サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「大切な人に贈る本」ポイント5倍キャンペーン ~1/8

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダヴォス討論 カッシーラー対ハイデガー
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.4
  • 出版社: 《リキエスタ》の会
  • サイズ:21cm/104p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88752-148-0

紙の本

ダヴォス討論 カッシーラー対ハイデガー

著者 エルンスト・カッシーラー (著),マルティン・ハイデガー (著),岩尾 竜太郎 (訳),トーニ・カッシーラー (著),岩尾 真知子 (訳)

1929年春のカッシーラーとハイデガーによる討論記録、およびカッシーラー夫人の回想抄を収める。『みすず』連載をまとめる。6つの出版社が共同でオンデマンド出版の方式を活用す...

もっと見る

ダヴォス討論 カッシーラー対ハイデガー

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1929年春のカッシーラーとハイデガーによる討論記録、およびカッシーラー夫人の回想抄を収める。『みすず』連載をまとめる。6つの出版社が共同でオンデマンド出版の方式を活用する「リキエスタ」の本。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

20世紀の代表的哲学者2人の対決の背景に迫る

2001/05/23 18:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木力 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ハイデガーといえば、20世紀最高の哲学者として高く評価される人である。その人がナチス党員であったことが最近知られるようになった。それで、彼の哲学思想と政治思想の相関関係について問いかける本も少なからず出版された。他方、新カント派を代表する哲学者のカッシーラーは、ユダヤ人であったこともあって、ヒトラーが政権を取った1933年、ドイツを離れ、スウェーデンを経て、アメリカに逃れることになった。
 この両者が、1929年春、カントないし新カント派の哲学について公衆の前で討論したことがあった。スイスの保養地として知られるダヴォスにおいてである。

 本書は、両者の討論の採録の邦訳を提供している外に、カーシーラー夫人のヴァイマル・ドイツ末期についての回想を抄録している。啓蒙主義的理性に挑むハイデガーが、1929年の時点で、どのようにカッシーラー夫人の目に映ったのかが活写されており、きわめて興味深い。

 正直言って、カッシーラーとハイデガーの討論の真意は理解しにくい。私はかつて、ハイデガーの『カントと形而上学の問題』を熱心に読み、その哲学的先鋭さに印象を深くしたことがある。その著書で展開されている内容について、新カント派学派の最高峰カッシーラーと激しく討論し合っているのだと考えればよい。別言すれば、19世紀的な啓蒙主義的理性を理性的に乗り越えようとするカッシーラーと、それとは別に理性そのものに真っ向から挑むハイデガーが特異な抽象的言葉で議論し合っているのである。
 カッシーラー夫人によるこの当時のハイデガーについての記述を読むと、討論の背景が俄然明確になってくる。彼女の文面で最も生彩に富んでいるのは、ハイデガーがダヴォスでの晩餐会に遅れてやってくる場面である。彼女にとって、ハイデガーは「小柄な、全く風采の上がらぬ男」(本書、91頁)と映ったのであった。

 私は、この状景に近年の科学批判のみならず、理性一般の批判の光景を重ねて見てしまった。なるほど近代科学は第二次産業革命以降、科学的テクノロジーの形で社会で重用されるようになり、戦争や産業において、少なからず犯罪的役割を果たした。そのことはもはや誰も否定できない。しかし、問題は理性批判をいかなる姿勢で行うかである。きわめて華麗な言辞による理性の非理性的な非難が世間でもて囃されてはいないであろうか。私はカッシーラーとカッシーラー夫人のハイデガー評に、同様の危機感を見いだすことができた。そういえば、カッシーラーの名著『啓蒙主義の哲学』はヒトラーが政権を取る前年の1932年に出版されている。それは、啓蒙主義的理性の最良の伝統を擁護する観点から書かれたのであろう。こういったことを考えさせる刺激的な小冊子である。 (bk1ブックナビゲーター:佐々木力/東京大学教授 2001.05.24)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。