説」にこのトリックが紹介されている。江戸時代の人たちを魅了した欺しと洒落の世界。「万宝珍書」、エロ本ではない、料理マジックの紹介だそうでここに「たまごの白身と黄身を入れ替えるの伝」がある。ゆで卵の調理法、皮をむくと黄身があって真ん中に白身がでるという、この不思議な方法はその後もいくつかのバリエーションがあるが著者はそのいずれを試してもうまくいかないと嘆いておられる。
明治時代に西洋人に絶賛された紙で折った蝶を扇子で自在に舞わせる「胡蝶の舞」という日本独自の芸があって、これは私も寄席でお目にかかったことがある。これはトリックがあるのか、修練なのか。以前から私もやってみたい技ではあるがよく分からない。残念ながらこの本にもそのネタは記されていない。どなたかご存知ですか。
とにかく非合理と合理を併せ呑む「粋の世界」の楽しい話が満載の読み物でした。


書評集(よっちゃんの書斎はこちらです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリ作家にして奇術師にして

2001/05/28 19:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 元紋章上絵師の江戸っ子であり、時代小説や落語を書いたりと江戸文化に造詣の深い著者らしく、歌舞伎のトリックについて書かれた章があり、これが面白い。四谷怪談などトリックの宝庫なのだ。実際に目で見て楽しみたいという思いにかられる。ほかにも、料理に関する章があったりと、奇術の幅の広さと奥の深さを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本の歴史的奇術を知る入門書

2001/05/10 07:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sfこと古谷俊一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主に江戸自体の古文書の記述と昔の記述の思い出をもとに、江戸時代の奇術についてトリックを中心に解説した本です。図版も豊富で、ひとつひとつの解説は短めですがわかりやすくなっています。

 著者の泡坂妻夫は、家業は紋章上絵師。奇術をからめた話も多いミステリ小説家で泉鏡花賞や直木賞など受賞多数。創作奇術家としても有名で、優れたオリジナル奇術に贈られる石田天海賞の第二回を受賞しており、奇術についての著作も多くあります。

 出てくる道具類の素材などは戦後あたりまで利用されていたものですが、現代の人間はあまり知らないものが多いですね。ここ数十年で身の回りの品が様変りしたことを痛感します。

 呪術と奇術と信仰がすべてがマジックであった戦国時代以前、料理と奇術の類似性、見立ての美学なども、興味深い一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生の役に立たない書

2001/05/06 19:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:谷池真太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 お茶を運ぶ日本人形から歌舞伎の舞台装置まで、江戸のあらゆる奇術を網羅した書。江戸時代、いかに大衆文化が発達していたかを知ることが出来る。
 第11章で書いてあるが、この著者、実際に南京玉すだれを作ってみたらしい。みなさんも今度の宴会の余興にこの書に書いてある奇術をひとつ披露してみたらいかがだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奇術にとっても重要な時代

2001/09/11 15:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:田之倉稔 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 近年「陰陽師」というかつては聞きなれななかった言葉が世を徘徊している。夢枕漠の小説と岡野玲子の漫画の影響であろう。その結果安倍清明に関する本も散見するようになった。本書にも清明に関する記述がある。夢枕の原作では清明はシャ−ロック・ホ−ムズの役割を果たしているのだが、著者によれば清明は方術、つまり超マジックを得意とする奇術師の技術と才能をもっていたようだ。しかし本書の主題は江戸時代なので、「陰陽道」は奇術前史の項でちょっと触れる程度にとどめられている。江戸時代はエリ−ト文化ばかりでなく、民衆文化も大輪の花を咲かせたわけだが、奇術にとってもまた重要な時代だった。奇術に関する書が数多く上梓されていることを知った。からくり人形や歌舞伎の仕掛けがこの時代に大きな発展をとげたのもむべなるかなである。著者の次のような指摘も江戸文化の特質をよくいいあてている、「面白いことに、江戸時代の人は、こうしたからくりを鑑賞することで満足し、実用の生産技術とは結びつけなかった」。(田之倉稔/演劇評論家 2001.5.15)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/29 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/08 04:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。